赤ちゃんの歯が生えるときに気を付けたいポイント

赤ちゃんのお口の中に小さな白い乳歯が見えるとかわいさも増すものです。
実は、この生え始めの歯は虫歯になりやすいので、特に注意してケアする必要があります。
ここでは、赤ちゃんの歯が生え始めた時にぜひ知っておいていただきたいポイントについてご紹介します。
これを読んでいただき、もしお子さんの歯について不安な点や疑問点があれば、ぜひ信頼できるクリニックで相談してみてくださいね。

歯が生え始めるのはいつ頃からか

生まれて半年ごろに前歯から生える

赤ちゃんの歯は生後3~9か月頃に生え始めると言われていますが、個人差もあるため多少前後することもあります。
生え始めが早くても遅くても、前歯から生え始めるという点は共通しているようですね。
一般的に下の前歯から生えますが、上の前歯の場合もあるようです。
いきなり奥歯が生える・・ということはまずありえません。
前歯が生え、やがて奥歯が生えていき、奥歯まで生えそろうには2年程度かかるようです。

乳歯は体の成長や永久歯に影響を与える

この頃の赤ちゃんの体は成長が早く、体が大きくなるのはもちろんのこと、運動機能の発達や自分でなんでもしたがる精神的成長も著しいです。
そんな赤ちゃんの成長を母乳だけでは補えきれないため、生え始めの歯を健康に保って、しっかりと離乳食により栄養を摂る必要が出てきます。
もし、乳歯にトラブルがあっては栄養をじゅうぶんに摂ることができないので、体の成長にも悪い影響が及びます。
さらに、乳歯が健康かどうかは後に生える永久歯にも影響があると言われており、乳歯がひどい虫歯だと永久歯の形や歯並び、質などまで悪くなってしまい、発音に支障が起こるリスクもあるそうです。
つまり、赤ちゃんの歯を健康に保つことは体を健康に成長させ、生涯においてお口の中を健康に過ごすためにも重要なんですね。

生えはじめの兆候

生後3~9か月程度の赤ちゃんのよだれの量が増えだします。それが歯が生え始める兆候だと考えられます。
これは母乳だけでなく離乳食を摂る準備に入ってはいるものの、依然口を閉じ唾液を飲み込む機能が未熟なため、よだれを垂らすからです。
さらに、歯ぐきに痛みがあったり、むずがゆかったりして泣いたりぐずることも増えてくるでしょう。
いわゆる歯ぐずりと言われるもので、夜泣きが急に増えることもあるようですね。

乳歯が生え始める時のポイント

いつから歯磨きすればいいの?

乳歯が1本でも生えてくればそれが歯のケアのスタートだと言えます。
乳歯は永久歯と比べるとエナメル質が非常に弱く虫歯の進行速度が速いため、しっかりケアしてあげましょう。
なお、乳歯の生えはじめのころは間食もまだ少なく、唾液の自浄作用によりお口の中をキレイに保てます。
なので、しっかり歯磨きするより歯磨きに慣れさせることがポイントでしょう。
まだ歯の本数が少ないこの頃は歯ブラシを使うのではなく、ガーゼを使って歯をぬぐう程度でじゅうぶんでしょう。
お口の中に異物が入ることに慣れるためなので嫌がる時は無理することなく、楽しみながら歯磨きができるよう工夫しましょう。
少しずつ歯ブラシを使ってケアするようにし、1歳になる頃には歯ブラシに慣れておきたいものですね。
なお、虫歯菌が活発になるのは唾液の分泌が少ない寝ている間なので、寝る前にはしっかり歯磨きを行うようにしましょう。

クリニックに行くべきケースとは?

歯が生えてこない

上でも書いたように、乳歯が生え始める時期には個人差があり1歳頃まで何の兆候がない赤ちゃんもいるため、急いでクリニックに行くこともないでしょう。
ですが、1歳3か月頃を過ぎても全く歯が生えてこない場合にはクリニックで相談する方がいいでしょう。
万が一、先天性欠如などのトラブルの可能性があるからです。

生える順番がおかしい

上でご紹介した通り、乳歯は前歯から奥歯へと順番に生えていくのが一般的です。
個人差はあるものの、あまりにおかしな生え方をしている場合は将来歯並びでトラブルを起こすこともあるため、クリニックで受診する方がいいでしょう。
ただ、多少順番のずれがあったとしても、3歳半位までにすべて生え揃えば心配する必要はなさそうですね。
ですが、その頃になってもまだすべての乳歯が生えそろっていなければクリニックでの診断が必要でしょう。

歯が生えるまでに家族がやるべきこと

虫歯菌の検査

虫歯菌の代表格はミュータンス菌です。
お口の中のミュータンス菌の割合が高い方は虫歯になるリスクが高いと言われています。
このミュータンス菌はいったんお口の中に定着してしまうと割合を減らすのは困難だと言われているため、家族のミュータンス菌の検査を行っていただき、あまりに数値が高い場合にはお口のケアを行って、赤ちゃんに感染させないようにしましょう。

歯周病菌の検査

次に、歯周病菌は細菌の中でもっとも強い菌だと言われています。
この歯周病菌がお口の中から体に回り、糖尿病や心臓病を引き起こすリスクがあると言われています。
なので、家族の歯周病菌の検査を行うことで量や活動をチェックし、必要なら歯周病の治療を行うことが大切です。
お口の中の歯周病菌の数を減らしておけば、赤ちゃんへの感染リスクを軽減できるからですね。

虫歯治療

虫歯には多くの虫歯菌がおり、この虫歯を治療することで虫歯菌が
生息する場所を減らすことが可能です。
つまり、家族の虫歯治療によって赤ちゃんへ虫歯菌を感染させないことができるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ご参考にしていただけましたか?
乳歯は大変デリケートな歯で虫歯にならないよう健康を維持することは親にとって非常に大変なことではありますが、赤ちゃんの健康のためには必要不可欠なことなのです。
また、乳歯の健康状態は将来の永久歯にまで影響を及ぼすもので、生えはじめの乳歯を守ってあげることはお子さんの生涯の口内健康を維持することにもつながります。
まだ、これを読んでも不安を感じる方がいらっしゃるでしょうが、そういう場合にはぜひ信頼できる小児歯科などを見つけていただき、相談していただくことをおススメします!