これから赤ちゃんを迎える人にマザーズ歯科がオススメの理由

はじめに

妊娠中は様々な体調の変化があります。
お口の中の環境もホルモンバランスの変化によっていつもと変わってきます。
つわりなどの体調の変化で、いつもと同じ匂いでもダメになったり、歯磨きが苦痛になってしまう時期もあります。

マザーズ歯科では妊娠中の患者様にも考慮して、治療を進めていきます。
妊娠中はどの様な事に注意した方が良くて、どの様な状態になるのでしょうか。

妊娠と歯周病の関係について

妊娠中の歯周病菌は胎児に良くない影響を与えてしまいます。
歯周病にかかっている人とかかっていない人を比較すると、歯周病にかかっている人は約7倍早産のリスクが高くなると言われています。
また妊娠するとホルモンバランスも大きく変わってきますが、妊娠中に多くなるホルモンには、歯周病菌を増幅させる働きがあると言われています。

 

いつもより、より歯周病菌の居心地の良い環境になってしまうので、しっかりと歯周病菌の原因菌を除去して綺麗な口腔内の状態にしてあげる事で歯茎が腫れやすかったり、出血してしまったりというトラブルを回避する事が出来ます。
歯科医院でも汚れを除去してクリーニングする事が出来ますし、自宅での毎日のケアも大切になってきます。
つわりなどの時期で一時的に味覚が変わってしまったり、体調が悪く歯磨き自体が難しくなってしまう場合もありますので、夕方位には疲れが出やすく、体調が優れない事もあるので、体調の良い時間を見て歯磨きのケアをする事も大切です。

 

 

またにおいに敏感になる事が多いので、香料の強い歯磨き剤を使用している場合などは無香料などのにおいの対策をしてあげる事でストレスが軽減されます。

また歯磨きが苦痛な時にはデンタルリンスなども使用する事をお薦めしています。

歯周病が早産のリスクを高める理由とは

妊娠性エプーリス

妊娠性エプーリスとは、ホルモンバランスの変化によって

歯肉から出血してしまったり、腫れたりする現象です。
妊娠中はホルモンバランスの変化によって唾液が減少してしまいます。
唾液は汚れを洗い流してくれる自浄作用があり、殺菌作用もあります。
唾液が減少してしまう事によって、殺菌作用も少なくなってしまって汚れが原因で起きてしまう歯肉炎や歯周炎になりやすい環境になってしまいます。

出産後にホルモンバランスが戻ってくると元の状態に戻る事もありますが、そのままにしておくと歯肉の状態が悪くなってしまって歯周病になってしまう可能性もありますし、血管内から胎児に歯周病菌が感染してしまうと早産の可能性が増えてしまうので、体調が落ち着いてる頃に歯科医院を受診する事をお薦めしています。

妊娠前に知っておきたい妊娠性エプーリスの基礎知識

妊娠時の歯科検診

 

妊娠中は胎児への影響を考えて薬の服用などが制限されています。
歯科の治療でも抜歯などは、妊娠中は控える様にしていて、今までの様に薬などで一時的に痛みを抑えるというやり方を出来ない場合もあります。

妊娠期はできるだけ痛みが出てから受診するという形では無く、歯科医院に検診に行ってケアをして妊娠期にトラブルが出ない様な対策を取る事も大切です。

 

 

妊娠期は色々デリケートな時期なので、出来るだけストレスが少ない様にしてあげると良いです。
また出産後は赤ちゃん中心の生活になり、今までと同じ様に外出する事が出来なくなってしまいます。
月齢が小さいうちは中々預けて外出という事も簡単ではありませんので、お口の中のトラブルがあった際にも先延ばしにしてしまいがちです。

 

 

妊娠期からトラブルにならない様な習慣をつけてケアをしてあげる事によって産後の生活にも効果が出てきます。

虫歯や歯周病は気が付かないうちに進行してしまって、痛みが出てしまった時には長い治療期間や費用がかかってくる事があります。

予防歯科という考え方は出来るだけ虫歯を作らずに虫歯や歯周病になってしまっても早期に発見して治療してあげる事で負担を少なくしていく考え方です。

妊娠中ももちろん大切ですが、妊娠前から定期的に検診しに行く習慣をつけてあげる事はお薦めです。

母子感染

 

赤ちゃんはうまれたばかりの時には歯が無いので、もちろん口内に虫歯菌はいません。
歯が生えてしまう時期に家族からの感染が原因でミュータンス菌が住み着いてしますと虫歯になりやすい環境になってしまいます。

族間での感染では同じスプーンを使用して食事を与えたり、離乳食の時期に噛んで与える事によって唾液によっての感染で虫歯菌が住み着いてしまいます。

 

 

母親が歯周病の場合には子供も歯周病になってしまうというリスクが大きいというデータがあります。
将来子供が虫歯菌や歯周病にならないためにも妊娠期から備えてあげる事が大切です。
子供が生まれて歯が生えてきてからも、虫歯になりにくい環境にする為に歯磨きの習慣をつけてあげる事は大切ですし、定期的に歯科医院で歯を強くするフッ素塗布をして歯科検診を受けてあげる事は大切です。
自宅のケアをする習慣も子供と一緒にしてあげる事で自分の歯を守る事にもありますし
子供の虫歯になりにくい環境を作ってあげる事にもなります。

マザーズ歯科

妊娠期の歯科検診は今のお口の状況を把握して、どの様なケアをしていく事が望ましいかお話させて頂く事が出来ますし、クリーニングをして汚れが付きにくい状況にする事が出来ます。

またお薬やレントゲンや麻酔など心配な事を説明させて頂いて、納得して頂いてから希望に沿って治療する事が出来るので安心して受診していただく事が出来ます。

自治体によっては妊婦検診の受給券の中に歯科検診をする事が出来る地域もあるので、調べて受診するとお得になる事もあります。
また保険の中で受診してクリーニングする事もできるので、積極的に受診する事をお薦めしています。

 

 

妊娠期は体調が思う様にならなかったり、いつもと違う環境に戸惑ったりしがちです。
マザーズ歯科はそんな妊婦さんに安心して受診してもらう為に妊娠期の知識を持っているスタッフが対応するので安心です。
妊娠~出産して子供が虫歯になりにくい環境にしてあげる為にも歯科医院に定期的に検診を受けて予防してケアをしてあげる事で、お子さんへの虫歯になりにくい環境をプレゼンとしてあげる事にもなります。