身体だけじゃない!「妊娠中に口の中で起こっている変化」について

はじめに

妊娠するとお口の中に変化が起きることをご存じですか?

妊娠中は口の中が乾きやすくなったり、味覚に変化があったり、ねばつく感じがしたり・・と変化があります。

体の変化と同様、違和感を感じる妊婦さんは多いようですね。

 

妊娠中はホルモンバランスの影響により、細胞や免疫、血管などに変化があり、唾液の分泌量なども変わってくると言われています。

そのため、妊婦さんは歯周病虫歯にかかりやすくなるそうです。

ここでは、妊娠中のお口の中で起こっている変化や、歯科治療での注意点などについてご紹介しましょう。

 

妊娠中のお口の中の変化

ケアがおろそかになり衛生状態が悪化する

妊娠初期ではほとんどの妊婦さんがつわりを経験しますが、これには個人差があって軽度のつわりから脱水症状を起こすほどひどいつわりの方もいます。

あまりにつわりがひどい場合には歯ブラシを口に入れるだけでも吐き気がひどく、歯磨きをするどころではない・・という方もいるようですね。

 

さらに、妊娠初期からだんだんお腹が大きくなっていくにつれて日常での動作が緩慢になっていくため、歯磨きなどちょっとした動作もおっくうになりがちです。

妊娠前にはきちんと歯磨きを毎食後行っていた方でも妊娠中はその回数が減ってしまったり、時間が短くなってしまうのも無理はないでしょう。

 

ですが、せっかくの歯磨きの習慣が妊娠したことでいい加減になってしまうのはもったいないですよね?

妊婦さんの歯周病や虫歯が多い理由の一つはこういったお口の中の清掃状態の悪化によるものだと言われています。

 

妊娠中は唾液が変化する

唾液には消化吸収を助ける他にさまざまな効果があると言われています。

たとえば、食べもののかすを洗い流す効果や、酸性に傾いた口の中を中性にする効果、病原菌に対して抵抗する効果・・などですね。

さらに、唾液の中にはカルシウムがあり、これによって歯が再石灰化することによって初期虫歯を修復する効果もあるというから驚きです。

 

このように、唾液はお口の中を健康に保って歯や歯ぐきのことを常に守ってくれているのです。

さて、妊娠中は唾液に変化が起きるため、歯周病や虫歯になりやすいことが分かりました。

唾液の量が減ってしまう方が多く、妊婦さんが口の中が乾きやすいのはこのせいだと考えられます。

唾液の量が減ってしまうと、さまざまな効果が弱くなり歯周病や虫歯が増えてしまうのです。

それに、妊婦さんの一部では唾液が酸性に傾くため、そういったことによっても虫歯になりやすくなるのです。

 

時期別お口の中の変化

妊娠初期

妊娠したことで女性ホルモンが増えるためお口の中の状態がかなり変わる時期で、唾液の分泌量が減りトラブルがおきやすいです。

なお、妊娠していても治療できますが、初期の妊婦さんはつわりがひどいことが多いのでトラブルにならないよう注意が必要です。

また、虫歯予防にはフッ素が入った歯磨き粉がおすすめですね。

なお、この時期は歯周病になりやすく口臭が起きやすくなり、口内炎や虫歯にかかりやすいです。

 

妊娠中期

次に妊娠中期は食べられる量が少なくなるためお腹がすいている状態が多くなるので、食べる回数が増えるようです。

妊娠中は上でも書いたとおり唾液の量が減って自浄作用が弱まるので、食後の歯磨きが大切になります。

歯磨きの基本を再認識してリスク軽減に努めましょう。

 

妊娠中期は体長が安定していることが多いので、歯科治療はなるべくこの時期に受けるといいでしょう。

後期になるとお腹が大きくなるため、仰向けの状態で治療を受けるのが大変だからです。

もし、お口の中のことで悩みや疑問があればこの時期に相談するといいでしょう。

 

妊娠後期

この時期は出産準備や日々の家事や仕事で忙しくなるため、つい歯磨きがいい加減になりがちです。

お母さんのお口の中の状態が悪いと赤ちゃんにも細菌をうつしてしまうことがあので、出産準備と同時にお口の中の健康にも気を配りましょう。

 

妊娠中の歯科治療で注意すること

妊婦歯科検診

妊娠中は歯周病や虫歯にかかりやすい上、初期状態だと気付かないものです。

つわりがおさまった頃にぜひ歯科検診を受けていただき、体調が安定した妊娠中期頃には歯科治療を済ませておきましょう。

 

妊娠中の歯科治療

この時期の歯科治療での注意点は母子健康手帳を提示し、産婦人科医から注意を受けていることを歯科医師に伝えましょう。

できる限り楽な状態で治療を受け、気分が悪くなった場合はすぐに申し出ましょう。

 

エックス線撮影

歯科治療でよく使われているエックス線の放射線量は微量ですし、照射する部位も子宮から離れているためほとんど胎児に影響はないと言われていますが、妊娠していることを必ず伝えるようにし、防護エプロンを着用するようにしましょう。

 

麻酔の使用

通常、歯科治療には麻酔が使われますが、局所麻酔なので使用する量も微量のため胎児に影響はないと言われています。

痛みを我慢して治療を受けるのは胎児にもお母さんにもストレスになるので、安定期になると使用した方がいいとも言われています。

ただし、歯科麻酔薬で以前トラブルがあったこともあるため、効きが悪くて多量に使った経験がある妊婦さんの場合には歯科医師と相談した方がいいでしょう。

もし、不安が大きい場合には出産後に治療した方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

妊娠中はホルモン変化によって唾液の分泌量が減ってしまい口の中の防御力が低下して酸性に傾くため、歯周病や虫歯のリスクが高くなると言われています。

妊娠中の虫歯治療は負担があるかもしれませんが、使用する麻酔の量は微量なので胎児には影響しませんし、レントゲンもちゃんと防護エプロンをつければ問題なさそうです。

出産すると赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、妊娠中にできるだけ歯科医院で治療を受けておいた方がいいでしょう。

 

歯磨きだけで取り除けないプラークはデンタルフロスやクリニックでのクリーニングでキレイにしておき、常にお口の中を清潔にしておきましょう!

お母さんがお口の中をキレイにしておくことできっと赤ちゃんも健康に育つはずですよ!