妊娠前に知っておきたい妊娠性エプーリスの基礎知識

はじめに

妊娠中に最悪抜歯する必要が出てくるお口の病気に妊娠性エプーリスというものがありますが、みなさんご存じですか?
ここではこの妊娠性エプーリスという病気について原因や症状などをご紹介してみますので、妊婦さんもそうでない方もぜひ最後まで読んでみて下さいね。

妊娠中のお口のトラブルの原因

お口の衛生状態が悪くなるため

妊娠すると、特に初期の段階で多くの妊婦さんがつわりを経験しますが、軽度なものから吐いてばかりで点滴が必要になったり・・と人それぞれです。
つわりがひどいと、歯磨きどころか歯ブラシをお口の中に入れただけでも吐き気が起きてしまうことがあります。
また、妊娠中期になると、お腹が大きくなり動作が緩慢になるため、歯磨きがめんどくさくなってしまうことがあります。
妊娠する前にきちんと毎食後歯磨きをしていた方が妊娠すると回数が減ったり、時間が短くなってしまうのはある程度仕方のないことかもしれませんね。
どうしてもつらい時は、マウスウォッシュで済ませたり、また無香料の歯磨き粉を使うのもおすすめです。

唾液量が減る

みなさんご存じのことかもしれませんが、唾液には食べものを消化する役割の他にさまざまな役割があると言われています。
たとえば、食べものをかすをきれいに洗い流してくれる洗浄効果や、酸性に傾いてしまったお口の中を中性に戻す緩衝効果、唾液中の物質が病原微生物に対する抗菌効果・・などがあります。
唾液中にはカルシウム成分があり、歯にこれが取り込まれることで再石灰化が起き、初期虫歯ならこの段階で修復が可能です。
このように、唾液によってお口の中が健康に保たれ、歯や歯ぐきを守ってくれているのです。
さて、妊娠すると大切な唾液量に変化が生まれ虫歯になりやすい環境になります。
妊婦さんの中には唾液の量が減ってしまう方がおられ、妊娠するとお口の中が渇いたように感じるのはこのためでしょう。
唾液が減ることで上でご紹介したような洗浄効果や抗菌効果が弱まってしまい、細菌の増殖がさかんになります。
また、妊婦さんの一部では唾液が酸性に傾いてしまい、虫歯になりやすくなる方もいます。

食生活の変化

妊娠するとどうしても食生活が乱れがちになります。
たとえば、つわりがあると食欲が落ちる方もいれば、食欲が増して間食ばかりする方もいらっしゃいます。
特に妊娠中期以降は子宮が大きくなるため、常に胃が圧迫されてしまい一度に食事をすることが難しくなるため、それを補おうと食事回数が増えたり、だらだらと食べ続けたりしがちです。
また、酸っぱいものが食べたくなったり、ジュースやお菓子などを食べる機会が増えるようです。
こういった食生活の変化によってお口の中のトラブルが増えると言われており、さらに歯磨きがおろそかになるため虫歯や歯周病になりやすいのは当然と言えば当然ですね。

ホルモンの変化

妊娠するとプロゲステロンやエストロゲンなどの女性ホルモンの働きが活発になりますが、赤ちゃんの成長にとても大切な変化です。
ただ、歯や歯ぐきにとってこれはメリットばかりだとは言えません。
そもそも、女性ホルモンが増えると全身の血管透過性が高くなると言われており、これは血管の中や外で水分やさまざまな物質が行き来することを言います。
こういった働きが歯ぐきの中でも起こっているため、わずかであっても細菌の刺激によって歯ぐきが簡単に腫れてしまうのです。
さらに、ある特定の歯周病菌が女性ホルモンにより活発になってしまい、お口の中で増殖します。
これによって歯ぐきにトラブルが起きると言われています。
このように、妊婦さんのお口の中は歯周病や虫歯になりやすい環境になっていますので、ぜひ日ごろのケアをしっかりと行っていただきたいです!

妊娠性エプーリスとは

妊娠性エプーリスとは妊娠していない男女でも起こる病気です。
次のような状態が続くとエプーリスになるリスクが高まると言われています。

  • 歯の詰めものに違和感がある
  • 疲れたりストレスが溜まったりした時
  • プラークや歯石が溜まり細菌が繁殖した時

・・などです。

エプーリスになると歯ぐきが腫れるため、目で見ただけで確認できると言われています。
エプーリスは歯肉種と似ているものの、良性なのであまり心配しすぎる必要はなさそうです。
妊娠すると、ホルモンバランスが変化するので唾液の量が減ってきます。
唾液の潤滑作用や抗期作用がなくなるため歯周病が起きやすくなります。
さらに、歯ぐきが腫れて炎症が歯槽骨まで達してしまうと歯がぐらつきだします。
妊娠姓エプーリスになると、歯周病を併発することがあるためじゅうぶん注意しましょう。
歯周病菌が血管の中に入ってしまうと、低体重児出産や早産のリスクが高まるからです。
このエプーリスの症状は歯ぐきや歯と歯の間に腫瘤ができてしまい、出血や痛みが伴います。
ゆっくりと症状が進行し、重度になると歯と歯の間が開いたり、歯が傾いたりしてきます。
妊娠性エプーリスの治療法としては赤ちゃんを産んだ後に根本的に治療を行うのは難しいため妊娠中にしっかりと歯のケアを行いお口の中を清潔に保つようにしましょう。
また、歯石除去や歯ぐきのマッサージも効果的です。
ご自分のブラッシング法に自信がない方はクリニックで歯科衛生士さんや歯科医師にブラッシング指導してもらうことも効果的です。

まとめ

妊娠性エプーリスの基礎知識についてまとめてみました。
妊娠性エプーリスにならいためにも妊娠する前からプラークや歯石を取り除いていただき、お口の中を清潔に保ちましょう。
もし、歯周病かな?と思ったら早期治療を受けていただきたいです。
最も大切なことは日ごろのケアをしっかりと行ってお口の中をきれいにし、定期的にクリニックでクリーニングしてもらうことでしょう。
お母さんのお口の中の状態をきれいに保つことで、産まれてくる赤ちゃんのお口の中も守れるはずです。
ぜひ、ここでご紹介した妊娠性エプーリスについてご参考にしていただき、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!