赤ちゃんを迎える前に歯を清潔に保つメリット

「妊娠中は歯を清潔に保つことが大切」だと、多くの場面で言われています。

しかし、歯と出産がどのように関係しているのかをご存知でしょうか?

そこで、今回は2つの内容についてご紹介していきます。

1つは、赤ちゃんを迎える前に歯を清潔に保つメリット。

2つめは、口腔内のトラブルが、出産やお子さまにどんな悪影響があるのかについて。

早速、歯と出産の関係性について知っていきましょう!

 

歯を清潔に保つ3つのメリット

お腹の赤ちゃんを安心して出産できる

歯周病は、早産や流産の危険性を高めると言われています。

赤ちゃんを迎える前に歯科医院に通ってメンテナンスをしておけば、歯周病になるリスクと、早産や流産のリスク軽減に繋がるので、第一のメリットと言えるでしょう。

また、妊娠中のお母さまは、女性ホルモンの影響で歯周病にかかりやすいので、いつもより注意が必要です。

妊娠中の女性は、女性ホルモンの量が通常よりも100倍〜1000倍も増加。

大量な女性ホルモンが分泌させることで、身体にはさまざまな変化が起きます。

女性ホルモンが起こす変化は、抜け毛が増える、シミが目立つ、ワキや乳首が黒ずむなど、身体にさまざまな症状を起こします。

しかし、女性ホルモンによって身体だけではなく、口腔内にも変化が起きるのです。

女性ホルモンは唾液や細菌に関係していています。

唾液は分泌量が減り、唾液の性質もサラサラから、ネバネバしたものに変化します。

唾液は口腔内のトラブルを防ぐ働きがあるので、この唾液が適切に分泌できないなら、虫歯になる確率も高くなるでしょう。

さらに、女性ホルモンの増加は、歯周病を発症させる細菌が繁殖しやすくなる作用もあるのです。

自宅でのホームケアと歯科医院での定期的なメンテナンスを行い、口腔内を清潔に保ちましょう。

母子感染を防ぐ

お母さまの口腔内に虫歯があると、生まれてきた赤ちゃんに感染してしまう恐れがあります。

出産前に歯を清潔に保つ第二のメリットは、母子感染を防ぐためにあります。

母子感染と聞くと、お腹を通して感染してしまうのでは? と、心配になりますよね。

しかし、赤ちゃんがまだお腹にいる状態では、感染しません。

気をつけたいのは、赤ちゃんが生まれてからです。

生まれたばかりの赤ちゃんには歯が生えていませんが、乳児のころから虫歯菌に感染する機会が多いと、乳歯が生えてきたころに虫歯になってしまう確率が高くなります。

よくある感染パターンは食事や、スキンシップのとき。

食事の時は、お母さまが使っている箸を通じで感染しやすいです。

また、キスなどのスキンシップは、唾液が赤ちゃんの口に入ってしまうこともあるので、虫歯菌が移ることに繋がります。

主に、唾液を通して感染してしまうのです。

生まれてくる赤ちゃんと安心して過ごせるように、出産前の口腔内のケアはとても大切です。

出産後も口腔内の健康を保ちやすくなる

歯を清潔に保つ第三のメリットは、口腔内の健康維持です。

妊娠中のお母さまの口腔内は、女性ホルモンの影響でトラブルが起きやすい環境です。

唾液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすいので、通常よりもトラブルが起きやすく悪化しやすい状態でもあります。

妊娠中に一度トラブルが起きてしまうと、治療に時間がかかり完治するのに長い期間がかかってしまうことも考えられます。

治療に時間がかかると、体力的にもコスト的にも負担になります。

そのような状況にならないために大切なのは、歯の清潔を保つこと。

毎日のセルフケアや、歯科医院でのメンテナンス。

前もって歯を清潔に保っていれば、トラブルを予防することができるので、出産前も出産後も口腔内の健康を保ちやすくなるでしょう。

また、出産後は育児で忙しくなって、セルフケアも疎かになることもあるでしょう。

その時は、できる範囲で毎日のセルフケアを行い、あとは歯科医院でのメンテナンスに頼りましょう。

口腔内のトラブルとお子さまや出産への悪影響

早産・流産のリスクが増加する

口腔内のトラブルは、お子さまや出産への悪影響に繋がります。

その悪影響の1つが、早産や流産のリスク増加です。

早産や流産が起きる原因は、母体の健康状態や、高齢出産などが影響します。

さらに、ストレス、飲酒、タバコなどの生活習慣によっても早産、流産のリスクを高めます。

しかし、一方で、歯周病が早産や流産に影響を与えるという研究結果が報告されています。

妊娠中のお母さまが歯周病にかかっている場合、早産や流産のリスク増加は、ストレス、飲酒、タバコよりも約5〜7倍も高まると言われています。

しかし、なぜ歯周病が早産や流産のリスクを高めるのか、このメカニズムは、正確に発見されていません。

しかし、歯周病菌が発生する物質と、大きく関係している説が有力だと言われています。

歯周病にかかった歯茎は、炎症を起こす際に、歯周病菌から有害な物質が発生します。

その有害な物質が、血液を通して子宮にたどり着き子宮を収縮。

陣痛が早まり、早産や流産に繋がる。というのが、歯周病と早産・流産が関係している有力な説です。

まさか、歯周病と早産や流産は関係ないと思いがちですが、実は深く関係しています。

歯周病にかからないようにトラブルを未然に防ぐことは、お腹の赤ちゃんのためにも重要なことだと言えるでしょう。

生まれてくる赤ちゃんが将来虫歯になる可能性が高まる

虫歯の原因となるのはミュータンス菌という細菌です。

このミュータンス菌は、歯が生えているところに繁殖するため、歯が生えていない赤ちゃんには移りません。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんには歯は生えていないからと、虫歯が移らないとは限らないのです。

お子様が虫歯になる原因は、お母さまから移るケースが85%だと言われています。

赤ちゃんの歯が生え始めるのは、生後3~9ヶ月。

この頃に、一番赤ちゃんの身近にいるお母さまが虫歯に感染していたら、何らかの理由で虫歯菌が移り、将来虫歯になってしまう可能性が高まるでしょう。

妊娠中や出産後は、口腔内のケアが疎かになりがちです。

忙しさや体調面で、思うように歯磨きができないということもあるはず。

しかし、食後は口をすすいだり、食べカスを取ったりするだけでも違います。

なるべく口腔内の清潔を保つように、心がけましょう。

お子様とお母さま自身のために口腔内を清潔に保ちましょう

歯と出産の関係性についてご紹介してきました。

出産前に歯を清潔に保つメリットは、お子様を安全に出産するためや、お母さまとお子さまの口腔内の健康状態に影響します。

また、口腔内のトラブルは、早産や流産のリスクを高めるだけではなく、生まれてくる赤ちゃんにも悪影響があるのです。