妊娠後に出現する妊娠性歯周炎とは?

はじめに

妊娠すると歯周病や虫歯などのトラブルが起きやすくなると言われていますが、妊婦さんがかかる歯周病のことを妊娠性歯周炎と呼びます。
ここでは妊娠性歯周炎になる理由と予防法などについてまとめてみました。

妊娠性歯周炎とは

さて、そもそも妊娠性歯周炎とはどういう病気なのでしょうか?
あまり聞いたことのない言葉ですし、難しそうに感じますよね?
分かりやすく言うと、妊婦さんがかかる歯周病のことを言います。
妊娠している方や今後妊娠を計画している方にぜひ理解しておいてもらいたい妊娠性歯周炎について詳しくご説明しましょう。
まず、歯肉炎とは歯の表面に付いたプラークによって歯ぐきが赤くなり腫れているものを言います。
この段階ではまだ歯を支えている骨にまで炎症は及んでいないので、ブラッシングによりプラークをきちんと取っていれば歯ぐきの炎症はおさまってきます。
ですが、それが妊娠性歯周炎にまでなってしまうとプラークが原因となっていることは同様ですが、妊娠中特有のホルモンバランスの乱れによって炎症が一時的に強くなることがあります。
歯磨きによってプラークを取り除くことは可能で症状は軽くなりますが、いったん発症してしまうとコントロールするのは難しいと言われています。
ただ、ほとんどの場合出産後にホルモンバランスが整うと症状が軽くなるようですね。
妊娠するとつわりがあったりして歯磨きが妊娠前のようにきちんとできなかったり、甘いものが欲しくなったりするためお口の中の環境が悪化しがちです。
ですので、その日の体調と相談しつつ歯磨きできそうな時に行って甘いものもだらだらと食べるのは避けるようにしましょう。

妊娠性歯周炎の特徴

妊娠性歯周炎は妊娠時にホルモンバランスが変化するために起きる病気です。
この妊娠性歯周炎は妊娠初期に起きやすい病気です。
歯ぐきの腫れ程度ならブラッシングをていねいに行って食後きちんと磨く習慣をつけることで炎症はおさまってくるはずです。

妊娠性歯周炎の原因

・ホルモンの影響

さて、妊娠と歯周病との関係には女性ホルモンが深く関係している言われています。
妊娠すると血液の中の女性ホルモンが増えてしまい、その中でも特にエストロゲンというホルモンは歯周病菌を増殖させ、歯ぐきを形成している細胞を標的にすると言われています。
また、プロゲステロンというホルモンは歯ぐきの炎症の原因になるとも言われています。
こういった女性ホルモンは出産前に生理時の30倍にもなるそうなので、妊娠中期~後期にかけては妊娠性歯周炎が起きやすくなります。
ですが、プラークのない清潔なお口の中だと起きづらく、もし起きたとしてもすぐに治ると言われているため、常にお口の中を清潔にしておくことが大切なのです。

・つわりがある

妊娠すると始めの頃は特につわりがありますが、つわりがひどい方は歯磨き粉のにおいだけでも気分が悪くなったり、歯ブラシを口に入れるだけでも拒否反応が起きる方もいらっしゃいます。
そのような場合にはブラッシングがじゅうぶんにできないため、お口の中で歯周病菌が増えてしまい歯周病になりやすいです。
また、妊娠すると唾液の分泌量も減ってしまい、お口の中が酸性に傾きやすいので虫歯になりやすいです。
つわりのせいでブラッシングができなかったり、食べ物の好みが変わったりして歯によくなものを食べたり、だらだら食べたりすることが増えると虫歯や妊娠性歯周炎のリスクが高まります。
ですので、妊娠したらブラッシングをきちんと行ってプラークコントロールを行うようにしましょう。
また、出産後に重度の歯周病になってしまうこともあるので、出産したらプラークを除去するためクリニックで検診を受けましょう。
歯周病は30代後半になると重症化すると言われていますし、最近はその時期での出産が増えているため年齢を考えても注意が必要だと言えますね。

妊娠性歯周炎を防止するためには

妊娠性歯周炎は日ごろの生活習慣で予防できるものです。
今までの生活習慣を振り返り、改善できることがあれば行って病気を予防するようにしましょう。

・ブラッシング

もし、歯ぐきに炎症がある場合はやわらかめの歯ブラシを使ってブラッシングしましょう。
ただ、つわりがひどい時期には気分が悪くならないよう小さめの歯ブラシを使うことをおススメします。

・デンタルフロス

妊娠性歯周炎は歯と歯の間に溜まった汚れが原因になることが多い病気なので、歯磨き後にはデンタルフロスを使ってきれいにすることを習慣づけましょう。

・しっかり噛んで食べる

食事の時にしっかり噛んで食べるようにすると、お口の中をきれいにする唾液が大量に分泌されると言われています。
ですので、1回当たり30回は噛むように心がけましょう。
さらに、柔らかいものより硬いものを摂るようにすれば噛む回数も自然に増えるためおススメです。

・ストレスを溜めない

ストレスがたまると自律神経が乱れてしまい唾液の量が減少したり、免疫力が落ちたりするため歯周病が起きやすいと言われています。
妊娠するとつわりがあったり、身体が思うように動かないためストレスが溜まる方が多いです。
ですので、ショッピングや映画を見たり、趣味をしたりなどリラックスできる時間を増やすようにし、ストレスを溜めないように心がけましょう。

・クリニックでの定期検診

妊娠する前も妊娠してからも定期的に歯科検診を受診していると、歯科医師がきちんと指導してくれるため歯周病を予防できます。
ただ、体調がすぐれないのに無理に行く必要はありません。
体調がいい時に行くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠するとそれまでより虫歯や歯周病になる確率が高くなるのは間違いなさそうです。
生まれてくる赤ちゃんのための虫歯予防の指導も受けられますので、ぜひクリニックへ行っていただき歯周病や虫歯予防のためのケア法を指導してもらいましょう。
最近の女性はほとんどの方が妊娠しても働いているため、忙しいあまりお口のケアがおろそかになりがちです。
ですが、なるべく安定期に入ったらご自分だけでなく赤ちゃんのためにもクリニックで診てもらうようにしましょう!