妊娠初期に多い歯のトラブルとつわりがひどい時のオーラルケアのコツ

はじめに

赤ちゃんを産むと育児のためお母さんはどうしても自分のことが後回しになってしまう方も多いのではないでしょうか?
妊娠中のお口のケア次第でお母さんの出産後のお口の健康状態が決まってくると言ってもいいでしょう。
お母さんに虫歯菌が多い場合、虫歯菌が赤ちゃんにうつってしまうこともあります。
ここでは妊娠初期に起こりやすい歯のトラブルや、つわりがひどい時のお口のケアとはどういったものがあるのかをご紹介してみます。
妊娠している方も妊娠予定がある方もぜひご参考になさってみてくださいね。

妊娠中に起こるお口のトラブルとは

では妊娠中に起こりやすいお口のトラブルにはどういったものがあるのでしょうか?

虫歯

妊娠すると、唾液の分泌が減るためお口の中が酸性に傾きやすくなるため虫歯になりやすいと言われています。
さらに、つわりで歯磨きが面倒になったり、食事の回数が増えるのでお口の中の状態が不衛生になってしまい、虫歯になりやすくなります。
なにも虫歯はお母さんだけの問題でなく、赤ちゃんにも大きな関係があるのです。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌がいませんが、お母さんと同じ食器を使うなどすることで虫歯菌がうつります。
つまり、お母さんが出産までにお口の中をきれいにし、虫歯をなくしておくことこそが虫歯菌から赤ちゃんを守る方法なのです。

口臭

妊娠すると、お口の中の唾液が減ってしまうのでドライマウスになりがちです。
そのため、口臭が起こりやすくなるのでこまめに水分補給したり、うがいをすることが大切です。
歯磨きをきちんと行っていない場合にも、プラークが残りがちなので口臭が起きやすくなります。
また、虫歯や歯周病を放置していると口臭が起こりやすくなります。

歯周病が早産の原因に?

妊娠初期の頃は女性ホルモンの分泌がさかんになりやすいため、歯周病菌が繁殖してしまい歯周病になりやすいと言われています。また、いったん歯周病になると、進行しやすいとも言われています。

たかが歯周病と思われそうですが、妊娠中の歯周病を甘く考えるのはやめましょう。
妊婦さんが歯周病にかかってしまうと、低体重児出産のリスクが2.3倍、早産のリスクは4倍にもなるというから恐ろしいですよね。
歯周病になるとサイトカインという物質が発生し、子宮が収縮しやすくなります。
すると、子宮が収縮してしまうため出産の時期が早まってしまうのです。
妊娠すると飲酒やたばこを控えるのは当然のことと思われていますが、同じように歯周病予防にも注意が必要です。

また、つわりがありお口のケアがいい加減になり、どうしてもお口の中が不衛生になりがちです。
そういった場合には歯ブラシを使う歯磨きではなく、口をゆすぐだけでもお口の中をある程度きれいにできるそうです。
他に虫歯予防としてクリニックでのクリーニングもおススメです。
歯のクリーニングは麻酔やレントゲンなどを伴わないので、妊娠初期のお母さんでも受けることができます。
定期的にクリニックでクリーニングを受けることで歯周病や虫歯を予防できるので、妊娠する前からクリーニングを受けていた方は続けていただき、受けていなかった方もぜひこの機会にクリーニングを受けるようにしましょう。
妊娠初期の頃は歯周病や虫歯になりやすい状態であっても、本格的な治療が受けづらいです。
歯周病や虫歯は赤ちゃんにうつる病気なので、妊娠初期の頃から予防をするようにしていだたき、歯周病や虫歯にならないように気を付けましょう。

つわりでつらい時のお口のケア

つわりでつらい時期はお口のケアは大切ですが、あまり無理しすぎないことも大切です。
つわりでつらい時期に歯磨き粉のにおいや味が気になって歯磨きできない・・というお母さんも多いようですが、そういった場合には刺激性の低いものを選んだり、歯磨き粉を使わずにブラッシングするなど工夫をすることが大切です。
また歯ブラシを小さめのものにすることでブラッシングしやすくなることもあるようですね。
ブラッシングする際に吐きそうになる場合にはうがいをするだけでもいいでしょう。
その際に緑茶でうがいをすると、殺菌効果でお口の中がきれいになるのでおススメです。
もし、うがいをするのもつらいようなら、小さい氷をなめておくのも一つの手です。

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療の赤ちゃんへの影響はない

では、もし妊娠中に虫歯などになってしまった場合、治療しても大丈夫なのでしょうか?
妊娠中の歯科治療について不安を感じている妊婦さんは多いですが、赤ちゃんへの影響はほぼないと言ってもいいでしょう。
逆に、妊娠中に歯科治療をきちんと受けていないことで、赤ちゃんはお母さんの健康が損なわれてしまうことの方が多いです。
つまり、妊娠中はむしろ歯科治療をきちんと受けておいた方がよさそうです。

気をつければほとんどの治療が可能

抗生物質の服用以外の治療は一般的に妊娠中でも可能だと言われています。
ただ、妊娠初期のレントゲン撮影や後期になってからの歯科治療では注意が必要になることもあるものの、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。
お母さんの体への配慮さえ行っていれば、妊娠しても歯科治療が積極的に受けられます。
よく昔から子どもを産んだら歯を失ってしまうなどと言われていますが、これを防ぐことができるのです。

まとめ

妊娠初期に起こりやすいお口のトラブルやつわりの際のオーラルケアなどについて詳しくご紹介してみました。
妊娠するとホルモンバランスが乱れるためお口の中の環境も悪化しやすくなってしまい、歯周病や虫歯などのトラブルが起きやすいです。
ただ、妊娠していても歯科治療はさほど赤ちゃんに影響はないため、もし歯周病や虫歯になってしまったらしっかりと治療を受けるようにしましょう。
また、そうならないためにも日ごろからお口のケアをしっかりとしていただき、つわりでつらい時期はうがいだけでも行うようにしてくださいね!
ここでご紹介したことが生まれてくる赤ちゃんとお母さんの健康を守る手助けになればと思います!