知らないうちに悪化する⁉歯周病の初期症状について

はじめに

 

歯周病は生活習慣病の1つともいわれ、とてもポピュラーな病気です。
40代以上の人では8割程度の方がかかっていると言われています。
ただ歯周病をそのままにしておくと、ひどくなってしまうと歯がグラグラしたり、歯を抜かなくてはいけないほどの症状が出てきます。
歯周病は初期では気が付かないまま生活してしまう事も多く、気が付いた時には状態が悪化している事も少なくありません。
歯周病はどの様な病気で、初期の症状はどの様なものかまとめてみました。

歯周病とは

歯周病とは歯肉や歯茎の境目に汚れが入り込んでしまって、歯茎が腫れてしまって出血したり、汚れが長期間付着していている事で、骨が痩せてしまう原因になってしまう病気です。
歯を支えている骨が少なくなってしまうと、歯がグラグラしてしまったり、ひどい場合には歯が抜けてしまったりします。

歯周病の大きな原因には、細菌がプラークと呼ばれる汚れの中に多くいる為、歯周病の予防にはしっかりと汚れを除去してあげる事が大切です。
プラークは長期間歯に付着していると硬い歯石となって歯ブラシで落とす事は難しくなってしまいます。

歯石は歯茎の上だけでは無く、歯茎の中の深い所にも着いてしまいます。
深い所に付着してしまうと細菌の塊なので、骨が避けようとする働きで骨が減って来てしまいます。

そんな状態になる前に歯科医院で定期的に除去したり、自宅での毎日のブラッシングやケアで歯周病は防ぐことが出来る病気です。

歯周病の症状

歯周病の初期(歯肉炎)

歯周病の初期の症状としては歯茎に炎症が起きている歯肉炎の状態があります。
歯茎の炎症のみなので、汚れを除去してあげる事や毎日のブラッシングで改善する事が出来る段階です。

見た目の状態で特に確認する事が出来るのが歯茎の状態です。
健康な歯茎は薄いピンク色をしているのに対して、歯周病にかかってしまうと紫色がかった
赤色に変化して腫れあがってきます。

症状としては歯ブラシをした時や硬い物を噛んだ時に出血する事があります。
また汚れが付着する事によって、歯肉がぷよぷよして赤く腫れています。
朝起きた時にお口の中がねばねばした感覚がある事もあります。
この段階では歯がしみたり、痛みが出たりという事は少ないので、出血が出てもあまり気にしないで放置してしまう事があります。
しかしこの後の段階になってくると歯茎が痩せてしまって、しみたり骨自体が痩せてしまう事があるので、その段階になってしまうと元の状態に戻す事が難しくなってしまいます。

痩せてしまった歯茎は元には戻す事は難しいですし、骨も外科手術で一定量の回復はする事が可能な場合もありますが、限界があります。、
歯肉炎の段階で受診してケアをしてあげる事がとても重要です。

歯周病の中期(歯周炎)

歯周炎は歯肉炎が進行した状態です。
原因は汚れなどの細菌が長期間付着している事が原因ですが、歯茎の下にも歯石がある事によって歯茎が痩せてしまって歯が長く見えてしまう事があります。
また歯茎が痩せてしまうので、本来歯茎で守られている部分が露出してしまうので、しみやすい状態になってしまいます。
知覚過敏になってしまい、少しの刺激でもしみてしまう事があります。

また歯茎が下がってしまう事によって歯と歯の間に隙間が空いてしまい、物が挟まり易い状態になります。
汚れが長期間付着してしまう事や、隙間に汚れが付きやすい事によって口臭の原因にもなってきます。

この段階では歯茎が下がってしまったものを元の状態に戻すという事も難しくなってしまい、知覚過敏の状態ではお食事をしたりする時にストレスになってしまうので、しみ止めのお薬を塗ったり、しみが落ち着かない場合にはレジンの材料でカバーしてあげる事もあります。

また歯茎が浮いた様な感じになって物が噛みにくくなる症状が出てきます。
浮いた感じになってくると神経に触る様な痛みが出てきます。

また歯周炎の原因になっている汚れを除去してあげる事も大切なので、歯茎の上に着いている歯石に関しては、振動と水で除去する超音波の機械で除去し、歯茎の深い部分になってくると、麻酔をして手用の器具で取っていく方法を用いる事が多いです。
歯茎の深い部分では、目で直接見る事が出来ない為、全体的に汚れを除去した後に歯茎の状態が回復しているかどうかを確認してあげる為に歯茎の深さを測って審査して確認してあげる事が大切です。

 

歯周病の末期(歯槽膿漏)

歯肉から膿が出てくる状態で、かなり歯周病が進行してしまっている状態です。
骨が少なくなってしまっていて歯がグラグラしてしまったり、支えが無くなってしまって歯を残す事自体が難しくなってしまいます。

膿が溜まってしまっている状態だと腫れや痛みの原因になってしまうので、まず膿を出してあげる為に切開をしたりします。

その後汚れを除去したりする治療を開始しますが、グラグラしてしまってその歯だけでは支える事が難しい場合には、他の歯と固定してあげたり、残しておく事で負担になってしまう場合には抜歯という選択肢も出てきます。

 

まとめ

歯が無くなった場合には入れ歯やブリッチ、インプラントなどの選択肢がありますが、土台を支える骨自体が少なくなってしまっている場合にはインプラントを支える事も難しく、インプラント自体を選択する事も難しくなってしまうので、歯周病が進行してしまう前に早めに治療してあげる事が大切です。

歯周病だけではありませんが、早期に発見をしてあげる事で治療期間も少なく済みますし、痛みも軽い事が多いです。
歯周病は自覚症状が少ない間に進行してしまっている病気なので、歯肉の色や出血の状態を自分自身で確認する事はもちろんですが、歯科医院で定期的の検診をする事で早期に発見してケアをしてあげる事が出来ます。

歯科医院で発見して、自宅でのケアを続けてあげる事で良いお口の状態を保つ事が出来て安心です。
現在では予防に力を入れる予防歯科という考え方が増えて来ています。
海外では虫歯で痛くなってから来院するより、検診で来院する人が多い国も多くあります。

早期発見早期治療はお口の環境を整えてあげる上でとても大切です。