妊娠中の虫歯治療とその方法について

はじめに

妊娠中に歯科治療を受けるに当たり最も気になるのは、治療の際に使う麻酔薬などが赤ちゃんにどんな影響があるのか・・ということでしょう。

 
ここでは妊娠中に虫歯治療を受けていいのかどうか、赤ちゃんへの影響、受けられる歯科治療などについて詳しくご紹介します。
もし、妊婦さんで歯科治療に不安を持っておられる方は読んでみて下さいね!

妊婦が受けられる虫歯治療とは

妊娠中でも虫歯治療は可能で、一般の方と同様の治療が受けられます。
レントゲンを撮って診断を受け、痛みがあれば麻酔をかけてしっかりと治療を行います。
特に妊娠中は唾液の量が減ったり、つわりがあったりするため虫歯になりやすいです。
とりあえず応急処置を行ってやり直しをするより、早めにしっかりとした治療を受けましょう。

虫歯を削り詰める治療

虫歯のせいで歯が黒くなったり欠けたりしたところは削り被せものや詰めものをし、出産間際に強い痛みが出ないようにしておきます。

歯の神経の治療

歯に強い痛みがあった場合には神経を治療する必要がありますが、
神経を治療している間そのまま放っておくと歯の根の中に細菌が入ってしまい抜歯することもあります。
妊婦さんが虫歯治療を受ける際にはお腹の張り具合やそれぞれの体調にもよりますが、楽な姿勢で治療を受けるようにしましょう。
妊婦さんは急に立ったりすると立ちくらみを起こしたり、トイレが近くなることがあります。
なので、治療椅子から立つ時はゆっくりと急がずに立ち、治療中でも気分が悪かったりトイレに行きたくなった場合には歯科医師にきちんと伝えるようにしましょう。

妊娠中に虫歯治療が受けられる時期とは

基本的に妊娠中は一般的な歯科治療が受けられない時期はありません。
妊娠中期であればほとんどの方が虫歯治療を受けられると言われています。
ただ、妊娠初期や妊娠後期は応急処置だけにしておく方が無難です。
特に妊娠初期の間は流産しやすいため、緊張や長時間の治療は避けた方がいいでしょう。
その場合には応急処置だけにしておき、後日安定期に入ってから治療を再開するといいでしょう。
歯周病の場合も虫歯の場合と同様、安定期に治療を受けることをおすすめします。
可能であれば出産までに治療を済ませておく方がベターです。
その理由は出産すると育児で忙しくなるためクリニックに行きづらくなり、症状がどんどん悪くなってしまうからです。
ですので、妊娠初期に一度歯の定期検診を受けておくといいでしょう。
また、妊娠中に歯の治療を受ける際には母子手帳を必ず持っていくようにしましょう。
そうすれば、クリニック側も妊婦さんの健康状態を把握できるからです。
また、妊娠初期の間は飲み薬を飲む際には注意が必要です。

妊婦さんが避けるべき治療とは

親知らずの抜歯

親知らずを抜くと人によっては痛みや腫れが強く出る場合があるので、そうなると抗生物質や痛み止めなどを長期間飲まなければならなくなるため避けた方が無難です。
女性の方はできれば親知らずを早めに抜いておくといいでしょう。

外科的処置

インプラント治療や歯周病の外科的手術など、積極的に妊娠中に受ける必要がない外科的処置については治療は避けましょう。
インプラントは痛みや腫れのほとんどない治療と言われていますが、人によっては長期間薬を飲む必要があります。
できれば妊娠する前か授乳後に行うようにしましょう。

妊娠中に虫歯治療を受ける際の注意点

妊娠中に虫歯治療を受けても赤ちゃんに悪影響はありませんが、ここでは赤ちゃんへの治療の安全性についてお教えします。

  1. 麻酔

    虫歯治療を受ける際に使うのは局所麻酔ですが、胎盤を通して赤ちゃんに麻酔が届いてしまうことはないと言われています。
    歯科治療で最も使われている麻酔薬はキシロカインというもので、これは無痛分娩などにも使われているため安心でしょう。
    もし、どうしても治療に麻酔が必要な場合でもこういった麻酔薬を使うため心配する必要はなさそうです。

  2. レントゲン

    虫歯治療の種類によってはレントゲンを撮る場合もあるので、その場合赤ちゃんへの被爆が気になるところです。ですが、レントゲンを撮る時には専用エプロンを付けて被爆を避けますし、撮影箇所も口だけなので影響は最小限だと言えるでしょう。

  3. 鎮痛剤

    治療後痛みを抑えるために痛み止めが出されることもありますが、痛み止めの中には妊婦さんは使えないものがあるため注意しましょう。
    たとえば、強力な鎮痛作用があるボルタレンは死産の原因となることもあるため、妊婦さんへの処方が禁じられています。さらに、ロキソニンも鎮痛剤で知名度が高いですが、妊娠後期での使用が禁じられています。
    治療前に妊娠していることを伝えれば、カロナールという安全な鎮痛剤が処方されるため心配する必要はありません。このカロナールは赤ちゃんに何か問題があったという報告は未だなされていません。

妊娠中のお口のケア

では、妊娠中にできるだけ虫歯にならないように、日ごろから行えるケアにはどういったものがあるのでしょうか?
まず、丁寧に歯磨きすることが重要です。
つわりのせいで歯磨きがつらい場合には歯磨き粉を使わず磨いたり、ヘッドが小さめの歯ブラシを使う、前かがみの状態でかき出すような感じで磨くと楽でしょう。
さらに、日常生活においてもバランスのいい食事を心がけ、だらだら食べないようにしましょう。
赤ちゃんの歯の芽を育てるためにも歯を形成するのに必要なカルシウムやビタミン、タンパク質などを積極的に摂るようにしましょう。

まとめ

妊娠期間は長期間に及びますし、妊娠している間は唾液が減ったりつわりがあったりとお口の中の状態が悪くなってしまいますので、虫歯のリスクが高まります。
妊娠していても虫歯治療は可能なので、痛みを我慢せずクリニックを受診しましょう。
また、妊婦さん向けの無料歯科検診を行っているクリニックもあるようなので、そういったところを選ぶといいですね。
特に30代後半になると歯周病になるリスクも高まるため、この年齢に該当する妊婦さんは特に注意しましょう。
何も症状がなくてもつわりがおさまったら一度プロにお口の中をチェックしてもらい、お口の中をキレイにして出産に臨みましょう。