進行段階別に見る歯周病の治療方法とは

はじめに

歯周病という言葉を知っていても、どんな治療をするのか不安に思っている方も多いでしょう。

歯周病は世界で最も多い感染症で40代の8割もの方が歯周病だと言われており、生活習慣病の一つで全身の健康とも深く関わっています。

さらに、歯周病は進行度合いによって治療内容が変わってくるため、軽度なほど早く治療ができ治癒もしやすいです。

まず、ご自分の現在のお口の中の状態を把握した上で適切な処置を受けましょう。

また、歯周病治療を成功させるには日ごろのセルフケアに加えてクリニックとの連携が重要です。

ここでは歯周病の恐ろしさや進行度別歯周病の治療法などをご紹介します。

歯周病の恐ろしさ

歯が抜け落ちる

歯周病は全身に悪い影響を及ぼすと言われています。

歯周病を放置しておくと歯ぐきから血が出たり、歯ぐきが腫れたりさまざまな症状が起きます。進行sると歯ぐきが頻繁に腫れだし、朝起きると口臭があったり、膿が出てくるなど少しずつ重症化します。

恐ろしいのはこの状態ですでに歯を支えている骨が溶け出している可能性があるということです。

さらに放っておくと、硬いものが食べにくくなったり、歯がぐらついたりなどしてきます。ここまで進んでしまうと、確実に骨が溶けてしまっていると言えます。

もし、鏡を見て歯が伸びたような気がする場合は歯周病がかなり進行してしまっているかもしれません。骨が溶け始めると歯ぐきはじょじょに下がっていくので、歯が伸びたように見えるのは歯ぐきが痩せて以前より広い範囲の部分が見えだしているからです。

これを放置していると、食事中などに突然歯が抜け落ちることがあります。食事中に硬いものがあるな、と口の中を見ると、ご自分の歯だったということもあり得ます。ここまで進んでしまうとすでに手遅れとも言え、かなり歯周病が進行した状態と言えるでしょう。

歯を支えている骨が溶け、歯を失ってしまう前にクリニックを受診するようにしましょう。

狭心症、心筋梗塞

歯周病菌が歯ぐきなどの血管から血液に侵入すると、心臓の血管にやがて到達します。

心臓の血管の中を歯周病菌が刺激すると血管の内壁にプラークができます。

プラークができてしまうと血液の通り道が狭くなるため血流が速くなり狭心症になったり、血流が増えるため血管の内壁に傷がついてしまい、そこに血栓ができ血管が詰まって心筋梗塞など重篤な疾患になることがあります。

 脳梗塞

歯周病菌が血管内部に侵入すると脳の血管内にもプラークが発生します。

プラークができてしまうと脳の血管の中は心臓の血管と同じで傷つきやすくなってしまい、血栓ができ脳内の血管が詰まり脳梗塞が起きやすくなります。

ちなみに、歯周病と脳梗塞についてある調査によれば、歯周病の方がそうでない方より2.8倍かかりやすいという結果があり、脳血管疾患と歯周病の関係は深いということが分かります。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは食べものや飲みものを誤って飲み込み、肺や気管に入り込むことで肺の中で細菌繁殖が起き炎症が起きる疾患のことです。

歯周病とこの誤嚥性肺炎との関係はまだ因果関係が判明していませんが、誤嚥性肺炎になった方のほとんどが歯周病菌が原因だったと言われていて、誤嚥性肺炎を予防するには歯周病を予防、治療することが大切です。

糖尿病

糖尿病と歯周病との関係について、以前は糖尿病の合併症で歯周病になりやすいと言われてきましたが、最近では歯周病により糖尿病になりやすいことも分かってきました。

早産

最近さまざまな研究によって歯周病と全身への悪影響について分かってきましたが、特に妊婦さんが歯周病にかかることで早産のリスクが高まることも判明しています。

 歯周病の進行別治療法

さて、ここでは歯周病の進行度別治療法について詳しくご紹介しましょう。

軽度

歯の表面についている歯石や、歯ぐきで隠れている浅いところの歯石などを専用の器械や器具を使い取り除いていきます。

この段階の治療で麻酔を使うことはほぼないと言われています。

初期段階であれば、1~2回程度の治療で済むことが多いと言われています。

中度

より歯ぐきの深い部分についた歯石を取り除き、歯の表面に付着したプラークが付きにくくするように磨きます。

この段階まで進むと麻酔を使用することもあります。

治療期間は最低でも1ヶ月はかかるでしょう。外科治療を行った場合は3~6ヶ月かかることもあるようですね。

重度

ここまで歯周病が進んでしまうとかなり骨が吸収されてしまい、歯周ポケットが深くなってしまうため、歯石を取り除くのが難しくなります。

麻酔を使用し、歯ぐきを切開し根っこ部分についた歯石を見える状態にし完全に取り除きます。

さらに、歯周ポケットをを作っている汚れた状態の歯ぐきを除去し歯周ポケットを浅くすることでメンテナンスを行いやすいよう治療します。

ここまで進んでしまうと最終的に組織検査を行う必要もありますので、最低でも3ヶ月程度は治療にかかるでしょう。外科的治療や被せものなどの治療を行った場合、6ヶ月から年程度かかることもあると言われています。

ここまで悪化してしまう前に早期治療を行いたいものですね。

 歯周病の再発を防ぐには

歯周病は生活習慣病の一つ

虫歯とは違って歯周病は痛みもなく知らず知らずのうちに進んでいく疾患です。

初期症状として知られている炎症や歯ぐきの出血に気づいてすぐに治療すればいいですが、痛みがないため気づかないことが多いです。

日ごろの歯磨きは歯周病菌をコントロールするために重要です。ただし、ご自分でのケアには限界があるため、クリニックで定期的に検診を受けプロに助けてもらうことでセルフケアがより確実なものになるでしょう。

歯周病は生活習慣病の一つなので、歯周病の治療が終っても定期的なメンテナンスが重要なのです。

まとめ

歯周病の恐ろしさや進行度別治療法、再発防止法などをご紹介しました。

虫歯と歯周病はお口の中の2大疾患と言われています。

どちらも細菌感染によって起きる疾患で、症状が進行すると治療にかかる時間もお金もかかります。早期発見するためにも定期的に検診を受けていただき、お口の中を健康に保ちましょう!