妊娠前に完了させたい歯科治療とは

はじめに

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、お口の中でトラブルが起きやすくなると言われています。
その理由は女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促し、唾液を減少させるため虫歯になる危険性が高まります。
それに、つわりになると歯磨きするのがおっくうになるため、お口の中を清潔な状態に保ちにくくなります。
ただ、麻酔などを使わない歯科治療なら妊娠していても治療が受けられるので、安心して赤ちゃんを産むためにもご自分の健康のためにも、ぜひ早い段階でお口の中のトラブルを解決しておきましょう。

妊娠すると虫歯になりやすい理由とは

・ホルモンバランスが乱れる

妊娠前だと唾液が分泌されるためお口の中をきれいにする作用がありますが、妊娠するとホルモンバランスが乱れるため唾液の粘着性が高まり、食べもののかすが残りやすくなると言われています。
すると、お口の中が酸性に傾き細菌が増殖しやすい状態になります。

・つわりがある

妊娠すると最初のうちはつわりがあるので胃酸が逆流してお口の中が酸性になるため、歯が溶けやすい環境が出来てしまいます。
全ての妊婦さんがそうとは限っていませんが、つわりのせいで歯磨きできないという方もいらっしゃいます。
そういった理由で歯磨きしづらくなることから虫歯になりやすいのです。

妊娠すると歯周病になりやすい理由とは

・つわりがある

妊娠すると歯磨きをする回数も減るため磨き残しが増えてしまい、歯周病の症状が起こってくることがあります。
つわりがおさまってくる時期になってもお口の中の汚れがたまったままでいると、歯周病はさらに進行します。

・お口の中が酸性になる

さらに、お口の中が酸性になると虫歯になりやすいと言われています。
妊娠すると酸っぱいものを食べたくなるなど食べ物の好みが変わったり、食べる回数が増えたりなど食生活が変わる方多く、お口の中が酸性になりやすいです。
さらに、虫歯になるとその周囲に汚れが溜まりやすくなるため歯ぐきが炎症してしまい、歯周病になりやすいと言われています。

・ホルモンバランスが乱れる

妊娠するとホルモンバランスの分泌が盛んになると言われていますが、これは歯周病菌が活動しやすい環境を作りやすくするため、少しのプラークでや歯石があっても歯ぐきが腫れやすくなったり、炎症しやすくなったりします。

歯周病が赤ちゃんに与える影響とは

・低体重児出産

アメリカのある研究結果によれば、歯周病の妊婦さんは低体重児を出産しやすいと言われています。
そのリスクは歯周病でない妊婦さんと比べると7倍以上にもなるそうです。

・早産

また、早産のリスクも高まると言われています。
歯周病になるとサイトカインという成分が増加しプロスタグランディンという成分が分泌されるため、子宮が収縮しやすくなり早産になりやすいです。
歯周病が進行すればするほどこのサイトカインという物質が増加してしまい、この数値が高い妊婦さんほど出産時期が早まると言われています。

歯科治療の赤ちゃんへの影響

・基本的に影響はない

妊娠すると歯科治療を受けるのに不安を感じるお母さんが多いですが、一般的な歯科治療の場合は赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えていいでしょう。
逆にきちんと歯科治療を受けなかったことで、お母さんや赤ちゃんの健康に悪影響があるほどです。

・ほとんどの歯科治療は可能

ある一部の抗生物質を飲む必要があるもの以外、妊娠しても一般的な歯科治療は可能だと言われています。
妊娠初期でのレントゲン撮影や後期での歯科治療では細心の注意が必要ですが、さほど敏感になることもありません。
妊婦さんの体への配慮があれば歯科治療を受けることができます。
昔は子どもを産むと歯を失ってしまう・・などと言われていましたが、現在ではそういったことはほとんどありません。

妊娠する前に行っておきたい歯科治療

・インプラントなど外科的処置が必要な治療

ただ、歯周病外科手術やインプラントなど、緊急性が低い外科的な治療は妊娠する前に受けておいた方がよさそうです。
こういった治療では場合によっては痛みや腫れが長引いてしまい、長期間抗生物質を飲む必要があるからです。
つまり、赤ちゃんへの影響を考慮すると、出産が終わってから治療を受けた方が安心だと言えますね。

・親知らずの抜歯

次に、親知らずを抜く治療は他の抜歯治療と比べて痛みや腫れが起きることが多いと言われています。
つまり、長期間抗生物質を飲む必要があるため妊婦さんの親知らずの抜歯治療は避けた方がよさそうです。
妊娠は予測できないので、女性は早いうちに親知らずを抜いておいた方が無難でしょう。

妊娠中に歯科治療を受ける際の注意点

・問診票の記入について

現在妊娠何週目か、どこの産婦人科にかかっているか・・など、問診票に詳しく書くようにしましょう。
妊娠が判明していない方でも可能性があると書いたり、後日分かった場合はすぐに伝えるようにしましょう。

・レントゲン撮影

歯科治療の場合直接腹部にレントゲンを当てることはありません。
ただ、防護エプロンを付けて注意するべき点がいくつかありますが、胎児への影響はないと言われています。
なお、小さなフィルムのデンタル写真が一般的ですが、場合によってはパノラマ写真を撮ることもあります。
デジタルレントゲンだと通常の10分の1程度の線量なので安心ですので、心配なら前もってデジタルレントゲンがあるのかどうかを聞いておくといいでしょう。

・麻酔

歯科治療は一般的に局所麻酔で行われますので、母子ともに影響は全くないと言われています。
安心して治療を受けるといいでしょう。
ただ、治療中に気分が悪くなったら速やかにスタッフに伝えるようにしましょう。

まとめ

妊娠すると女性は体の状態がどう変わるか予想がつきにくくなり、妊娠後期につわりがひどくなるケースもあるため、歯科治療の計画を立てづらいものです。
ですので、安心して赤ちゃんを産むためにも妊娠する前や妊娠が判明した時点でお口の中を清潔に保つための準備を行いましょう。
また、生まれてくる赤ちゃんが虫歯にならないように、妊婦さんの歯周病や早産や低体重児出産などを避けるためにも、早めにクリニックでお口のケアを受けておくようにして下さいね!