もしかして歯周病?歯茎が腫れてしまう原因と正しい対処方法

はじめに

歯ぐきが腫れて困ったことってありませんか?たかが歯ぐきの腫れと思い放置しがちですが、放っておくとトラブルの原因になることがあります。

歯ぐきの腫れは小さいお子さんから高齢者の方まで起こる可能性があるため、早期発見し早期治療に努めましょう。ここでは歯ぐきが腫れてしまう原因や対処法などについてまとめてみました。

歯ぐきが腫れる原因

歯ぐきが腫れる原因にはどういったものがあるのでしょうか。

歯周病や虫歯

歯ぐきが腫れる最大の原因として歯の病気がありますが、種類によって一部が腫れるのか、歯ぐき全体が腫れるのか、症状が異なります。

まず、歯ぐき全体が腫れる場合は歯周病が考えられますが、お口のケアがいい加減だと、食べもののかすが溜まり歯周ポケットができてしまい歯ぐきに炎症が起きるため歯ぐきが腫れてきます。また、歯周病の場合も歯肉炎が悪化するためなので、腫れてきます。

歯ぐき全体ではなく部分的に歯ぐきが腫れる場合は虫歯のことが多いです。

虫歯になることで歯の根っこ部分から細菌が侵入してしまい、歯と歯ぐきの間に膿が溜まり炎症が起きたりします。

体調不良

睡眠不足や疲労がたまっている時など、体調が優れない状態の時にストレスを身体が感じ取り、歯ぐきの腫れとなって現れることがあります。また、お酒を大量に飲んだ時も歯ぐきが腫れることがあるそうです。

このような場合の歯ぐきの腫れはクリニックで治療の必要はなく、たっぷりと睡眠を取ったり、ゆっくり休んだり、バランスの取れた食生活を送ることで自然に治ります。

不十分な虫歯治療

通常だと歯の内部に細菌は存在しません。その理由は神経の中に血管があって、細菌を防御する免疫システムが備わっているからです。ですが、虫歯が重度で神経を取り除いてしまうと、細菌を防御するシステムもなくなってしまうと言われています。

神経を取り除く治療の際にもし細菌が取り除ききれないでいると、根っこの中で細菌がどんどん繁殖してしまい、さらに増殖してしまった細菌が根の先端にある穴から出てしまうためさらに増えようとします。

根の内部に免疫システムがなくなってしまっていても、根の周囲には神経の血管やあごの骨などがあるため根から出た細菌と免疫が戦い合うことになり、組織が荒れてしまい膿ができるというわけですね。

細菌感染

虫歯を治療する時、歯ぐきと被せものや詰めものとの間に細菌が侵入することがあります。そこに細菌が繁殖してしまい、歯ぐきに炎症が起き腫れてしまうことがあります。

また、虫歯治療の際に神経を除去してしまっていると、痛みや腫れに気づかないこともありますので、歯ぐきが腫れていないか定期的にチェックするといいでしょう。

親知らず

次に、親知らずのせいで歯ぐきが腫れることもあります。その理由は親知らずはお口の奥の方に生えるので、ていねいに歯磨きするのが難しいからです。親知らずの周囲にはどうしても食べもののかすや汚れが残りやすくなります。

そうなると、細菌がどんどん繁殖してしまうため歯ぐきが腫れてしまうのです。親知らずが生えている方はクリニックで定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

歯ぐきが腫れた時の対処法

歯ぐきがひどく腫れてしまったり、強い痛みが起きた場合にはクリニックを受診するべきでしょうが、クリニックが休みなどの場合ご自分で応急処置を行う必要があります。

冷やす

歯ぐきが腫れた場合、ほとんどが炎症を起こしており膿が溜まっているはずです。ズキズキした痛みや鈍痛などが起こってきます。

濡れたタオルや保冷剤などを使って冷やすことによって痛みが軽くなることがあります。

口の中を消毒する

うがい薬でお口の中を消毒するとのどの炎症以外にも歯ぐきを殺菌する効果もありますので、うがい薬で消毒してみるといいでしょう。

ただ、アルコール系の洗口剤だと歯ぐきの腫れが刺激されることがあるため、必ずうがい薬を使って行いましょう。

痛み止めを飲む

激しい痛みがある場合は市販の痛み止めを飲んで痛みを軽くするといいでしょう。痛みを我慢していると、食欲が落ち体力が落ちるため痛みを軽減し十分に栄養を摂るようにしましょう。

ただ、痛み止めで痛みがなくなったとしても、その後クリニックを受診することが必要です。

体力をつける

歯ぐきの腫れは体力が落ちたり、疲れが溜まっている時に起きることが多いです。抵抗力が落ちると、細菌の増殖を抑制できずさらに体調が悪化することもあります。

ここでご紹介した対処法を行うと同時に安静に過ごし、体力を回復させるようにしましょう。

歯ブラシをやわらかめに変える

歯が腫れて痛いからと言って、歯磨きをいい加減にしているとお口の中の細菌が増えると言われています。日ごろお使いの歯ブラシよりやわらかい歯ブラシを使い、きれいにブラッシングしましょう。

歯ぐきが腫れた時の治療法

では、歯ぐきが腫れてしまった場合の治療法とはどういったものなのでしょうか?

クリニックでは歯の動揺度や歯周ポケットの深度などを検査した上で、進行度に合わせた治療を行っていきます。プラークが付いている歯ぐきの腫れ程度であれば、ブラッシング指導だけの場合もあります。

ですが、歯石が付いてしまっていると歯石除去の必要が出てきます。

さらに、歯周病が進行してしまい歯周ポケットの深い部分にまで歯石が付着していると、外科治療が必要な場合もありますので、そうなる前に、早期治療に努めましょう。

まとめ

寝不足や疲れが溜まって体調不良などの時に歯ぐきがむずむずしたり、腫れたりする場合は細菌が原因であることが多いです。

寝不足や疲れが溜まると、免疫力が低下してしまい日ごろ抑制されている細菌が暴れ出すからです。

ですので、体調がよくなれば免疫力が回復するため歯ぐきの腫れも治まる場合がありますが、細菌が死滅したということにはなりません。もし、疲れた時に歯ぐきが腫れたという経験があるなら適切なケアをする必要があります。

ただ、ご自分でのケアだけでは歯ぐきの腫れは治癒できないですし、歯石や汚れを完全に取り除くことは不可能です。放っておかずにかかりつけのクリニックで診てもらうようにしましょう。