妊娠性による歯周病の対策について

みなさんは妊娠期間中に歯周病にかかるとどれだけリスクがあるかご存じでしょうか?

 
妊婦さんが歯周病にかかっていると、早期低体重児を出産するリスクが7倍にアップする・・とアメリカのある調査で報告されています。
この早期低体重児出産とは妊娠37週未満に2500g以下の赤ちゃんを出産することを言います。

月経や妊娠で分泌される女性ホルモンは、血液によって歯と歯ぐきの間にある溝に届き歯周病菌を増やすという特徴があり、各自治体などが妊婦さんに歯科検診を勧める理由は歯周病にかかっているかどうかをチェックするためなんですね。
もし、妊娠が分かったとか、妊活を行っているという方は歯周病検査を受診することをおススメします。

妊婦さんは歯周病にかかりやすい

歯周病とはお口の中にプラークや歯石がたまり、口内細菌の中でも悪玉菌と言われている歯周病菌が増殖することで発症します。
この歯周病細菌は歯の周囲にある歯ぐきや歯を支えている骨に感染し、歯ぐきが腫れて骨の中に膿ができてしまい、骨が破壊されていく怖い病気です。
なお、妊娠中や授乳中は体の中の環境がかなり変化しますが、その中の一つに唾液の分泌が悪くなるというのがあります。
つわりの時期は歯磨きをするのさえ困難になり、唾液の分泌もあるため歯周病になりやすく、お口の中が酸性に傾くため虫歯にもなりやすいです。
この歯周病は放っておくとさらに悪化し痛みがひどくなって歯ぐきから膿が出るリスクもあるので、気になる方は早めにクリニックを受診していただきたいですね。

歯周病と早産のメカニズムとは

世界中で早産と歯周病との関係の研究調査が行われており、その中には全く関係がない・・というものもあるようです。
さらに、人種により違いがあるのでは?というものや、調査方法が同じでないので分からない、などまだ研究途中の段階です。
ですが、歯周病と早産の関係性を裏付けるメカニズムも少しずつではありますが分かってきています。
それは出産のメカニズムとまさに一致するというものです。
陣痛は子宮を収縮させるプロスタグランディンと言われる物質が分泌することで起こります。
この物質の分泌を促進するものがサイトカインというもので、炎症により増殖する生理活性物質のことです。
なので、細菌などに感染して絨毛膜や羊膜に炎症が起きてしまうと早産の原因になるのです。
サイトカインが増殖しその刺激によってプロスタグランディンが分泌され子宮の収縮が起き、早産になるというメカニズムです。
これと同様のことが歯周病にも当てはまり、歯周病は歯周病菌によって炎症が起きている状態で、歯の周囲の炎症が起きサイトカインが増殖し、プロスタグランディンが分泌し子宮の収縮が起きて早産してしまう・・というわけですね。
実際に歯周病がひどくなると血中内のサイトカインが増えますし、サイトカインの数値が高い妊婦さんほど出産する時期が早まっていることが分かっています。

歯周病への対策とは

歯周病予防に効果的なのはやはり歯磨きでしょう。
歯磨きのポイントは歯と歯ぐきの境目で、ここを意識的にブラッシングしましょう。
歯と歯の間は歯間ブラシを使うとキレイにしやすいです。
また、電動歯ブラシもいいですが、手でもじゅうぶんキレイにできます。
磨き方については1か所2本単位で30回程度ブラッシングしますが、小刻みに行いましょう。
また、磨き残しがないようスタートする地点と終点を決めておくと良いです。
たとえば、右の下の奥歯の外側から始めた場合、前の外側を通り、左の奥歯の外側を磨いていき、さらに左の奥歯の内側を磨いて右の奥歯へと進んでいきましょう。
そして、今度は右の奥歯の上の外側から左の奥歯へと進み、内側を磨いたら右の奥歯の内側へと進んでいく・・といった具合に丁寧に毎回磨くと20分はかかるでしょう。
たとえ毎食後は無理であっても1日1回は寝る前に時間としっかりとって磨くといいでしょう。
おススメの方法はテレビや雑誌を見ながら、お風呂の中で・・などですね。
もし、出血や歯ぐきの腫れなどの症状であれば、ちゃんと歯磨きを行っていれば自然に治まるでしょう。
歯磨きは細菌を除去するだけでなく、歯ぐきの血流を改善するマッサージ効果もあると言われています。
歯周病を予防・治療していただき、早産のリスクを少しでも軽減しましょう。

妊娠中に避けた方がいい薬とは?

歯科で処方される薬の中で妊婦さんはテトラサイクリンという薬については避けた方がいいと言われています。
この薬は抗生物質で、これを服用しますと胎児の歯の形成に悪影響があるからです。
赤ちゃんの歯の色が黄色くなったり、グレーになったりするそうです。
さらに、一般的に痛み止めとして使われている非ステロイド系抗炎症薬などは新生児肺高血圧症や胎児動脈管収縮などを起こすと言われているので、避けた方がいいでしょう。
妊娠中は歯が痛いからと言って自己判断により痛み止めを勝手に飲んだりせず、クリニックで相談することをおススメします。

重度の歯周病以外は薬は不必要

歯周病には軽度~重度まで段階があって、症状としても強い痛みがある急性期からなんとなく痛い、またはほとんど自覚症状がないというものまでさまざまです。
その中で薬を必要とするのは急性期における鎮痛剤や、重度の歯周病の際の抗生物質でしょう。
それ以外は基本的にプラークや歯石を取り除くだけで症状が和らぐため、薬の服用は必要ないでしょう。
つまり、歯周病はまだ初期段階のうちに治療を開始することが重要なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病は早期発見・早期治療や日ごろのケアが重要だと言われています。
もし、妊娠中に歯茎が腫れるなどの症状があれば、すぐにクリニックを受診するようにしましょう。
また、予防の意味から言ってもつわりの落ち着く妊娠中期頃に一度クリニックに行っておくといいでしょう。
妊娠中や授乳している間はクリニックへ行くのは困難かもしれませんが、周りに協力してもらえる環境を整え、歯のクリーニングや定期検診を怠らないことこしが歯周病予防に必要不可欠でしょう。
ぜひ、きちんとお口のケアを行っていただき、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!