糖尿病と歯周病の関係~歯が抜けるだけじゃない歯周病の本当の恐ろしさ~

はじめに

みなさんは歯周病と糖尿病に深い関係があることをご存知でしょうか?

歯周病は最終的に歯が抜けてしまう病気として知られていますが、歯周病になると糖尿病になりやすくなり、糖尿病になると歯周病になりやすいと言うから驚きです。

ここでは歯周病の本当の恐ろしさ、歯周病と糖尿病のとの関係についてまとめてみます。

もしかして歯周病かな?と心当たりのある方はぜひ最後まで読んでみて下さいね!

歯周病とは

歯周病とは一言で言うと、歯を支えている歯槽骨が侵されていく病気のことです。

歯ぐきの中を日ごろ見ることは不可能ですが、実際には歯の根っこのセメント質と歯槽骨の間には膜があり、歯が骨から抜けてしわないように支えています。

歯周病とはこれらの組織が侵されていく病気ですが、40歳以上の方の8割もの方が歯周病にかかっているとも言われています。なお、歯周病は日頃の生活習慣によって起こる病気のため、生活習慣病の一種とも言われています。

糖尿病とは

いっぽうで、糖尿病とは食物から分解された当分が体の中に吸収されづらくなり血液中に糖分が蓄積される状態が続く、つまり高血糖状態が続く病気のことです。

高血糖状態が続いてしまうと、糖尿病だけでなく脳卒中や腎臓病、心臓病などの合併症を引き起こすリスクがあります。

歯周病と糖尿病の関係

糖尿病が強く疑われる人の数は890万人とも言われており、可能性がある方は1320万人にものぼると言われています。

以前から歯周病は糖尿病の合併症と言われていましたが、実際に糖尿病にかかっている方はそうでない方と比べると、歯周病にかかっている割合が高いということがわかっています。

さらに、最近では歯周病にかかってしまうと、糖尿病の症状が進行するということもわかってきました。つまり、歯周病と糖尿病とはお互いに悪影響を与えあっているということになります。また、歯周病を治療すると、糖尿病が改善することも判明しています。

食べものに含まれている糖分はブドウ糖に分解され、吸収されるため血糖値が上がります。すると、インスリンが膵臓から分泌され肝臓や筋肉へブドウ糖を取り込んでエネルギーに変換し、血糖値は正常範囲内で保たれます。

それが、インスリンの分泌量が減ってしまったり、働きが落ちてしまうと血液中のブドウ糖が肝臓などに取り込まれにくくなり血液の中に増加します。これが続くことで糖尿病になる・・というわけです。

糖尿病は初期段階ではほとんど自覚症状がないと言われていますが、治療せずに放っておくと合併症が起きる恐ろしい病気です。たとえば、動脈硬化などに次ぐ合併症として知られているのが歯周病で、糖尿病の方は糖尿病でない方と比べると歯周病を併発している割合が高く、血糖コントロールがうまくいていない歯周病の方ほど重症化しており、進行する可能性が高いです。

また、糖尿病になると高血糖になるため尿を大量に出すことで糖分を体外に排出しようとしますが、そうなると、お口の中が乾燥しがちになり唾液の分泌も低下するためお口の浄化作用も落ちてしまい歯周病菌が増加しやすくなります。さらに、高血糖状態が続くと、白血球の働きが落ちるため歯周病菌に感染しやすくなります。

このように、糖尿病になると歯周病になる危険性が高くなると言われています。

歯周病は歯周病菌によって歯をささえている歯ぐきが炎症を起こし歯ぐきの他に歯槽骨などが侵される病気です。なので、進んでいくと、歯槽骨の力が弱くなるため歯が抜け落ちる危険性があります。

歯周病によって歯をなくすと、食べものをしっかりと噛めなくなり柔らかいものばかり食べるようになったり・・と食生活に偏りができるため糖尿病になりやすくなります。

また、歯周病は糖尿病以外にも脳血管疾患や心臓疾患、認知症、早産、低胎児出産などとも深く関係していることが最近分かってきています。

歯周病を予防するには

ていねいな歯磨き

歯周病の原因はプラークですが、これは細菌の塊で歯と似たような色をしており、水に溶けづらく歯の表面にしっかりとついているためうがいをした程度では落とすことができません。

しっかりと歯磨きを行うことでプラークを取り除くようにしましょう。

歯周ポケットを意識して磨く

次に注意するべきことは刺繍ポケットを意識して磨くことです。そもそも歯周病は細菌感染による病気なので、元になる歯周病菌を増殖させないようにすることが重要です。

歯磨き粉を選ぶ時には歯周病菌を効果的に殺菌できるような成分の入った歯磨き粉を選ぶようにしてくださいね。

なお、歯周病菌のすみかとなっているのは歯周ポケットの中にあるプラークですので、プラークを完全に除去することが重要です。ただ、歯周病になったとしても初期段階で炎症が歯ぐきだけに限定されている歯肉炎であればプラークを除去するだけで健康な状態に回復できます。

そこで身につけて頂きたいのが毛先磨きです。

歯の表面だけきれいにしていればいいと思っていた方も、歯と歯ぐきの境い目に歯ブラシを当てた時に毛先がちゃんと当たっているかどうかを意識してブラッシングしましょう。

クリニックで定期検診を受ける

歯周ポケットは深くなってしまうと、歯ブラシの毛先部分が届かないためご自分できれいにブラッシングしづらくなります。

さらに、細菌に加えてそれが作り出すプラークは時間が経つにつれ歯石となり、ご自分でのケアだけではきれいにできなくなるためクリニックで定期的に検診を受け、完全にきれいにしてもらうことが大切です。

まとめ

歯周病や糖尿病とはどんな病気か、歯周病と糖尿病の関係などについて分かりやすくまとめてみました。

たかが歯周病と思われがちですが、実際には恐ろしい病気だということをお分かりいただけたでしょうか?

歯周病、糖尿病どちらも喫煙や不規則な生活など生活習慣も関係しているため規則正しい生活を送っていただき、たっぷりと睡眠を取り、ストレスをためないような生活を心がけましょう。

そうすれば、歯周病だけでなく全身を健康な状態に保てるはずです!生涯ご自分の歯で食事できるように歯周病を予防してくださいね!