子供にオススメなキシリトール製品とは

テレビコマーシャルでもよく見るキシリトール製品ですが、虫歯を防止するためお子さんに与えるなら、どのような製品を選べばいいのでしょう。

ここではお子さんにキシリトール製品を選ぶ際の正しい選び方や、おススメのキシリトール製品などについてまとめてみました。

これを読んでいたただいた上で、お子さんの虫歯予防について不安点や疑問点があったら、かかりつけのクリニックで相談してみることをおススメします。

キシリトールの効果とは

虫歯菌の繁殖を抑制する

キシリトールとは甘味料の一つで、甘みと聞くと砂糖をイメージする方がほとんどでしょう。

砂糖は虫歯の原因として知られていますが、キシリトールは甘いのに虫歯にならないというのが特徴です。虫歯の原因であるミュータンス菌は糖分を栄養にして増殖すると言われています。ですが、キシリトールを取り込むことはできず死滅するそうです。

そのため、続けてキシリトールを摂り続けることによって、ミュータンス菌の数はどんどん減っていくというわけですね。

甘いものが好きなお子さんにとって最高の甘味料と言ってもいいでしょう。

歯を強化できる

キシリトールは虫歯菌が増えるのを抑える効果だけではなく、キシリトールを摂ることでミュータンス菌が酸を排出することが不可能になります。

この酸とは歯を溶かしてしまうものなのですが、ミュータンス菌が酸を排出するには糖分が必要でキシリトールだと酸を排出できないので、結果的に歯を溶かす酸を抑えられるというわけです。

毎日続けてキシリトールを摂ることによって歯が丈夫になるということになります。

唾液の分泌を促進する

さて、キシリトール入りの製品と言ってまず浮かぶのがガムでしょう。ガムは噛めば噛むほど唾液の分泌が促進されます。

キシリトールは甘さだけでなく独特の清涼感もあるため、口に入れると刺激になって唾液が大量に分泌されます。この唾液は虫歯菌を洗い流してくれ、虫歯になりにくいお口の状態を作ってくれる素晴らしい効果があります。

唾液は虫歯予防にはなくてはならない存在なのです。

キシリトール製品の効果的な摂り方

虫歯を防止するにはキシリトール100パーセント入りのタブレットやガムを毎食後摂り、寝る前に摂ると効果があるそうです。

100パーセント配合のものなら歯磨き後に食べても問題ありません。ただし、虫歯になりやすい方の場合は1日5回、毎食後と間食後、寝る前に摂るとより効果があります。

一度にたくさん摂るのではなく、何回かに分けて摂る方がより効果があると言われています。食後や寝る前は唾液が減ったり、酸によって虫歯ができやすくなっているのでおすすめです。

タイミングや回数をあまり気にすることなく、何か食べたら噛むという無理なく続けることが大切ですね。

キシリトールの成分は口に入れて数分程度で流れ出しますが、よく噛み唾液を大量に出すことが大切です。キシリトールガムを噛む場合味がなくなってきますが、そのまま10分程度は噛んでおくようにしましょう。

タブレットなら噛まずになめるようにします。

キシリトールを摂り始めると、3か月程度で虫歯になりにくくなると言われています。ですが、その後摂るのを止めてしまうとまた虫歯菌が増え始めるため、虫歯になるリスクが高くなります。

虫歯を予防するには毎日継続してキシリトールを摂り続けることが大切です。手軽にできることなので、虫歯予防のためにもお子さんにキシリトール入りの製品を選んであげて下さいね。

キシリトール製品の選び方

まず、成分表をチェックしましょう。

キシリトールの含有量をチェックし、甘味成分の半分以上がキシリトールでないと意味がないと言われています。
9割以上キシリトールのものがおすすめです。

また、大切なのは糖質が0かどうかです。キシリトールがいくら入っていても虫歯菌の栄養となる糖分が入っていると意味がないからですね。

キシリトールの安全性

キシリトールの安全性や副作用には問題がないのでしょうか。

キシリトールには毒性がないと言われています。また、最も安全性の高い食品添加物と認定されており、小さなお子さんでも安心して摂ることができます。

ただ、副作用としては下痢をしやすいという点があります。キシリトールは水分を吸着しやすい性質があり、大量の水分を含んで消化管を通り大腸で分解される時に水分が離れてしまい、大腸の水分量が増えるため下痢やお腹いたを起こす方がいるようですね。

1日の摂取量の上限は20ミリグラムとなっており、大人の場合キシリトール入りガムを1日15個程度は食べても問題なさそうです。

お子さんの場合は4~5個程度にとどめておきましょう。個人差や体調などによって変わってきますので、2~3個程度でも下痢になる方もいます。

また、タブレットやガムに使用されているキシリトールはカシやシラカバの木から採ったものなので、それらのアレルギーがある方はアレルギー反応が起きることがあります。

お子さんにおすすめのキシリトール製品

子ども用キシリトール入りタブレット

これはガムを噛めないお子さんでもキシリトール習慣が付けられるタブレットです。

グレープといちご味の2つの味が一つの袋に入っており、おやつや歯磨き後のごほうびにぴったりです。
噛まずにゆっくりなめることで虫歯予防が期待できるタブレットです。

キシリトールタブレット

 

これはキシリトールを100パーセント使用したタブレットです。
キシリトール以外の甘味料は使用しておらず、お口の中で溶かすだけでキシリトールが広がるタブレット。
虫歯の原因になる酸が作られるのを防止します。
お子さんだけでなく大人も楽しめるタブレットです。

まとめ

お子さんの虫歯を予防するのにキシリトール製品はおすすめですが、キシリトール製品を摂っているからといって、虫歯に絶対にならないと言うことではないことを理解しておきましょう。

何よりもまず虫歯を防止するには正しい食生活とブラッシングです。補助的なものとしてキシリトール製品を取り入れることが大切ですね。

お子さんの虫歯を予防するために、日ごろの生活にキシリトール製品をうまく取り入れてあげてくださいね!