親子で学ぶ、虫歯になりにく子の育て方のポイント

子どもの歯に虫歯ができた、子どもの歯に穴があいているのを発見した・・こんな時ってショックではありませんか?

 
自分が虫歯でいやな思いをした分、子どもにはそんな思いをさせたくないという親は多いです。
ジュースやお菓子を控え、仕上げ磨きをしていてもどうして虫歯になるの?という気持ちが強いはず。
どうして子どもに虫歯が突然できたのか、ここでは子どもの虫歯について知っておくべきことや虫歯になりにくい予防法などをお教えしたいと思いますので、ご参考になさってくださいね!

子どもの虫歯について知っておくべきこと

エナメル質が薄い

歯の表面とは人間の体の中でもっとも硬いエナメル質でできていますが、子どもの乳歯のエナメル質は大人の半分しかないため虫歯になりやすいと言われています。
お口の中では常に歯が溶ける脱灰と、溶けた歯を戻そうとする再石灰化が繰り返されています。
まだ虫歯がエナメル質内なら再石灰化により自然に治る可能性がありますが、その下の象牙質まで進んでいると虫歯はさらに進行します。

乳歯が虫歯なると神経まですぐ進んでしまう

乳歯は神経が大きく象牙質とエナメル質の厚みが薄いので、虫歯になってしまうと神経まですぐに進みます。
乳歯は生え変わる際に神経があると乳歯の根を溶かすので、生え代わりがスムーズになると言われています。

歯と歯の間にできやすい

乳歯の虫歯ができやすいところとは奥歯の歯の歯との間の部分で、見えにくく
虫歯が進んでいても気づきにくいです。
なので、突然穴があいてしまい、デンタルフロスなどを使って掃除しないと汚れが残りがちです。
クリニックでレントゲンなどを撮って初めて気づく・・ということが多いようですね。

乳歯の虫歯は白い
大人の虫歯のように黒ではなく、乳歯の虫歯は白いことが多いため気づかないうちに進行します。
また、乳歯は柔らかいため進行するのが早い白い虫歯がほとんどです。

みが出にくいので気づかない

お子さんは痛みの感覚がまだ発達していないため、虫歯で痛みがあっても気づきにくく、どんどん進行してしまうことが多いようですね。
虫歯の痛みに気づくより、虫歯で穴が開いてしまい、そこに食べもののかすが詰まって歯ぐきが腫れる・・というケースがほとんどです。
なお、痛みは出たりおさまったりするため、痛がっていても次の日には治っていしまうため見過ごされるケースが多いです。
なので、親や食べ方や仕上げ磨きの際にちょっとした変化をチェックし、観察してあげることが大切でしょう。

自宅でできる予防法とは

ブラッシング

歯磨きは毎食後ちゃんと磨くというより、虫歯になりやすいところにポイントを置いて磨きましょう。
なので、虫歯になりやすい歯と歯ぐきの間や噛む面の溝部分などを丁寧に磨きましょう。
特に寝る前の歯磨きは丁寧に行ってくださいね。

キシリトール

キシリトールは虫歯の原因となる酸を作らず、甘味料の中で唯一、
ミュータンス菌を弱める作用をもっているため、虫歯予防に有効です。
キシリトール成分が9割以上あるものでないと効果が発揮されないので、クリニック専用のキシリトールタブレットやガムなどを購入しましょう。

感染を防止する

お子さんの口の中の細菌が定着する時期は3歳くらいまでで、それまでに家族から感染してしまうと、虫歯菌が増えてしまい、虫歯になりやすいと言われています。
なので、食事の口移しや食器の共有などは行わないようにしましょう。

デンタルフロス

乳歯でもっとも虫歯になるのは歯と歯の間のため、デンタルフロスを使ってキレイにしてあげましょう。
大変かもしれませんが、寝る前にデンタルフロスを通してあげましょう。
最近ではドラッグストアやスーパーなどでも気軽に購入できますよ。

フッ素

歯磨きの時や歯磨きの後にフッ素を使って虫歯を防止しましょう。
乳歯は永久歯よりエナメル質が弱いので、虫歯になりやすいと言われています。
エナメル質を強化するために、フッ素の入った歯磨き粉や洗口剤やジェルなどを利用してみてくださいね。

糖分摂取を減らす

唾液は口の中を酸性にしてくれます。
酸で虫歯になるのを防止してくれるというわけですね。
ですが、糖分を多く摂ると唾液だけでは防止できなくなってしまい、虫歯になりやすくなります。
さらに、糖分を摂る間隔が短いと虫歯になりやすいため、食生活を見直していただき、唾液の分泌量を増やしてみてくださいね
また、食物繊維が多く噛みごたえのある食物を意識的に食べさせるようにしましょう。
エリンギやしいたけ、かぼちゃやごぼう、にんじん・・などがおススメです。
糖分が多いお菓子類やジュースはなるべく控え、食べたらすぐ歯磨きを行うようにすればかなり虫歯予防になりますよ。

定期的にクリニックへ行く

お子さんの虫歯は大人とは違い見つけにくいのが特徴でしょう。
虫歯が黒くなく白っぽいことが多いので、気づかないうちにどんどん進行してしまいます。
なので、早期発見のためにも定期的にクリニックに行っていただき、チェックしてもらうようにしましょう。
また、虫歯がなかったとしてもフッ素塗布を行ってもらうことで虫歯予防になります。
それに、歯科衛生士さんに正しいブラッシング法を教えてもらうこともできますので、ぜひお子さんに合ったクリニックを見つけてみてはいかがでしょうか?

まとめ
いかがだったでしょうか?
お子さんの虫歯予防はなかなか効果が現れにくいものです。
お子さんの歯磨きに手がかかりすぎると、ちょっとぐらい歯磨きをさぼってもいいかな・・なんて思いがちです。
ですが、乳歯のうちに虫歯になってしまうと永久歯も虫歯になりやすいと言われています。
お子さんの虫歯予防は即効性のあるものではないですが、毎日少しずつ続けていくことがお子さんの将来の健康な歯に繋がります。
神経質になりすぎる必要はないので、お子さんと一緒に楽しみながら毎日のお口のケアを行ってみてくださいね!