赤ちゃんの歯の健康を守るためにママ気を付けるべき注意点

はじめに

赤ちゃんの歯が生え始めたらどうやってケアすればいいのか、どういう点に注意すればいいのか・・など、心配なママは多いでしょう。
赤ちゃんの歯は大人の歯と比べるととてもデリケートですが、実際に赤ちゃんの歯をケアするには家族のお口のケアが重要です。
虫歯菌は家族から赤ちゃんにうつると言われています。
ここでは赤ちゃんの歯のケア法や注意するべきことなどをまとめてみましたので、ぜひご参考になさってみてください!

赤ちゃんの歯のケアはいつから?

一般的に、赤ちゃんの歯は生後半年頃から生え始めると言われています。
赤ちゃんの歯のケアについては乳歯が生え始めると同時に行うのが望ましいです。
乳歯が虫歯になったとしても永久歯になるからケアはそれからでいい・・などと考えるのは危険です!
歯磨き嫌いなお子さんにならないようにするためにも早めに習慣づけておきましょう。

赤ちゃんの歯のケア法

赤ちゃんの歯磨きは朝と晩2回行いましょう。
ママが食後毎回歯磨きするのですから、赤ちゃんもそれと同じです。
それぞれのご家庭で事情が違っているでしょうが、赤ちゃんは自分でうまくブラッシングできないのでご家族がやってあげましょう。
最初はガーゼや綿棒などで歯を拭くことから始めてみて下さいね。
まずは口の中にものが入ることから慣れさせます。
次に、前歯が生えてきますのでガーゼを使ってケアしてあげましょう。
このケア法については後でご説明します。
その後、歯ブラシを持たせて磨くようになるでしょうが、仕上げ磨きは家族がやってあげましょう。
この仕上げ磨きをいつまでやってあげるのかと言いますと、それは自分できちんと磨けるようになるまで・・つまり、小学校高学年まででしょう。
それだけ仕上げ磨きは重要だということですね。

ガーゼを使った歯磨きの方法

では、ガーゼを使った赤ちゃんの歯磨き法をお教えしたいと思います。
最初から大人と同様歯ブラシで磨くと赤ちゃんがびっくりしますので、まずはガーゼを使って楽しみながら優しく磨いてあげるといいでしょう。
歯磨きの習慣は虫歯菌を取り除くのに大切ですが、生後6か月頃まではミルクや離乳食しか食べないので虫歯にはなりにくいでしょう。
さらに、赤ちゃんは唾液を分泌させることで虫歯を予防しています。
あまり必要以上の心配をすることなく、歯ブラシを使って歯磨きを始める準備としてガーゼを使ってきれいにしてあげましょう。

ガーゼ磨きの手順

ガーゼ磨きを始めるタイミングとしては下の前歯が2本生えてきた頃がいいでしょう。
人差し指にガーゼを巻き行っていきます。

  1.  ミルクや離乳食の後に白湯やお茶を飲ませ、口の中を清潔にします。
  2.  家族が赤ちゃんを仰向けにひざの上に寝かしましょう。
  3.  ガーゼを水やぬるま湯で濡らしましょう。
  4.  汚れをやさしく拭いていきます。

 

ガーゼ磨きの注意点

初めてガーゼ磨きを行う時は誰でも緊張するはず。
ここでは赤ちゃんのお口の中をガーゼ磨きする際の注意点について書いてみましょう。
まず、赤ちゃんがガーゼを飲み込まないように注意しましょう。
さらに、口の奥まで指を入れすぎないようにして上唇の裏の中央のすじの部分を傷つけないよう注意しながら行っていきます。

赤ちゃんが嫌がる時は?

でも、赤ちゃんがガーゼ磨きを嫌がることもあるでしょう。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?
赤ちゃんがガーゼ磨きを嫌がった時には無理に行わず、楽しくスキンシップできるようにしましょう。
最後まで嫌がらずにできたら十分にほめてあげることも大切です。
磨く側も義務感ではなく赤ちゃんと一緒に遊ぶ感覚でやってみましょう。
歯磨きはスキンシップの一部ですので、おしゃべりや歌を歌いながら行うのもおススメです!

赤ちゃんの歯を守るための注意点

家族の虫歯がうつらないようにする

 

みなさんはミュータンス菌という言葉を聞いたことはありませんか?
このミュータンス菌とは虫歯の原因になる細菌の一つで、食べかすや甘いものが反応してプラークになり、酸を作り歯を溶かしてしまうものです。
虫歯菌は歯の表面に付着するので、歯がない赤ちゃんは口の中に入ったとしても棲みつくところがないため影響がありません。
実際に生まれたての赤ちゃんのお口の中を調べると、虫歯菌は全くないそうです。
それではなぜ虫歯になるのかと言うと、何かのきっかけで家族から赤ちゃんの口の中に虫歯菌がうつってしまうからです。
ミュータンス菌は唾液を通じて赤ちゃんにうつるとされているため、まずは家族一人一人が虫歯を治療し常に口の中を清潔にしておくことが大切です。
また、赤ちゃんを虫歯菌から守るにお箸やスプーンなどを共有しないようにしましょう。
食べ物を口移ししないことも重要です。
なお、子どもの虫歯の三大要素は糖類、虫歯菌、歯の質だと言われています。
赤ちゃんは生まれつき歯の質が強い小や弱い子などさまざまです。
歯が弱いかもと歯科検診などで言われたご家族もいるでしょう。
そういった場合にはカルシウムの多い食品をしっかり摂って、歯の質を強くしてあげるよう心掛けましょう。
また、クリニックでフッ素塗布をしてもらうのも効果があります。

歯科検診はいつ頃から?

自治体での歯科検診は1歳半に行われるため、そこで初めて受ける赤ちゃんがほとんどです。
最初赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいなくても、日ごとにリスクが高まっていくもの。
それぞれの赤ちゃんに応じた予防をプロが行ってくれるため、1歳半を過ぎたら歯科検診を受けさせてあげましょう。
ミュータンス菌の有無を検査してもらったりすることも重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
最近日本ではお口の中のケアやフッ素塗布などに関心が高っており、虫歯の数が減ってきていると言われています。
歯周病や虫歯は知識さえあればかからずに済む病気だと言えるでしょう。
つまり、赤ちゃんの歯を守る上で注意すべきことは家族がきちんとした知識を持ち、日ごろから赤ちゃんのケアを行ってあげることです。
ここでご紹介したことを参考にしていただき、赤ちゃんの歯をご家族皆さんで守ってあげて下さいね!