歯周病とは?歯周病について徹底解説

歯周病とは、お口の中にひそんでいる細菌によって引き起こされる感染症で炎症性の疾患の一つです。

歯周病は歯の周辺組織である歯ぐきが細菌によって侵され出血したり腫れるなどの症状が出てきます。

歯周病になってしまうと、「歯ぐきが赤く腫れる」「歯ぐきから出血する、膿が出る」などの症状を発症するほか、歯を支えているあごの骨である歯槽骨と呼ばれる骨の部分が歯周病菌によって溶かされてしまう事もあります。

今回は、日本人の9割がかかっているとされる歯周病についての詳しいご説明と、歯周病や歯肉炎、歯槽膿漏との違いについてお話をさせていただきます。

 

歯周病とは?

歯の周辺組織にさまざまな異常を引き起こす病気です

歯周病とは、文字通り「歯」の「周辺組織」にさまざまな異常を引き起こすお口の病気の一つです。

歯周病ではお口の中にひそんでいる歯周病菌が原因で歯ぐきが赤く腫れてしまったり、歯ぐきから出血したり膿が出るなどの症状が表れます。

また、歯周病が発症する要因は、歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」と呼ばれる部分に歯周病菌が入り込む事によるものです。

歯周ポケットの溝の部分の清掃が行き届いていない状態が続く事で、停滞している歯周病菌の影響によって、歯周ポケットに接している部分の歯ぐきが赤く腫れあがってまい、この状態のことを指します。

また、歯ぐきからの出血や歯ぐきから膿が出るなどの症状を引き起こす事もあります。

歯周病は進行すると歯ぐきの異常だけではなく歯を支えているあごの骨である歯槽骨という骨を溶かしてしまう事もあり、歯周病によってあごの骨の歯槽骨が溶かされてしまうと歯がぐらぐらになって自然と抜け落ちてしまう事もあるほか、あごの骨が溶けた事で顔の形がゆがんでしまうなどの重い症状を引き起こすケースもあります。

歯周病の原因

歯周病は、歯周病を引き起こす原因菌である歯周病菌によって引き起こされます。

人のお口の中には常に300から500種類の細菌が棲みついており、細菌の数は少ない人でも約1000億個、あまり歯磨きをしない人ではおよそ1兆個もの細菌がお口の中にひそんでいる事が明らかになっています。

お口の中にひそんでいるこれらの細菌は普段は特に悪い事をしません。

ですが、歯磨きをしっかりと毎日行わずにいたり、歯磨きの仕方が適切ではない、砂糖や糖質がたくさん含まれている甘いお菓子やジュースなどを過剰に摂取する、などの生活習慣を続けているとお口の中にひそんでいる細菌が糖質をエサとして活発に動き始めます。

活発化した細菌は歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着したり、歯と歯ぐきの間の溝である歯周ポケットに潜り込み、虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

歯周病は「サイレントキラー」

歯周病は症状に痛みを伴わないケースが多く、「サイレントキラー」とも呼ばれています。

歯周病がサイレントキラーと呼ばれるゆえんは、痛みがあまりなく症状に気づきづらい点と、症状に気がついた時にはすでに歯がグラグラで抜歯以外の選択肢が無くなっていた・・・というような怖い状態におちいりやすい為です。

症状に気づきにくい歯周病ですが、毎日自分で適切なブラッシングによる歯ぐきへのマッサージを行い、歯科医院で受ける事が出来る歯周病予防のメンテナンスで歯周病を早期発見する事で、早い段階での治療が可能となります。

歯周病の症状と症状別の呼び方について

歯周病は症状の進行度合いによってそれぞれに呼び方が異なります。

①歯肉炎(軽度の歯周病)

歯肉炎は歯ぐきが赤く腫れる、歯磨きをすると歯ぐきから出血する、といった症状があり、初期段階の歯周病に分類されます。

日本人の多くの人がこの歯肉炎にかかっている事が明らかになっていますが、歯肉炎の段階であれば自分自身で行う事が出来る適切なブラッシングによって症状を改善する事も可能です。

②歯周炎(中程度、重度の歯周病)

歯周病は治療をせずに放置してしまうと中程度~重度の歯周病である歯周炎になってしまいます。

歯周炎は別名を「歯槽膿漏」と呼び、歯周炎になると歯ぐきが腫れるだけではなく、「歯ぐきから膿が出る」「歯が痛くて物が噛めない」「歯ぐきが下がり歯の根っこ(歯根)が見えてくる」「歯がグラグラしてくる」「強烈な痛みを感じる」、そして最終的には「歯が自然に抜け落ちてしまう」などの症状を発症します。

歯周病の症状が進んで歯周炎になってしまうと、歯の根の部分である歯根が露出した状態になって冷たい物がしみたり、不安定になった前歯が出っ歯の状態になる、口臭が強くなるなどの症状が出る為、普段の生活においても著しく悪影響を及ぼすようになります。

歯周病の進行度合いの見分け方

歯周病は発症する症状によって病気の進行度をある程度見分ける事が出来ます。

①健康な歯ぐき

・淡いピンク色の歯ぐきで歯と歯の間にはしっかりと歯ぐきが入り込み、弾力があります。

・歯ぐき全体が引き締まっています。

・通常のブラッシングで歯ぐきから出血する事はありません。

②歯肉炎の場合

・歯ぐきが赤くなり、歯と歯の間の歯ぐきが腫れて丸みを帯びてきます。

・歯ぐき全体に弾力がなくなってきます。

・ブラッシングで出血するようになります。

③歯周炎(歯槽膿漏)の場合

・歯ぐきは赤紫色に変色し、歯と接している部分の歯ぐきが下がってしまい、歯の根っこの歯根部分が常に露出した状態となります。

・歯が不安定になって動く為、歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。

・ブラッシングをした時に出血したり膿が出るようになります。

・歯と歯ぐきの境目にある溝の歯周ポケットが深くなり、歯がグラグラします。

・突然歯が抜け落ちてしまう事もあります。

歯周病は予防と診断、治療によって完治させる事が可能です

「歯周病とは何か」、「歯周病の症状」についてお話をさせていただきました。

歯周病は症状が進むと強い痛みを感じてしまったり、重度の歯周病の治療では歯ぐきを切開したりあごの骨の再生手術を行うなど、治療も大掛かりになってしまいます。

歯周病は、日々のブラッシングや歯科医院でのメンテナンスによる「歯周病予防」、そして早い段階で「適切な治療」を受ける事が大切です。

もし、歯ぐきが腫れる、出血するなどの症状があり、または症状が出ていなくとも少しでも歯周病に不安を感じているようでしたら、歯周病を悪化させない為にも、ぜひ、お早めに歯周病治療専門の歯科医院を訪れて診察を受けてみる事をおすすめします。