歯周病の早期発見で歯を守ろう!歯周病セルフチェック方法

はじめに

みなさんは歯周病についてどれくらいご存じでしょうか?

歯周病は成人の8割もの人がかかっている病気で、自覚症状がほとんどないことが特徴の身近な病気です。

どうして自覚症状がないかと言うと、虫歯と違い痛みもほとんどなく歯磨きの際に少し血が出る程度だからで、歯周病にかかっているかどうか重症化するまで気づかないことがほとんどです。

ここではそんな歯周病セルフチェックの方法や、予防法などについてお教えします。

もし、セルフチェック表であてはまるものが多ければ、かかりつけのクリニックで診てもらってくださいね!

歯周病とは

そもそも歯周病は歯周病菌によって起こる感染症のことで、歯磨きやクリニックでの定期的なケアを怠っていると、プラークがたまっていき、口腔内にプラークが増加して歯周病菌が繁殖することが原因で起こります。

お口の中に大量の歯周病菌が発生しているなんて、想像しただけでぞっとしますよね。

この歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がないためどんどん進行してしまい、気づいた頃にはクリニックへ行って治療を受けなければならないほど進行してしまっています。

歯周病の恐ろしさ

歯を失ってしまう最大の原因は歯周病で、最近では糖尿病や早産、低胎児出産や心臓病などを引き起こすことも分かっています。少々の出血程度では放置してしまうことが多い歯周病ですが、実は全身疾患の原因となる恐ろしい病気なのです。

歯周病はいったんかかってしまうと、完全に治癒できない慢性疾患で、少しずつ進行していきます。

痛みや腫れがあったとしても、しばらく経つとおさまってしまうので治ったように感じてしまうことが多いです。

また、クリニックで治療を受けたとしても、腫れや痛みがなくなると通院をやめてしまう方も多いため、気がついた時には手遅れになっており、歯を抜かなければならなくなります。

さらに、歯周病にかかっている歯は1本だけでない場合がほとんどなので、複数の歯がいっぺんに抜けてしまうことが多いというから恐ろしいですね。

歯周病セルフチェック法

こう見てくると、自分は歯周病にかかっていないかなと不安になってきますよね。ここでは歯周病セルフチェック表をご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきが痩せてきた気がする
  • 口臭がある
  • 歯を磨いた後に歯ブラシに血が付くことがある
  • 歯と歯ぐきの間に食べものがつまる
  • 歯と歯の間の歯ぐきが鋭い三角形をしておらず、ぶよぶよとしてうっ血している
  • 歯が浮いた感じがすることがある
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 指で触るとぐらつく歯がある

このチェック表で1~2個あてはまるものがあった場合、歯周病かもしれません。

歯磨きの方法を改善した方がいいでしょう。また、かかりつけのクリニックで念のため歯周病にかかっていないか、歯磨きが正しくできているかを診てもらうようにしましょう。

3~5個以上当てはまるものがある場合には初期~中程度以上の歯周病の可能性がありますので、なるべく早くクリニックを受診するようにしましょう。

1つもあてはまるものがない方は歯周病の可能性が低いですが、今後も歯磨きを心がけていただき、年に1度はクリニックで定期検診を受けるようにしてくださいね!

歯周病を予防するには

歯ブラシを45度の角度で当ててブラッシング

歯周病菌は空気を嫌うため歯周ポケットの奥深くに潜んでいますので、歯と歯ぐきの間に歯ブラシを45度の角度で当てていただき、小刻みに振動させるように磨くことが重要です。

目安としては5~10ミリ程度の幅で歯ブラシを動かすといいでしょう。一回につき1~2本の歯をていねいに磨いていきましょう。ただし、あまり強い力で磨きすぎると、歯ぐきを傷つけてしまうことがあるため注意しましょう。重さで言うと、150~200グラム程度の力が理想的です。

歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で磨いていきましょう。

また、1日3回毎食後磨くのが理想で、使用する歯磨き粉は薬用効果があるものを選びましょう。

デンタルフロスを使う

歯と歯の間にたまったプラークは歯ブラシだけできれいにするのは難しいと言われています。そのため、デンタルフロスを併用することで歯磨きだけでは落とし切れない歯周ポケットの汚れをきれいにすることができます。

さらに、デンタルリンスやマウスウォッシュを使うといいでしょう。

クリニックでクリーニングを受ける

歯周病を予防するためにはクリニックなどで専用の機器を使ってセルフケアでは落としきれないプラークや、歯石をきれいにしてもらうことも大切です。

ですが、プラークや歯石を除去した後も3ヶ月に1回程度は定期的にクリニックを受診していただきクリーニングを受ければ、中程度の歯周病ならほとんど治癒できると言われています。

ただし、重度にまで進行してしまったものは歯周ポケットの奥にたまった歯石を外科的手術で取り除いたり、最悪抜歯しなければいけなくなります。

よく噛む

お口のケア以外で歯周病を予防するには日ごろ食事の際によく噛むことが大切です。唾液は食べものを消化するのに効果があると同時に、お口の中を清潔にしてくれる作用があります。

生活習慣の見直し

歯周病の原因菌となっているプラークは糖分を栄養として増殖します。そのため、糖分の多い食生活を行っていると、歯周病にかかるリスクが高くなると言われています。

歯周病を防ぐためには高脂肪、高塩分、糖分が高い、高カロリーの食生活を避けていただき、食べ過ぎや好き嫌い、お酒の飲み過ぎを控えて正しい食生活を送るようにしましょう。

さらに、抵抗力が落ちてしまうと歯周病になりやすいため睡眠を十分に取ることも重要です。

禁煙する

たばこを吸っていると歯周病になりやすいと言われており、歯周病を進行させやすいと言われています。たばこを吸っている方は出来れば禁煙するか本数を減らす方がいいでしょう。

まとめ

歯周病は正しいブラッシングである程度進行を止めることができます。

上でご紹介したセルフチェック表は目安ですが、もしかして歯周病かも?と思われる方はかかりつけのクリニックで診てもらいましょう。