いつから?回数は?コツは?赤ちゃんの歯磨きに関するママさんの疑問にお答え!

はじめに

赤ちゃんの歯が生え始めたら、うちの子も大きくなったな・・などと感動するものです。

そのいっぽうで、赤ちゃんの大切な歯が虫歯になったらどうしよう・・と不安に感じるお母さんも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんの歯磨きをしたいと思っていても、数本程度しか歯が生えていないのでどうやって磨けばいいのか迷うこともあるでしょう。

そこでここでは赤ちゃんの歯磨きはいつから始めてどの程度すればいいのか、どういったコツがあるのか・・などをご紹介しますので、出産予定のママや育児中のママはぜひご参考になさってみてください。

赤ちゃんの歯磨きが大切な理由

赤ちゃんの歯磨きが大切と言われるのには次のような理由があります。

虫歯を防止するため

赤ちゃんは唾液が多いため虫歯になりづらいですが、全く虫歯にならないというわけではありません。

どうせ乳歯は永久歯に生え変わるので虫歯になっても放っておこう・・と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、実際には乳歯が虫歯だと永久歯が虫歯になりやすくなったり、噛む力が悪くなったり、あごの発育が悪くなったり、歯並びが乱れるなどのリスクがあるそうです。

大人ようにしっかり毎食後磨く必要はないでしょうが、成長度合いに合わせきれいにしておくことが大切です。

歯磨き習慣をつける

歯が全て生え揃うまでの歯磨きの最大の目的は歯磨き習慣をつけるためでしょう。

お口の中へ異物が入ることに慣れさせることから始まって、小学校に入学する頃には自分で歯磨きできるようになるのが理想です。

なので、嫌がっているのに無理に歯磨きするのは避けた方がいいでしょう。

機嫌のいい時に改めて行ったり、口の周りに触るだけなどにしておき、歯磨きに対して拒否反応が起こらないよう注意しましょう。

 歯磨きを始める時期

では、赤ちゃんの歯磨きはいつから行えばいいのでしょう。

一般的に赤ちゃんの歯磨きを始めるのは歯が生え始める6ヶ月~1歳の頃が理想だと言われています。

この時期の赤ちゃんは母乳や離乳食がメインとなっており、間食することはありませんので唾液の作用によってお口の中は常に清潔な状態です。歯磨きについてはお口の中の掃除を目的とするものではなく歯ブラシに慣れさせることが目的です。

ガーゼを使ってお口の中をきれいにする際にも赤ちゃんに歯ブラシを持たせて慣れさせるようにしましょう。

 赤ちゃんの歯磨き回数

大人は食後歯磨きを行いますが、赤ちゃんは最初は1日1~2回程度でいいでしょう。

離乳食が始まる頃は1日1回でかまわないので、機嫌が良い時や時間がある時などに綿棒やガーゼを使ってきれいにしましょう。

離乳食が始まったら、食後なるべく歯磨きする習慣をつけましょう

出来ない場合は白湯やお茶を飲ませるだけでも構いません。

はじめは歯1本当たり5秒程度磨けばじゅうぶんですが、寝ている間は唾液が減り虫歯になりやすいため寝る前はきちんと歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。

赤ちゃんの歯磨きする際のコツ

仰向けに慣れる遊びを行う

たとえば赤ちゃんの口に声を出しながら手を当てたり、ほっぺたに音を立てながら触ったり、円をかくように触れたり、普段の遊びの中にほおや口に触るものを取り入れるのがコツです。

ラッコのように赤ちゃんをのせ体を左右に大きく揺らしたり、小さく揺らしたりして変化をつけるのもいいでしょう。

こういった遊びは1歳頃から始める寝かせ磨きの予習にもなるためぜひ取り入れていただきたいです。

手鏡を使って興味を持たせる

おこさまに手鏡を持たせた状態で、どういうことがお口の中で起きているのか話しながら磨いてあげましょう。

お口の中にばい菌がいるよとか、きれいになったよ・・などと声かけしながら磨けば自分で磨きたいと思うはずですよ。

とにかくほめる

歯磨きを行っている間や、磨いた後は必ず赤ちゃんをほめてあげるようにしましょう。

たとえうまく磨けていなくても仕上げ磨きをしてあげればいいので、歯を磨きたいと思わせるように努めましょう。

楽しい雰囲気づくりを行う

お口の中に突然歯ブラシという異物が入ってくるので、赤ちゃんが拒否反応を示すのは当然だと思っておきましょう。

ですが、歯磨きタイムが楽しいと思わせられれば自然に歯ブラシを受け入れられるはずです。

歯磨きの際は笑顔を忘れないようにしましょう。

歯磨きの体勢に慣れさせる

歯磨きの時だけいつもと違う体勢にさせるのは避けたいものです。

ですので、歯磨きの時間以外にも寝かせ磨きの体勢を取って赤ちゃんと触れ合うようにしましょう。そうすれば、その体勢でいることに慣れるはずです。

おもちゃで遊んだり、口の周りに触ったりなどし少しずつ歯磨きタイムに持っていきましょう。

歌を歌ったり音楽をかけて歯磨きする

歯磨きが嫌いな赤ちゃんに最も効果的なのが楽しい動画を見せながら歯磨きを行う方法です。また、赤ちゃんの好きな音楽をかけながら、歌を歌いながら歯磨きすれば歯磨きタイムが楽しくなるはずですよ。

どの方法にも共通しているのが歯磨きタイムが楽しくなるようにすることです。

無理に赤ちゃんのお口に歯ブラシを入れたりせず、その時間を好きになってもらうことが大切ですね。

 1歳半になったら歯科検診を

市町村などでの歯科検診は1歳半で行われることが多いため、そこが初めての歯科検診デビューになる赤ちゃんがほとんどです。

はじめは赤ちゃんのお口の中は虫歯菌はいないものの、少しずつ虫歯のリスクは上がります。

歯科検診では赤ちゃんのお口の状態に合わせて診察してくれるため、将来のことを考慮すると1歳半を過ぎたらクリニックで歯科検診を受けることが理想です。

また、定期的にフッ素塗布を行ったり、虫歯菌の検査なども受けるといいでしょう。

 まとめ

赤ちゃんの歯磨きを始める時期や回数、コツなどをご紹介してみましたが、お分かりいただけたでしょうか?

赤ちゃんの歯が生える時期はそれぞれで、早い子や遅い子などさまざまです。乳歯だからと油断せずしっかりと赤ちゃんに歯磨き習慣をつけましょう。

赤ちゃんが歯磨きが嫌いにならないよう、上でご紹介したコツを実践してみてくださいね!