大切なお子さまが虫歯になったときにしておきたいこと

 

はじめに

お子さんに虫歯ができた時早めにクリニックに連れて行くのは当然ですが、その前にどういったことをすればいいのか迷うものです。
ここではお子さんが虫歯になった時にしておきたいことをご紹介致しますので、クリニックに行く前のご参考になさっていただけるとうれしいです。

お子さんの虫歯について知っておくべきこと

乳歯は白いので見つけづらい

お子さんの歯は大人のような黒くならず白いことが多いため、進行しても気づかないことが多いです。
黒いものはゆっくりと進む虫歯で、白いものは早く進む虫歯だと言われています。
乳歯は永久歯と比べると柔らかいため進むのが早いそうです。

歯と歯の間にできやすい

お子さんの虫歯ができやすいところは奥歯の歯と歯の間だと言われています。
その部分は一見分かりづらく虫歯が進んでしまっていても見つけることができにくいため、気が付くと穴が開いてしまっていることが多いです。
また、この部分は汚れが詰まっているのでデンタルフロスを使用しないと取りづらいです。
クリニックに連れて行ってレントゲン撮影をして初めて気づく・・ということが多いようです。

痛みが出づらいため進行に気づかない

お子さんは大人と違って痛みの感覚が発達していないため、痛みがあってもなかなか気づかないものです。
なので、痛みで気づくより穴が開いてしまってそこに食べもののカスが詰まり、歯ぐきが腫れて気づくことが多いです。
痛みについてもあったりなかったりするため、お子さんが痛みを訴えても次の日には引いてしまって見逃すこともあるようです。
ですので、食事の際や仕上げ磨きを行う時など、ちょっとしたお子さんの変化を見逃さないようにしましょう。

エナメル質が薄い

歯の表面にあるエナメル質は体の中で最も硬いと言われていますが、乳歯のエナメル質は大人の半分の薄さしかないため虫歯が進むのが早いそうです。
お口の中では食事をするごとに脱灰と再石灰化が繰り返し行われており、虫歯がまだエナメル質の部分だけなら再石灰化により治ってしまうことが多いです。
ですが、その下にある象牙質まで達してしまうと虫歯は急激に広がっていくと言われています。

食事の変化で虫歯の進行が早い

お子さんは発育するにつれ味覚が変化します。
母乳から離乳食・・普通食へ行くほど味覚が発達して味を覚えていくと言われています。
甘いお菓子などを与えすぎるとその量も増えていき、歯を溶かしてしまうスピードが速まるため虫歯が進みやすくなります。

乳歯はすぐに神経にまで進行する

乳歯の神経はエナメル質と象牙質の厚みが薄く大きいため、虫歯になってしまうと神経にまですぐに達すると言われています。
乳歯は永久歯になる際に神経があることで根っこを溶かし、生え代わりをスムーズに行うそうです。
ですので、乳歯の神経は大きくなっていて虫歯になってしまうと神経にまですぐに達するのです。

お子さんが虫歯になった時にすべきこと

口の中を清潔にする

お子さんが歯の痛みを訴えた時は、まずお口の中を清潔にしてあげましょう。
歯は不揃いや隙間が多いので、大人の歯と比べて食べ物が詰まりやすくなっています。
硬い食べもののカスが歯の隙間に詰まってしまうと、歯の神経が圧迫されるため痛みを感じるのです。
さらに、知覚過敏や虫歯により細菌や汚れが患部を刺激し、痛みを起こしているかもしれません。
ですので、お子さんの口の中の状態をチェックしどの部分が痛いののかを確認してあげてください。
何か挟まっていないか、炎症や虫歯などがないか・・などを見てあげましょう。
もし、食べものが詰まっていたら歯ブラシなどを使ってお子さんの歯ぐきが傷つかないように優しく取り除いてあげて下さいね。
さらに、丁寧に歯磨きをした後すすぎをしっかりと行って、お口の中を清潔な状態に保ってあげましょう。
軽い歯の痛みの場合には歯磨きだけで治ってしまうこともありますが、歯ぐきの炎症や虫歯、原因不明の歯の痛みなどがあった場合にはクリニックに連れて行く方がいいでしょう。

ほおを冷やしてあげる

患部が温まってしまうと痛みが増強されるため、痛みが収まるまではほおを冷やしてあげましょう。
貼る冷却シートなどを使って冷やしてあげるといいでしょう。
冷却シートはお子さんが熱を出した時などにも便利なので常備しておきましょう。
この対処法は薬を使わないため安心して行えるものですが、あまり冷やし過ぎるのは避けましょう。
お子さんのほおをあまり冷やしすぎると刺激が強すぎるため、気持ちのいい冷たさを心がけてあげてくださいね!

小児用鎮痛剤を使ってみる

もし、お口の中を清潔にしてあげても痛みが収まらない場合には子ども用の解熱鎮痛剤を使ってみましょう。
この解熱鎮痛剤とは発熱や筋肉痛などさまざまな症状に使用できるため、日ごろから常備しておくと安心できます。
ただ、大人用とでは成分の配合量などが全く違うため使用するのは危険です。
お子さんはまだ成長が未熟で薬の感受性が高いので大人の薬で代用するのは避けましょう。
特に、アスピリン系の薬は15歳以下のお子さんに使うとライ病など思い副作用などが起こることがありますし、胃の粘膜を荒らすこともあるため使わないようにしましょう。

休日。夜間診療を利用する

もし、お子さんがクリニックの診療時間外に痛みを訴えた場合には土日や祝日に診療しているクリニックを探すのも方法です。
ただ、夜間に虫歯が痛くなった場合には応急処置をした後、クリニックが診療時間になるまで様子を見ることになります。
どうしてもお子さんが痛がって眠れないなどであれば、休日・夜間診療医療機関を受診する方がいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
お子さんの虫歯は進行が早いため痛み出してからでは手遅れになってしまうことが多いです。
ですので、信頼できるかかりつけのクリニックを見つけておき、虫歯になってから行くのではなく、虫歯を作らないために定期的に連れて行くようにしましょう。
そうすれば、お子さんも歯医者さんを怖がらないはずですよ。
ぜひ、お子さんが虫歯にならないように気を付けてあげて下さいね!