歯周病の原因とその予防法について

はじめに

歯周病は生活習慣病と言われ、40代では8割程度の人がかかってしまうと言われています。
歯周病は軽度のものから重症化してしまうと歯がグラグラしてしまって残す事が難しいまでになってしまう事もあります。
歯周病は程度の軽い症状のうちに治療してあげる事で、予後も大分変わってきます。
歯周病の原因や症状と予防するにはどの様な事をしたら良いのかまとめてみました。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯ブラシが当たっていない事や、歯と歯茎の境目に取り残してしまった所に、プラークと呼ばれる細菌の塊がある事によって、歯茎が腫れてしまったり、長い期間汚れが付いたままの状態になって、歯茎の深い所に汚れが入り込んでしまうと骨が痩せてしまう原因になってしまいます。

プラークは長い時間歯に付いたままになってしまうとバイオフィルムという膜を作って汚れが取れにくい状況になってしまいます。
また更に長い時間付着したままになってしまうと歯石と呼ばれる硬い物質になってしまい歯ブラシでは除去が困難になってしまいます。

また、汚れは歯茎の上だけでは無く歯茎の深い所にも付着してしまいます。
歯茎の中の深い部分の汚れや歯石は中々除去する事も出来ず、細菌の塊なので、歯茎は避けようとして、歯茎が下がってしまう原因になってしまいます。

それに伴って骨も下がってきてしまって、骨が痩せて歯を支える土台が少なくなってしまって歯がグラグラしてしまう原因になってしまいます。
ひどい場合には歯を残す事が難しくなってしまいます。

始めは磨き残しの汚れでも長期間お口の中にある事で硬い歯石に変化して、歯茎の深い部分でダメージを与えてしまう原因になってしまいます。

歯周病を治療や予防するにはこの汚れを徹底的の除去してあげる事が大切です。

歯周病の予防法

歯周病の原因は汚れなので、予防する為にはしっかりと汚れを除去してあげる事がとても大切です。
歯ブラシの仕方は一人一人歯並びも違いますし、苦手な所や残りやすい所が決まって来てしまいます。
毎日歯磨きをしていても、汚れが残ってしまったり、虫歯になってしまうのはこの為です。

歯科医院では定期的に検診を受けていただく事でクリーニングも一緒に行います。
汚れをお水が出て、振動で落とす超音波の機械を使用して落としたり、機械でブラッシングをするので、定期検診を受けた直後はツルツルした状態になり、汚れも付きにくいです。

この良い状態を出来るだけ長く維持する為にブラッシングの方法についてもお話させていただく事が出来ます。
歯科医院の検診もとても大切ですが、プラークは24時間あれば出来てしまうと言われています。
毎日の自宅でのケアをしっかりと行う事によって、プラークの付きにくい歯周病になりにくい環境にする事が出来ます。

自宅でのケア

歯ブラシの選択

歯周病の原因である汚れを除去するには歯ブラシをしっかりしてあげる事が大切です。
歯ブラシも色々なものがあり、どの様な歯ブラシを使用したら良いか迷う方も多いと思います。

 

 

歯科医院で定期検診を受けた際には、患者様に合った歯ブラシをご案内する事が出来ますが、一般的に歯科医院で推奨しているのはコンパクトヘッドの歯ブラシです

ヘッドの大きな歯ブラシで、大きなストロークで磨いてしまうと細かな所に汚れが残ってしまいます。
歯磨き粉を使用して全体的に行き渡ると清涼感があり磨いた感じになってしまいますが、歯と歯茎の境目やきわの所に汚れは付きやすく、落ちにくいです。

コンパクトヘッドのもので2本ずつくらい細かく磨いてあげる事によって細かな汚れにも対応する事が出来ます。

また握って持ってしまうと力が入りすぎてしまったり、大きなストロークになってしまう事があるので、鉛筆を持つように持って磨いてあげる事によって、力の加減や細かな所にも届きやすくなります。
これは強く磨き過ぎてしまって歯茎を傷めてしまう場合にも有効です。

歯ブラシの仕方

歯ブラシの仕方ではどこを磨いたか分からなくなってしまう事を防ぐ為に場所の順番を決めて磨いていく事が大切です。
また、歯の表面を磨く事、歯茎の境目を磨く事、歯の裏面を磨くなど歯を何面かに分けて磨いてあげる事によって細かな所にも汚れが届いてくれます。

 

 

歯茎の境目に当てる際には歯ブラシを45度くらいの角度に当ててあげて2本ずつくらい移動してあげる事を目安にしてあげると良いです。

また前歯の裏側では横に磨いても中々歯ブラシが当たりにくいので、縦に歯ブラシを当ててあげる事によって汚れが取れやすくなります。
歯の裏側が磨きにくく歯石が付きやすい部分です、
特に気を付けて磨いてあげる事が大切です。

また歯の間に関しては歯ブラシだけでは汚れは除去しにくいので、デンタルフロスを使用して歯と歯の間の汚れを取ってあげる事が大切です。
歯は隣の歯と接している面が右と左とあります。
1度通して終わりでは無く、右の面に沿わせてあげて、その後に左の面に沿わせてあげると取り残しを防いでキレイな状態を保つ事が出来ます。

 

 

また、歯の境目が広くなってきている人には歯間ブラシも有効です。
歯間ブラシはサイズも多くあり、大きすぎて無理をして入れてしまうと歯茎に負担がかかって痛めてしまう原因にもなってしまうので、サイズ選びには注意が必要です。

歯間ブラシに付けるジェルなどもあるので、フッ素が配合されていたり、清涼感もあるのでお薦めです。

 

まとめ

歯周病は、最初は自覚症状が少なく、気が付いた時には進行してしまって治療に時間がかかったり、骨が元の状態に戻らなくなってしまう病気です。

原因としては汚れが長い時間付着する事で進行してしまう病気なので、毎日の歯ブラシのケアや補助清掃用具を使用して汚れを落としてあげる事で十分に予防する事が出来ます。
歯ブラシの仕方はしっかりと身に付ける事で虫歯になりにくい環境や歯周病になりにくい環境にする事が出来るので、歯科医院で定期検診をした際などに確認して自分に合ったブラッシング方法を毎日行ってあげると歯周病に予防になります。

 

 

生活習慣病でかなり多くの人がかかってしまうと言われている歯周病ですが、毎日のケアでしっかりと防ぐことが出来るので、歯ブラシの仕方を習得して定期的な検診を受ける事をお薦め