歯周病が早産のリスクを高める理由とは

はじめに

みなさんは妊婦さんが歯周病になると、早産や低胎児出産のリスクが高くなることをご存じでしょうか?

アメリカのある研究結果によれば、歯周病の妊婦さんは低胎児出産や早産のリスクが7倍にもなるそうです。

そして最近では、早産や低胎児出産が増加しているそうです。

歯周病になると、細菌や炎症物質が赤ちゃんに悪影響を及ぼすので、妊婦さん本人のためにも、赤ちゃんのためにも歯周病を予防することが大切です。

ここでは歯周病が早産のリスクになる原因や、妊婦さんの歯周病対策などをご紹介します。

妊婦さんのお口の中の環境が悪化する理由

女性ホルモンが増える

妊娠すると、女性ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンなどの分泌量が増えると言われています。お口の中も同様で、歯周ポケットから出る浸出液や唾液中の女性ホルモンの量が増えます。

歯周病菌はこの女性ホルモンが大好きで、女性ホルモンの増加によって歯周病菌の活動が促進され歯周病が起きやすくなります。なんと、9割もの妊婦さんが歯ぐきの腫れや出血などに悩まされているということが分かっています。

こういった妊婦さんの歯周病を妊娠関連性歯肉炎と言います。

唾液の質が変化する

妊娠し女性ホルモンの増加によって唾液の量が減って粘度が高くなります。

唾液の効果は食べもものを消化するだけでなく、お口の中をきれいにするという自浄作用もなるので、量が減ってねばねばすると虫歯や歯周病になりやすくなります。

ですので、妊娠する前よりしっかりとお口のケアをする必要があります。

つわりで歯が溶けやすくなる

つわりがあると、胃酸の逆流によってお口の中が酸性になりやすくなります。

それに、つわりの時は酸っぱいものが欲しくなるのでお口の中がさらに酸性に傾いてしまい、歯の表面が溶けやすくなってそのままにしておくと虫歯になります。

また、つわりの時は歯を磨くのも嫌になるためお口の中の環境が悪化します。つわりがには個人差がありますが、つわりがひどくてケアが行き届かない状態では歯周病になりやすい口内環境になってしまうというわけですね。

妊婦さんが歯周病になりやすい理由とは

妊婦さんが重度の歯周病になると、低胎児出産や早産になるリスクが高まりますが、これは歯周組織による炎症物質が妊婦さんの血液の中に侵入し子宮が収縮するからだと言われています。

さらに、上で書いたように妊娠中はお口のケアがいい加減になったり、ホルモンバランスが崩れたりと歯周病になりやすくなります。つまり、歯周病になると低胎児出産や早産のリスクが高くなるにも関わらず、歯周病になりやすいということですね。

妊婦さんの歯周病対策

妊娠してもクリニックで虫歯や歯周病治療を行うこともできますが、望ましいのは妊娠する前に治療を済ませておくことでしょう。

ご自分でできる方法としてはていねいな歯磨き、補助アイテムを使ったケア、キシリトール製品を利用する・・などがあります。ていねいな歯磨きとはフッ素の入った歯磨き粉を歯ブラシにつけブラッシングすることです。

また、フッ素をお口の中に残すためにもすすぎは1回にしておきましょう。

歯のエナメル質を保護するために、研磨性の低い歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

また、歯ブラシだけでお口の中の汚れを完全に落とすことはできないため、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って歯と歯の間などをしっかりときれいにしましょう。

さらに、もっと気軽に行える歯周病対策としてキシリトール製品を摂ることが挙げられます。

キシリトールという成分は虫歯の原因となる酸を作り出さないもので、虫歯菌や歯周病菌の塊であるプラークを作るのを防止しますし、キシリトール自体が爽やかな甘みがあり、唾液の分泌量を増やす効果があります。ただ、キシリトールには摂取の目安となる量があり、1日当たり1グラム、5回を5分と推奨されています。

このキシリトール製品を摂る習慣をつけておけば、3ヶ月で効果が出て2年程度で虫歯菌の原因菌がなくなるという説もあります。

とは言っても、もっとも理想なのは妊娠前から予防歯科によりお口の健康を守り、妊娠中に歯周病や虫歯にならない対策を取っておくことでしょう。

妊娠しようと思っている女性の方には日ごろからかかりつけのクリニックを持っていただき、ご自分のお口の中の状態を常に把握しておいてもらうことで歯周病や虫歯を早期発見できるようにしておきましょう。

かかりつけのクリニックでは歯の生え方やお口の中の状態にぴったりのセルフケアの方法を指導してくれるでしょうし、患者さんの体質をきちんと理解しておいてもらえば、妊娠中に歯周病や虫歯が見つかった時にも適切な治療が受けられるでしょう。

出産後もお口のケアをていねいに

出産前は出産準備や家事などで忙しいためお口のケアがいい加減になりがちです。

お母さんのお口の環境が悪いと、生まれた赤ちゃんに菌をうつしてしまうかもしれないので、出産準備と平行して適切なお口のケアを行うように心掛けましょう。

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯の原因菌は存在していないのにも関わらず、どうして虫歯になるのでしょうか。その理由は家族などが使った食器を使って赤ちゃんに食べさせたり、口に入れたものをあげたりすることで菌がうつるからです。

赤ちゃんとのスキンシップは重要ですが、赤ちゃんのお口の中の環境を守るためにも日ごろからお母さんやお父さんのお口の中もきれいにしておきましょう。

まとめ

妊娠すると、唾液の分泌が減ったり、女性ホルモンのバランスが崩れお口の中が酸性に傾き、歯周病や虫歯になりやすくなります。

そのため、妊娠前にぜひ歯周病や虫歯の治療を済ませておくようにしましょう。

妊娠中に歯科治療を行うことになっても使う麻酔の量はごくわずかなので赤ちゃんに悪影響はありませんし、レントゲンも防護服を着るため問題はなさそうです。安定期に入れば体調も落ち着きますのでクリニックに行くチャンスです。

赤ちゃんを産むと育児に忙しくなるためクリニックに行きづらくなるため、妊娠中にクリニックで治療しておくことをおススメします。そうすれば、生まれてくる赤ちゃんのためにもなるはずです。