【マザーズ歯科】赤ちゃんとママの歯の深い関係 

はじめに

妊娠している方や、まだ妊娠はしていないけれど将来赤ちゃんが欲しいと・・思っておられる方にぜひ知っておいて頂きたいことがあります。
それは赤ちゃんが虫歯にならないようにするためにはお母さんが虫歯予防を行うことが大切だということです。
ここでは赤ちゃんとママの歯の深い関係についてご説明します。

お母さんのための歯の治療。マザーズ歯科って何?

妊娠すると虫歯になりやすい理由

妊娠すると赤ちゃんがカルシウム分を取るため虫歯になりやすい・・と考えている方が多いです。
でも、それは実際大きな間違いで、妊婦さんのお口の中はホルモンバランスの変化で唾液の分泌量が減っているのです。
また、妊娠するとつわりがあったり、食事の量が減るせいで回数が増えてしまうことが多く歯磨きが面倒になる方が多いです。
歯磨きしにくくなればお口の中は当然不衛生になってしまい、虫歯ができやすくなります。
さらに、妊婦さんの実に半数以上が歯肉炎だそうで、歯周病菌は女性ホルモンを栄養分にして増えるため、妊娠中は女性ホルモンが増えるので歯周病や歯肉炎、口内炎など粘膜性の病気にかかりやすいと言われています。
つまり、赤ちゃんにカルシウム分を取られて虫歯になるということではなく、ホルモンバランスや生活習慣の変化によってかかってしまうということなんですね。

妊娠初期に多い歯のトラブルとつわりがひどい時のオーラルケアのコツ

虫歯の母子感染

さて、虫歯の原因はミュータンス菌という菌ですが、生まれたての赤ちゃんのお口の中にこの菌はありません。
ミュータンス筋は硬いところにしか生息できないため、歯がないと生きていけないからですね。
ですが、生後19ヶ月頃から31ヶ月頃までに感染して定着すると言われており、その原因は食事の際のお箸やスプーンなどを共有することなどによるものです。
主に母親からの感染がほとんどなので、母子感染と呼ばれており、お母さんのお口の中にこの菌が多ければ多いほどお子さんも感染しやすくなり、虫歯になりやすいそうです。
さらに、母子感染の時期が早いとお子さんは虫歯になりやすいと言われています。
たとえば、2歳になるまでに感染したお子さんに比べて、2歳以降に感染したお子さんの方が虫歯が少ないです。
特にこの感染のリスクが高まる時期が生後19ヶ月~31ヶ月までの間と言われており、この時期は十分に注意が必要です。
この時期にきちんと感染を防止できれば、虫歯をできにくくすることができるからです。
さらに、予防を行っておけばたとえ感染しても虫歯になりやすいものではなく、なりにくいミュータンス菌がお口の中に定着すると言われています。
ご自宅でとクリニックでの両方の予防により、ミュータンス菌を多く持っているお母さんであってもある程度の母子感染を防止できるのです。

赤ちゃんの歯はお腹の中で育つ

赤ちゃんの歯の芽は7週目頃にできはじめると言われており、この頃に赤ちゃんの大きさは11ミリ程度だそうです。
妊娠に気づく頃がこの頃で、妊娠4ヶ月にもなると石灰化という歯が硬くなる時期に入ります。
さらに、4ヶ月頃には永久歯の芽もでき始めるそうで、意外と赤ちゃんの歯の芽は早くから育つということになりますね。
お母さんはこの時期に赤ちゃんが歯を丈夫にできるよう、バランスの取れた食事を行うようにしましょう。

母子感染を防ぐには

・ビタミンAやリン、カルシウムなどをしっかり摂る

お母さんは健康な歯を維持するためにも、歯の石灰化に必要不可欠なリンやカルシウムを積極的に摂りましょう。
また、ビタミンA、C、Dも歯に大変重要な栄養なので、積極的に摂るよう心がけましょう。
糖分の多い炭酸飲料や常にアメをなめるなど、ダラダラ飲んだり食べたりすることは避けた方がいいでしょう。
糖分は虫歯の栄養分になるためお口の中に長時間糖分があると
虫歯菌にとって、住み心地のいい環境になってしまうからです。

・お母さんの虫歯治療

妊婦さんに虫歯治療が必要な歯があると、どれだけきちんと歯を磨いたとしてもお口の中はミュータンス菌が増殖しやすい環境のままですよね?
なので、赤ちゃんが19ヶ月になる前にしっかりと虫歯の治療を終えておきましょう。

・定期検診&クリーニング

安定期に入ったら定期検診を受けるようにしましょう。
生まれてくるお子さんのためにできる虫歯予防や歯周病予防のための指導も受けられますし、食育のアドバイスなどが受けられるクリニックもあります。
定期検診では歯科衛生士さんにしっかりと相談しましょう。
また、クリニックで定期的にクリーニングを受けることをおすすめします。
プロによる歯のクリーニングを行えば日ごろの歯磨きだけでは取り除けなかった汚れを除去でき、お口の中を汚れにくくしてもらえ、ミュータンス菌を減少させる効果があるからです。
お母さんの歯周病や虫歯のためにも、ぜひこのクリーニングを受けておいていただきたいです。

・おはしやスプーンなどを共有しない

赤ちゃんが産まれたらお箸やスプーン、コップなどを共有するのを避けましょう。
ミュータンス菌は唾液を通じて感染すると言われているため、口の中で噛んだ食べ物を食べさせることがなくても、お箸やスプーン、コップなどを共有することで感染するからです。

・キシリトール入りのガムを噛む

北欧のフィンランドでは出産後3ヶ月~2年までの間、1日に数回キシリトール入りのガムを噛むことで2歳児の母子感染率の低下を実現したそうです。
キシリトール入りのガムを噛むということはかなり効果が期待できるということですね。

【マザーズ歯科用】おすすめの歯科用品5選

まとめ

赤ちゃんが虫歯になるのはお母さんからの感染が原因・・というのは驚きですよね?
妊娠するとする前より虫歯になりやすいということをしっかり意識していただき、できる限り予防を行ってもらいたいです。
お口の中を清潔にしておけば赤ちゃんの歯や健康を守ってあげられるはず・・。
ご自分のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにもきちんとお口のケアを行いましょう。
お子さんが生まれて始めてクリニックに行く際、虫歯治療のためではなく歯磨き指導やフッ素塗布であればクリニックは怖い、痛いところだと思わないはずです。
そうすれば、クリニックに連れて行きやすくなるはずです。
ぜひ、赤ちゃんの大切な歯を守るためにできることから始めてみませんか?