子供のための虫歯予防”シーラント”とは

みなさんはシーラントというものをご存じでしょうか。虫歯予防と言えばていねいな歯磨きやフッ素塗布などを思い浮かべますが、それらを行っても虫歯になることはありますよね。

虫歯からお子さんの歯を守りたいと思っている親御さんが多いかと思いますが、実際にはどうやって守ってあげればいいのでしょうか?

ここではお子さんの歯を虫歯から守るシーラントについてご紹介します。シーラントについて理解を深めていただき、お子さんの虫歯予防にさらに努めて下さい。

シーラントとは

シーラントとは、奥歯の溝の凸凹を埋めることで虫歯菌が繁殖するのを防ぐ施術です。

埋め込む際に使う素材はプラスチックで、奥歯だけでなく前歯の裏など虫歯になりやすいところに使います。シーラントは予防のための施術です。保険を使って行えるの施術のひとつです。

虫歯の治療には使えないので、虫歯になっている歯には施術できないのが特徴です。もし、虫歯になってしまっているところにシーラントを行いたいなら、虫歯治療が終ってからでないとできません。

虫歯治療にもまれに行えることがありますが、基本的には予防のために行われるものだということですね。

乳歯にも永久歯にも最適

シーラントは虫歯になりやすいところを埋め、歯を虫歯菌から保護するものです。

乳歯が虫歯になったとしても、どうせ永久歯に生え変わるから大丈夫だと思っている方も多いですが、乳歯が健康かどうかがその後生えてくる永久歯に与える影響は大きいと言われています。

乳歯がひどい虫歯だった場合、次に生える永久歯にその虫歯菌がうつってしまうケースがあるからです。そうなると、永久歯は生えた時にはすでに虫歯だということになりますよね。

生えたての歯はまだ柔らかいため虫歯になりやすいので、生え変わったとしても乳歯は適切な虫歯予防を行わなければなりません。つまり、いずれ生えてくる永久歯を虫歯から守るためにも、乳歯の時からシーラントを行うことがおすすめなのです。

歯磨きやフッ素塗布だけでは乳歯は虫歯になりやすいので、シーラントも行うようにし徹底的に予防歯科を行いましょう。

前歯にも効果的なシーラント

前歯の虫歯予防にもシーラントは適していると言われています。

永久歯になりたての頃は前歯の裏側に溝のようなものがありますが、そこには汚れが溜まりやすくなっており虫歯のすみかになりやすいです。

歯の裏は汚れていたとしても見えないため気づきにくく、歯磨きを行っても磨き残しがあったり、虫歯になったとしても見つけるのが遅くなることが多いです。

ですので、前歯の裏側にシーラントを施術することで虫歯予防ができるというのはうれしいですよね?

シーラントのメリット

では具体的にシーラントのメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

シーラントは奥歯などの溝のあるところに詰め物を施し食べ物が溜まりにくくする施術です。実際に高い予防効果があることは分かっており、実績も多いので予防法として広く行われています。

シーラントは虫歯予防に最適な技術で、生えたばかりの乳歯や永久歯におススメの施術でお子さんにシーラントを施術することで虫歯を予防できるありがたいものです。

シーラントの最大のメリットはしっかりとケアが行われている環境下で行うことによって、高い虫歯予防効果があることです。

シーラントを行った人と行っていない人と比べてみると、虫歯になる確率が違うという研究結果もあるそうです。
ただ、シーラントを行ったからと言って虫歯にならないということではなく、日ごろの適切な歯磨きや定期的な検診を受けることが条件だと言えるでしょう。

また、シーラントで使われる薬剤の中にはフッ化物が含まれているものがあるため、シーラントを行った後そのフッ化物が少しずつ歯に出てくるので歯の質を強くする効果があるのも事実です。

シーラントのデメリット

この技術は虫歯が予防できるいっぽうで、デメリットもあるためここではシーラントのメリットだけでなくデメリットについてもご説明したいと思います。

最近ではこのシーラントを見直す歯科医師が増えているのが現状です。それは次のようなデメリットがあるからです。

まずは詰め物を詰める際に使われている薬剤が歯のエナメル質を溶かしてしまうものがあるからです。次に、その詰めたものが欠けた場合に何も詰めていない状態と比べると、何も詰めていない状態より食べもののかす溜まりやすいからです。

施術する際に完璧に防湿できるかどうかまだはっきりと分かっていない点もデメリットだと言えるでしょう。施術の際に歯と詰めものとの間に唾液が付いてしまうと、詰めたものがはがれやすくなるからです。

こういったデメリットがありますが、解決策もないとは言えません。たとえば、詰め物を接着する際に使う薬剤を歯のエナメル質を溶かしにくいものにしたりする方法があります。

また、接着する際に唾液が付いてしまうのを防止するために、通常の施術法とは違う方法を取ったりすることがあります。

虫歯を予防できるというメリットがありますが、デメリットもあるのがこのシーラントという施術です。もし、行う場合には剥がれてしまった時のデメリットについてもしっかりと理解した上で受けるようにしましょう。

どういった施術なのか全くわからずに受けるのではなく、しっかりと理解した上で受けるかどうか決めてあげてくださいね。

まとめ

シーラントは歯の溝に薬剤を塗ることで虫歯から歯を守る施術で予防歯科の一つです。

特に、6歳臼歯は早い段階から生えるため、長期間使う歯なので虫歯を防止するために早くから守ってあげる必要があります。

ただ、シーラントは施術さえ行えば虫歯にならないというものではなく、正しい食習慣や日ごろのお口のケアがあってこそ効果を発揮する補助的な施術なので、まずはお子さんが正しい歯磨き法を身に着けるように気を付けてあげ、定期的にクリニックで検診を受け、シーラントを受けるかどうかを決めてあげましょう!

ぜひ、お子さんの歯を虫歯から守ってあげられるようシーラントを検討してみて下さいね!