歯周病を引き起こす改善したい悪習慣とは

はじめに

歯周病は全身の健康にも悪影響を及ぼす病気で、歯のぐらつきや口臭が起きたり、最悪歯が抜けてしまうこともあります。
ここではそんな歯周病の原因となる悪習慣について、さらに歯周病を予防するにはどうすればいいのか・・などについてまとめてみました。
ぜひ、最後までお読みくださいね!

歯周病とは

少し前までは歯をなくす最大の原因は虫歯でしたが、予防歯科が広く知られるようになり虫歯で歯をなくす人は少なくなり、歯周病が最大の原因になったのです。
また、歯周病になってしまうと脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、骨粗しょう症や早産・・などの命に係わる病気になる危険性が高まるとも言われています。
ですので、歯周病を予防することによって全身の健康を守ることにつながります。
歯周病は感染症の一種で歯周病菌によるもので、この菌は歯に付着しプラークを形成するということまでは知られていますが、プラーク内の歯周病菌は細胞の死がいなどを分解して揮発性硫黄化合物を発生することまでは知られていないでしょう。
歯周病は以前は老化に伴う病気だと思われていましたが、研究が進むにつれ原因が分かっていており、適切に治療や予防ができるようになりました。
ただ、未だにこれらのことを理解していない歯科医師もいるにはいるので、歯周病の方が増え続けていると感がられます。

歯周病を引き起こす改善すべき悪習慣

では歯周病の原因となる悪習慣にはどういったものがあるのでしょうか?

いい加減な歯磨き

歯周病予防には歯磨きが最大の予防法で基本中の基本ですが、歯が歯周病だけでなく虫歯などになってしまう人は歯磨きがいい加減なことが多いです。
病気になってしまった歯の内部や腫れた歯ぐきの周りには大量のプラークが付いてしまっていることが多いです。
もし、歯ぐきや歯が悪い方で歯磨きを始めたい・・と思っているなら歯ブラシの形状や動かし方、歯磨き粉の有無などを気にする必要は全くなく、きちんと磨くことが重要です。

歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりを行うとかなりの力が歯にかかります。
あまりに強くかかりすぎてしまうと歯が割れてしまうこともあるそうです。
放っておくと歯周病や虫歯が悪化することもありますが、寝ている間に歯ぎしりを行うことは生活習慣の一種であり、簡単に治すことは難しいです。
歯ぎしり防止用のマウスピースを装着するなどし防ぐことが大切です。
また、ストレスが原因で歯ぎしりしている場合にはストレスをうまく解消する方法を考えましょう。

口呼吸

口呼吸を行うと口の中が乾燥し唾液の分泌量が少なくなります。
特に寝ている間は唾液の分泌量が減ってしまう上に口呼吸を行うことによって乾燥してしまうために歯周病が進行していきます。
生活習慣の一つなので治すのは困難ですが、できる限り意識的に鼻で呼吸することが重要です。

喫煙

たばこを吸っていると白血球の機能が落ち、それによって歯周病菌に対する抵抗力が落ちてしまい歯周病にかかりやすくなります。
さらに、毛細血管が収縮するなど血流が悪くなるため歯周病が治りにくくなったり、歯周病の症状に気づきにくくなるとも言われています。

食生活

柔らかいものや甘いものを多く食べる食生活を送っている方は歯周病の原因となるプラークが増えて付着しやすくなります。
さらに、食事の時間が不規則だったり、栄養が偏っていたりすると全身の健康に悪い影響が及ぶと言われています。

自覚症状があっても放っておく

人間の体はなんらかのトラブルがあると痛みが起きたり、しみたり、腫れたり・・などの自覚症状があります。
こういった症状を放っておくと体はさらに強い症状が起きることがあります。
歯ぐきや歯からの自覚症状を放置していると、最悪の事態になることがあります。
小さい症状にうちにきちんと治療を受ければ治療回数や費用、時間などが少なくできますので、早いうちにクリニックで診てもらうようにしましょう。

歯周病の予防法

  1. 日ごろの歯磨き
    歯周病を予防するには日ごろの歯磨きをていていに行うことが大切です。
    歯磨きの際のポイントとしては全ての歯を磨き、プラークを取り除くことです。
    どういったブラッシングの方法でも構いませんが、全ての歯をていねいに磨くことが大切です。
    もし、一つでも磨き忘れがあればそこにプラークが付いてしまい、歯周病になってしまうからです。
  2. クリニックでの定期検診
    ただ、毎日ていねいに歯磨きを行っているつもりでいても、どうしても磨き残しができてしまうのは当然です。ご自分ではていねいに磨いていると思っていても、長年の歯磨きのくせなどがあり自己流のブラッシング法になってしまっているからです。
    ですので、ご自分だけのケアではどうしても限界があるのは否めません。歯周病を予防するためにはクリニックで定期的に検診を受けましょう。
    頻度は3ヶ月に1回程度がよく、歯科衛生士さんにブラッシング指導を受ければなおいいでしょう。
    ですが、これらができていてもなかなかうまく磨けないことがあります。その理由は歯科衛生士さんに指導してもらったように磨くのは難しいからでしょう。歯科衛生士さんはプロですので学校で習ったように正しく磨いたり、デンタルフロスを使うのも簡単なことでしょう。
    ですが、われわれは素人ですし日ごろ忙しく生活しています。しっかりと時間をかけブラッシングしている時間がありません。なので、頭では分かっていても正しくブラッシングすることは難しいのです。

まとめ

歯周病を引き起こしてしまう悪習慣についてや、歯周病を予防するための方法などについて詳しくご紹介してみました。
歯周病になってしまうと歯がだめになるだけでなく全身の健康にも悪影響が及びます。
また、口臭が起きたり歯ぐきが黒ずんだり・・といいことなど一切ありません。
なので、歯周病を予防し早期発見することが重要です。
ただ、ほとんどの方は正しいお口のケアを知らないので日ごろ歯磨きを行っていても歯周病になってしまうのはそういった理由からでしょう。
ぜひ、ここでお伝えした悪い習慣を改善していただいた上で、お口のケアを実践していただき、歯周病にならないように努めていただきたいです!