妊婦さんが安全に治療を受けるための基礎知識

はじめに

妊娠するとお口の中の環境が悪化する・・とよく耳にしますが、その原因はホルモンバランスの乱れによるものだと言われています。
妊娠中にもし虫歯になってしまったら虫歯治療を受けることはできるのでしょうか?
ここでは妊婦さんが虫歯治療できるのかどうかや赤ちゃんへの影響、妊娠中に歯科治療を安全に受けるための知識などについてまとめてみました。
妊娠中の歯科治療について不安をお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね!

妊婦さんが受けられる歯科治療

虫歯治療

妊娠中であっても虫歯治療は可能で、妊娠していない時と同様治療が受けられます。
レントゲンと撮って診断してもらい、痛みがあれば麻酔をかけてしっかり治療を受けることができます。
特に、妊娠中は唾液の分泌量が減り虫歯になりやすいと言われていますので、応急処置をした後でやり直すより早めにしっかりと治療を受けた方がいいでしょう。

虫歯を削り詰めものを詰める

虫歯により歯が黒くなったり、欠けたりした時にはその部分を削って被せものや詰めものをしますが、出産間際に痛みが強くならないように前もって治療を受けておきましょう。

神経の治療

強い痛みが起こった場合には神経を治療することがあります。
神経を治療している間放っておくと根っこの部分に細菌が侵入し歯を抜く必要が出てきます。

妊婦さんが避けた方がいい歯科治療

親知らずを抜歯する

親知らずの抜歯は抜歯した後痛みや腫れが強く出る場合があります。
その場合痛み止めなどを長期間飲む必要があったりするため、親知らずの抜歯については避けた方が無難です。
できれば女性は早めに抜歯しておいた方がいいでしょう。

歯科治療の赤ちゃんへの影響

妊婦さんが一番気になるのは妊娠中に受ける歯科治療の赤ちゃんに対する影響でしょう。
妊娠中に歯科治療を受けても赤ちゃんに悪い影響があることはないようです。
ここでは赤ちゃんへの歯科治療の安全性についてまとめてみました。

レントゲンでの影響

歯科治療は場合によっては大きな写真を撮る必要があります。
この時、赤ちゃんへの被ばくの心配がありますが、これも特に問題なさそうです。
レントゲンを撮影する際には被ばくを防止するためのエプロンを体に巻いて撮影しますし、口だけしか撮影しないため影響は最小限で済むからです。

麻酔の影響

虫歯治療で使用されるのは局所麻酔ですが、局所麻酔が胎盤を通じて赤ちゃんに届いてしまう心配はありません。
さらに、歯科治療で使われている麻酔薬はキシロカインというもので、これは無痛分娩の際にも使用されているものなので心配ないと言われています。
場合によっては麻酔がどうしても必要なことがありますが、安心な麻酔薬を使っているので大丈夫です。

 

鎮痛剤の影響

治療後痛み止めが処方されることもありますが、この鎮痛剤の中には妊婦さんには使えないものもあるため、前もって妊娠していることを伝えておきましょう。
たとえば、強い鎮痛効果があるボルタレンは死産の報告があるため、妊婦さんに使うことは禁じられています。
さらに、ロキソニンも鎮痛剤として知られていますが、妊娠初期のうちは使うことが禁じられています。
妊娠していることを伝えておけば、カロナールという安全な鎮痛剤を処方してくれるはずですよ。

いつから治療が受けられるの

では、妊娠するといつから歯科治療が受けられるのでしょうか?
妊娠すると体調がかなり変化するため、できるだけ安定期に入ってから治療を受けましょう。
妊娠初期はつわりで気分が悪いことが多いので、何か治療を受ける場合でも応急処置程度にしておきましょう。
安定期とは妊娠5~7か月頃のことを言いますが、この頃なら歯科治療による胎児の影響も出にくいため、歯科治療に最適な時期と言われています。
妊娠8か月を過ぎると赤ちゃんが育ってお母さんに負担がかなりかかるため、応急処置程度にしておき出産後に治療を改めて受ける方が安心です。

治療を安全に受けるための注意点

  1. 妊娠していることを伝える

    母子手帳を持って行くのを忘れた時やまだお腹が大きくなっていない時などは歯科医師が気づかないため、しっかり自分自身で妊娠していることを伝えましょう。
    また、産婦人科で注意されていることなども必ず伝えるようにしましょう。

  2. 母子手帳を持って行く

    母子手帳に書かれていることは歯医者さんにとって大変重要なので、忘れずに持って行くようにしましょう。また、母子手帳には妊娠中と産後の歯の状態というページがあるので、治療内容だけでなく治療経過や検診や予防の結果などをクリニックで書いてもらうことによって、産後のお口のケアにも役立つはずです。
    なお、自治体によっては妊婦歯科検診の費用について助成があることもあるため、母子手帳は毎回必ず持参するようにしましょう。

  3. 体調に合わせて治療を受ける

    歯の健康がいくら大事だからと言って、つわりがつらい時や精神状態が不安定な時に無理に歯科治療を受けるのは避けましょう。
    治療中につわりでつらくなった時には休憩させてもらうなど、体調に合わせて治療を受けましょう。

  4. 楽な体勢で治療を受ける

    お腹が大きくなればなるほど仰向けで治療を受けるのがつらくなります。
    長時間つらい姿勢のままでいると動悸や吐き気、血圧低下や息切れ・・などの原因になります。歯医者ではそういった点を考慮して椅子を起こした状態で治療を行うようですが、それでもつらい場合には赤ちゃんのためにも我慢したりせず、つらいということを伝えるようにしましょう。

  5. トイレは我慢しない

    妊娠するとトイレがどうしても近くなりますが、クリニック側もそのことは知っていますので治療中であっても我慢するのはやめましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
妊娠するとホルモンバランスが崩れるため、お口の中の環境が乱れてしまいトラブルが起きやすいです。
歯科治療は赤ちゃんに悪い影響を与えないため、出産前にきちんとお口の中の環境を整えておきましょう。
お母さんは自分だけでなく赤ちゃんの命を守る存在です。
生まれてくる赤ちゃんのためにも安全に歯医者さんで安全に治療を受けていただき、お口の健康を守ってくださいね!