母子感染は予防できる!子供の健康のためにすべきこと

 

はじめに

虫歯の原因となる虫歯菌つまりミュータンス菌は、生まれたての赤ちゃんのお口の中にはいないと言われています。
ミュータンス菌は歯のような硬いものにしか住むことができたいため、歯がないと生きていけないからです。
ですが、歯が生え始める6か月頃から感染が始まり、特に19か月頃から31か月頃までに最も感染しやすく定着しやすいと言われています。
この時期を感染の窓と言い注意が必要です。
ここでは、この感染を防止する方法などについてご紹介したいと思います。

虫歯菌の母子感染とは?

ミュータンス菌は赤ちゃんにはないと言われていることをご存じですか?
この理由は、ミュータンス菌は硬い組織にしか住むことができないので歯がないお口の中には生存できないためです。
ミュータンス菌がお口の中で見られるようになるのは乳歯が生え始める6か月頃からです。

 

このミュータンス菌は赤ちゃんとよく触れ合う家族、特にお母さんが使っているスプーンや口移しにより唾液を通じて感染すると言われています。
なので、お母さんのお口の中の衛生状態が悪くミュータンス菌が多い人ほど感染しやすいということですね
赤ちゃんの両親のお口の中の環境は、びっくりするほど子どもに影響があると言われています。
つまりこれは、遺伝ではなく生活習慣が反映するということになりますね。
さて、お口の中にミュータンス菌が入ってこなければ一生虫歯にはならないそうです。

 

間食をだらだらとしたり、お砂糖がたくさん含まれたジュースなどを頻繁に飲んだり、歯と歯の隙間などの細かいところまでちゃんとブラッシングしないなどしていると、お口の中の環境は悪化していきます。
赤ちゃんにミュータンス菌を感染させないようにするには、まず両親がお口のケアをきちんと行う、常に清潔に保つことが大切だということですね。

ミュータンス菌をなくすには

まず、虫歯にならないための最も大切なことは、原因であるミュータンス菌をなくすことでしょう。

 

20年ほど前、ミュータンス菌は離乳食の時期から2歳前後の時期に口移しなどにより母親から赤ちゃんに感染することが判明しました。
キシリトールなどが虫歯予防に効果的なのは、糖類とは違い、ミュータンス菌がキシリトールから酸を作れないからです。
このことはフィンランドで実験されたことによって予防効果が実証されています。
さらに、乳酸菌も歯周病菌を殺菌し、ミュータンス菌が増えるのを抑制する効果があると判明しているそうです。
赤ちゃんは母子感染の時期が早ければ早いほど虫歯にかかりやすいと言われており、2歳前に感染した子どもの方がそれ以降に感染した子どもより虫歯が多いと言われています。
乳歯が生えてくるまでの時期でもっとも感染のリスクが高まる時期は19か月~31か月までの時期と言われており、この時期には注意が大変必要になります。
しっかりとこの時期に感染予防できれば、子どもは虫歯になりにくいのです。
さらに、予防処置を行っておけば感染したとしても虫歯になりやすいミュータンス菌ではなく、虫歯になりにくいミュータンス菌が定着する・・とも言われています。
おうちとクリニックの両方で適切な予防を行うことによって、ミュータンス菌が多いお母さんであっても、母子感染をある程度は防止することができます。

母子感染を防止する方法とは?

お母さんの虫歯治療をしっかりと行う

母親に治療が必要な虫歯がありますと、いくらきちんと歯を磨いたとしてもお口の中はミュータンス菌が増殖しやすい環境のままなので、お子さんが19か月頃になる前にはしっかり治療を終えておきましょう。

クリーニングを行う

クリニックで定期的なクリーニングを行うことでお口の中を汚れにくくでき、ミュータンス菌を減らすことができます。
それに、お母さん自身の歯周病予防や虫歯予防のためにも3か月くらいごとには歯のクリーニングを行うといいでしょう。

スプーンやお箸を共有しない

ミュータンス菌は唾液を通じて感染すると書きました。
なので、口でかみ砕いた食べ物などでなく、スプーンやお箸、コップなどを共有することにより感染してしまうのです。
つまり、そういったものをお子さんと共有しないことが大切です。

周りの人がフッ素入り歯磨きで歯を磨く

口移しと同じように子どもの周りにいる方は、子どもと口同士が触れることが多いはず。
かわいいあまりそうしてしまうのも当然ですよね?

 

ただ、そうした時にもミュータンス菌が感染してしまうことがあるのです。
そこで、子どもの周りにいる人が歯磨きする際には、フッ素入りの歯磨き粉を使うことをおすすめします。
歯磨き後に残ったフッ素によって、ミュータンス菌の繁殖を抑える効果があると言われています。
こんな些細な気配りにより、お子さんの将来の虫歯予防ができるなんて嬉しいと思いませんか?

キシリトールガムを噛む

フィンランドでは生まれて3か月~2歳くらいまで、1日に数回キシリトールガムを噛むことで2歳時点での母子感染率を低下させることができているそう。
つまり、このキシリトールガムを噛むことも一つの方法だと言えますね。

その他の注意点とは?

その他の注意点として、ミュータンス菌は子どもの虫歯になる原因の一つではありますが、虫歯になりやすい原因には糖質の摂取頻度や歯科医院で予防しているか、歯磨きの状態などによっても変わってきます。
お子さんのミュータンス菌への感染は母子感染が最大の原因と言えばそうですが、お父さんや兄弟、保育園などでの子ども同士の感染もあるそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
母子感染についてや母子感染からお子さんを守るポイントなどについてご紹介してみました。
お母さんに虫歯があることがはっきりしたら、お子さんの歯が生える5か月くらいから15歳くらいまで虫歯の予防と同時にお口の中の管理を徹底的に行っていただき、食事の指導や生活習慣の指導などと同時にクリニックに通う習慣をつけることなどが確実な治療法と言えるでしょう。

 

お子さんを虫歯から守ることができるのはお母さんやお父さんです。
ぜひ、今後のご参考になさってみてくださいね!