お子さまの歯ぎしりの原因と悪習慣

はじめに

お子さんが歯ぎしりをしていると大丈夫かな?と不安に思う方も多いはず・・。

 
ですが、実際にはお子さんの歯ぎしりはさほど珍しいことではない・・と言われています。
では、どの程度のお子さんが歯ぎしりをしているのでしょう。
ここではお子さんの歯ぎしりの原因や歯ぎしりの治療法などについてお教えしたいと思います。

 

お子さんの歯ぎしりの原因とは

歯ぎしりは大人の方よりお子さんに多く見られ、14~22パーセントものお子さんが寝ている間歯ぎしりをしているとも言われています。
大人も含め、歯ぎしりの原因は未だはっきりとは解明されていないようですが、ストレスが関係していると言われています。
ですが、お子さんの場合にはストレス以外にも噛み合わせと深く関係しているそうです。

赤ちゃんの歯ぎしりは歯が生え始めた頃に始まります。
赤ちゃんは生えはじめの歯を歯ぎしりによって動かすことであごの位置を決定づける・・と言われており、おしゃぶりや指しゃぶりなどと同じくくせの一種と言えるでしょう。
さらに、大きくなったお子さんの場合永久歯へ生え変わることが関係しているようです。
人間の歯が永久歯へ生え変わるのは7~12歳頃で、小さいうちは乳歯と永久歯が混ざり合っていますが、永久歯が全て生え揃わないことには噛み合わせが安定しないので歯ぎしりによってバランスを保っていると考えられています。
さらに、小さいうちは成長とともにあごが大きくなるため、乳歯と永久歯とを比べると歯が生える位置が変わってきます。
つまり、お子さんは歯ぎしりによって永久歯が生える位置を調整している・・と言ってもいいでしょう。
永久歯が生え揃う前のお子さんの歯ぎしりは成長に大切なものですので、特に心配する必要はなさそうですね。

歯ぎしりよる悪影響とは

お子さんの歯ぎしりは上でも書いた通り、さほど問題にはなりません。
乳歯が抜け永久歯が生える際に、無意識に歯の噛み合わせを調整しようと行っている場合がほとんどです。
ですが、次のような治療する必要があるものも中にはあるため注意しましょう。

6歳を過ぎても治らない

特に、乳臼歯が生える頃や永久歯に生え変わる頃に歯ぎしりをするお子さんが多いです。
この歯ぎしりは噛み合わせを調節しつつ永久歯が生える空間を確保するため、無意識のうちに行っていると言われており、いわば正常に成長しているということです。
ですが、永久歯が生え揃う頃になってもまだ歯ぎしりが続いている場合には他の原因が隠されていることがあるため、クリニックで相談した方がいいでしょう。

虫歯や歯周病になる

歯ぎしりの原因となっている歯並びの乱れは決まった歯だけに負担をかけていると言われています。
ブラッシングだけではプラークを取り除きにくく虫歯になりやすいです。
さらに、小さなお子さんであっても歯周病を引き起こしてしまうことがあり、最悪歯が抜け落ちてしまうこともあります。永久歯の場合には取り返しがつかないので、早めにクリニックを受診しましょう。

歯の神経に悪影響が出る

あまりにひどい歯ぎしりが続いてしまうと、神経が強い圧力に耐えることができなくなり壊死や炎症が起きる場合があります。
壊死した神経を放置しておくと細菌感染により壊疽になってしまい、歯ぐきが痛み出したり腫れたりすることがあるため、早めに治療を受けましょう。

歯ぎしりをするお子さんの悪習慣

では、歯ぎしりをするお子さんの悪習慣にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、口呼吸が挙げられます。
最近、口呼吸は体調だけでなく、歯ぎしりにも影響していることが分かってきました。
さらに、食事や姿勢なども歯ぎしりに関係しているというから驚きですね。

お子さんの歯ぎしりの治療法

お子さんの歯ぎしりのほとんどは成長に伴う自然なものがほとんどです。
これらは成長に必要なものなので治療する必要はないと言われています。
ほとんどの歯ぎしりは成長するに従って自然に治っていきますが、永久歯に生え変わっても歯ぎしりが治らないとまた話は変わります。
歯ぎしりがずっと続くとあごの関節や歯などに障害が出ることもあるからです。
たとえば、顎関節症や歯の破損、口を開けにくくなる・・などが起こります。
その他にもあごにあまりに力がかかってしまうため、頭痛や肩こりの原因になったりもします。
そのような場合にはクリニックへ行って診てもらうようにしましょう。

マウスピースを使った治療法

マウスピースは即効性のある治療法の一つで、使い方としては夜寝る時に装着しますが、とりあえず歯ぎしりはおさまります。
このマウスピースは市販されているものではなく、お子さんのお口にぴったりのものをクリニックで作ってもらいます。
最初のうちは違和感があるでしょうが、すぐに慣れるので安心です。

歯科矯正

歯並びの悪さや噛み合わせが原因で歯ぎしりをしていることがあります。
この場合には歯科矯正を行うことによって治ることもあります。
ですが、歯科矯正はすぐにはできないため、長期間かけて治していかねばなりません。

精神的ケア

精神的ストレスがお子さんの歯ぎしりの原因になっている場合はマウスピースでおさまっても根本的に解決したとは言えません。
寝ている間に歯ぎしりを行うことでストレスを解消しているということなので、起きている間にお子さんのストレスや不安感を和らげてあげるようにしましょう。
また、寝る前はリラックスして眠れるような雰囲気づくりも大切です。
そうすればきっとお子さんは安心して眠れるようになるため歯ぎしりもおさまってくるはずですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お子さんの歯ぎしりは基本的にさほど心配する必要はないですが、中には治療が必要な場合もあるようです。
特に歯並びが関係している場合には全身にまで悪影響が及ぶと言われていますし、精神的に健やかに成長する妨げになることもあります。
特に問題ない歯ぎしりの場合には放っておいても自然に消えていきますが、クリニックでの治療が必要な場合にはできるだけ早く受診することをおすすめします。
歯ぎしりはお子さんからのサインだと考え、適切な対応をしてあげてくださいね!