お母さんの歯の健康は、子供の歯の健康にも影響する!?意外としらない母子感染について

 

はじめに

虫歯とはお母さんから赤ちゃんに感染するものだということをご存じでしょうか?

 
厳密に言うと、虫歯菌が母子感染とはお母さんのお口の中にある細菌が赤ちゃんにうつり、赤ちゃんの歯をむしばむ・・ということです。
では、なぜ虫歯菌が母子感染するのでしょうか?
さらにその予防法とはいったいどのような方法があるのでしょうか?
まずここでは、虫歯になる原因からご説明してみたいと思います。

虫歯になる原因とは

歯の質が弱い

歯の質が弱い人は虫歯菌から出る酸にすぐ溶かされてしまい、虫歯になりやすいです。
なので、歯の質を強くするためフッ素塗布をするのが効果的だと言われています。
日ごろ使っている歯磨き粉にフッ素が入っているかどうかを確認しましょう。
さらに、歯磨き粉はたっぷり使っていただき、フッ素を歯に塗り込むようにしっかりと磨きましょう。
その後うがいを1回だけにすることで歯磨き粉の味が残るくらいにすると効果がアップします。
もし、歯磨き粉が苦手という方はフッ素の洗口剤もあるので使ってみてくださいね。

虫歯菌の多い人

ミュータンス菌という虫歯菌の代表がもともと多い人の場合、酸を出す量が多いので虫歯になりやすいと言われています。
ミュータンス菌は親から子どもに感染するため、親が多く持っていて2歳くらいまでにお箸などを共有することでうつります。
ミュータンス菌が多いかどうかはクリニックで調べることができ、
多い場合にはフッ化第一スズが入っているジェルを使うと有効です。
さらに、キシリトールもミュータンス菌の活動を弱めると言われているためキシリトール入りのガムを噛むこともおススメします。

唾液の量が少ない人

唾液の量が少ないと虫歯菌が出した酸を中和したり、再石灰化できずに虫歯になりやすいです。
特に、自律神経系の薬や高血圧などの薬を飲むと唾液の量が減ると言われています。
食後にキシリトールガムを噛んだり、唾液腺のマッサージなどをして唾液の量を増やすことが大切でです。
できればお薬の種類を変えられればいいですが、難しいことが多いようですね。

唾液の力が弱い人

唾液の力が弱い人の場合には虫歯菌が出す酸を中和したり、再石灰化に時間がかかってしまうため虫歯になりやすいです。
でも、唾液の力を改善することは不可能なため、できる限り間食を避けて唾液によって中和や再石灰化する時間を長く取ったり、唾液の量を増やすことによってカバーするしかありません。

詰め物の隙間から虫歯になる人

プラスチックや金属の詰め物を入れている場合、数年経つと劣化してしまいその隙間から虫歯になります。
いったん歯を削ってしまいますとずっとやり変える必要があります。
なので、できる限りやり変える回数が少なくて済むようにセラミックなどで治療を行っていきます。

歯磨きが上手でない人

歯磨きがうまくできず歯垢が残ったままだと、虫歯菌が食事のたびに酸を大量に出すので唾液の力が追い付かなくなり虫歯になります。
まずは自分がどこまでキレイに歯垢を取れているのかを知る必要がありそうですね。
完璧に取れたと思うまでしっかり磨き、歯垢染め出し液などを買ってチェックしてみましょう。
さらに、歯ブラシを使ったブラッシングでは歯垢は6割程度しか取れないと言われていますので、デンタルフロスを使ってあとの2割を落としていただき、8割歯垢を落とせれば虫歯をかなり防ぐことができるでしょう。

甘いものなど間食の多い人

食事のたびに虫歯菌は酸を出します。
さらに、甘い物は虫歯菌が酸を出しやすいとも言われています。
虫歯菌が出す酸の回数が増えスピードが速くなると酸を唾液が中和したり、再石灰化するのに追い付かず虫歯になりやすいです。
なので、食事の時間はできる限り決まった時間にしていただき、飲み物を飲む時は無糖のものにするなどでかなり改善するはずです。

なぜ虫歯菌は母子感染するの?

では、なぜ虫歯菌は母子感染するのでしょうか?
虫歯菌の原因となるミュータンス菌は唾液を通じて人から人へ感染すると言われています。
さらに、感染の中でもっとも多いのがお母さんから赤ちゃんへだそうです。
では、なぜ母子感染するかですが、それは赤ちゃんにお母さんがご飯を食べさせているところを思い浮かべてみるといいでしょう。
よくあることですが、お母さんが使っているお箸やスプーンで赤ちゃんにご飯をあげたりしませんか?
つまり、感染の原因はここにあると言えます。
同じお箸やスプーンを使うことにより、お母さんのお口の中にあるミュータンス菌が赤ちゃんにうつってしまうのです。

虫歯菌が感染するのを防止するには?

では、虫歯菌がお母さんから赤ちゃんに感染するのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
それはとても簡単なことで、お母さんの菌がうつらないよう、赤ちゃんへのご飯の与え方に注意をすることです。
まず、食器はきちんと分けるようにしましょう。
また、いくら気をつけていても何かの拍子に菌が赤ちゃんへ感染してしまうこともあります。
なので、こまめに歯磨きしたり、定期的に歯医者さんに行ってメンテナンスしたりすることでお母さんのお口の中の環境を整えることも重要です。

特に1~2歳の感染には注意を

虫歯菌は硬い組織にしか生息できないと言われています。
もし、赤ちゃんの歯が生える前にお母さんから感染してしまうと、お口の中で歯が生えるまでしばらくの間潜伏していることになりますね。
乳歯が生える時期がもっとも感染しやすい時期ですので、2歳前ころの感染は虫歯に非常になりやすいです。
つまり、1歳~2歳頃の感染には注意をすることが大切ですね。

まとめ

お子さんの歯を虫歯から守るには母子感染もそうですが、丈夫な歯を作ることも重要でしょう。
赤ちゃんは生まれてくる時には歯がないですが、お腹の中ですでに乳歯や永久歯もできていると言われています。
お子さんの歯の丈夫さは、その後虫歯になりやすいかどうかに深くかかわってきます。
つまり、子どもの歯を丈夫にするためには、母体の健康がもっとも大切だと言えますね。
ぜひ、これらのことをご参考にしていただき、お子さんの歯を虫歯から守ってあげてくださいね!