定期検診を受けることのメリットとは

はじめに

虫歯治療は誰でも苦手なものですので、なるべく健康な歯で過ごし、治療の必要がない状態で暮らしたいですよね。いつまでも健康な歯でいるために必要不可欠なのが歯科定期検診です。

ここでは歯科で定期検診を受けるメリットや費用などについてご紹介します。お口の中の状態が気になる方やきちんと磨いているのに虫歯になるという方はこれを読んでいただき、定期検診を受ける習慣をつけていただきたいです。

定期検診のメリット

虫歯を早期発見できる

定期検診を受けていれば虫歯を早期発見できます。もし、初期段階で虫歯を発見できれば簡単な治療で済む可能性があります。

虫歯がひどくなってから気づくと治療が大がかりになるため、痛い思いをすることもありますが、定期検診を受けることでそれを回避できるということですね。

治療費用と治療期間を軽減できる

歯周病や虫歯などが早期発見できれば、治療に必要となる時間や費用も軽減できます。仕事や家事で忙しい中時間を作ってクリニックに通うのはかなり大変なことでしょう。

ですが、虫歯が進行していたり、多かったりするとかなりの時間がかかる場合があります。さらに、歯周病や虫歯を早期発見できれば治療費も少なくて済むメリットがあります。

たった年に数回の定期検診を受けるだけで通院にかかる回数や時間、費用などを少なくできるメリットは予想以上に大きいはずですよ。

歯周病を改善できる

歯周病はいわば生活習慣病の一つで生活習慣病と言えば糖尿病や高血圧症などがイメージするかもしれませんが、歯周病もその一つなのです。

現在、生活習慣病を完治するのはとても難しいとされているため、糖尿病や高血圧症は薬を飲み続けるほかありません。ですが、歯周病は歯周病菌によって歯を支えている骨や歯ぐきを傷つけてしまう病気で、歯周病菌が増えやすい環境なども判明しています。

クリニックで定期検診を受けることによって、歯周病を早期発見できれば歯周病を早期治療が可能になります。そうなれば、歯の寿命を長持ちさせることができるはずです。

歯の定期検診の内容

歯周病検査

歯と歯ぐきの境い目の深さを測って歯周病の状態を部分ごとにチェックします。レントゲンだけでは見えづらい組織の状態を見るためには必要不可欠な検査です。

ちょっと痛みがあるから苦手という方も多いようですが、そういう方は歯ぐきに炎症がある場合が多いです。一般的に痛みが強いほど炎症が強く、つまりきちんと磨けていないところが多くなっており、歯周病や虫歯になりやすいところが多いということになります。

レントゲン検査

お口の中を見ただけでは見えづらい箇所、歯の中や歯ぐきに隠れているあごの骨の状態などを診ていきます。

なお、最近ではデジタルレントゲンを使っているクリニックが多くなっており、これまで使われていたレントゲンの放射線量の10分の1程度で済むメリットがあります。

歯のクリーニング

水と超音波の振動が出る機器を使って、虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除いていきます。

ブラッシング指導

お口の中の健康な状態を保つためブラッシング指導を行います。必要ならプラークを赤く染め出して、どこに注意してブラッシングすればいいのか指導することも可能です。

日ごろうまくブラッシングできないところや、気になるところがある場合にはここで聞いてみるといいでしょう。もし、正しくブラッシングできていたとしても誰でも磨きぐせというものがあるため、知らず知らずのうちにくせがついてしまうものです。

お口の中をいい状態に保つためにはクリニックで定期的にチェックしてもらい、改善するべき点があれば改善するようにしましょう。

お口の中の全体をチェックする

ご自分では気づかない虫歯のほか、治療が終った歯や噛み合わせや粘膜などに異常がないかなど、お口の中をチェックしてもらいます。

PMTC

ブラッシングだけでは除去しきれないバイオフィルムと言われるお口の中の細菌が作るバリアを壊し、溜まった汚れを取り除いて再度付着しにくい状態にしていきます。

これについては保険が効かない自由診療となるため注意しましょう。

フッ素塗布

虫歯を防止できるフッ素を歯の表面に塗って歯の質を強化し、虫歯菌が出す酸に対する抵抗力をアップさせます。さらに、この施術によって虫歯菌が酸を出す力も弱めることができると言われています。

フッ素塗布も基本的に保険が効かないため、前もって調べておくことをおすすめします。

定期検診の費用

では、歯の定期検診にかかる費用は一体どれくらいなのでしょうか?

歯石除去以外の定期検診だけなら保険を使えるため、3~4千円程度で済みます。親知らずや顎関節症などのチェックがなく、レントゲン撮影がない場合はさらに安くなるため2~3千円程度で済むと言われています。

ただ、保険が使えるか、レントゲンを撮るかによっても費用が違ってくるため、前もって確認しておくことをおすすめします。

お口の中の病気は初期段階で症状が現れることはほとんどないため、症状がはっきりと現れてからだとある程度時間や費用がかかるので注意しましょう。

定期検診の頻度

お口の状態に合わせ、3~6ヶ月ごとに定期検診を受けることがおすすめです。

なんらかのトラブルが起こる前に検診を受けることによって、お口の中を健康な状態に保て、よりよい状態に導けるからです。プロは歯ぐきのちょっとした変化であっても気づくものです。

また、定期的にチェックしてもらえばアドバイスも受けることができるので最善の処置が行えます。

まとめ

ある程度歳を取ったら定期的に歯の定期検診を受けることをおすすめします。お口の中に不調を感じてからでは遅いからです。

歯医者さんが苦手という方は痛みや違和感があっても限界に達するまでクリニックに行かないという方がほとんどのようですが、それでは歯周病や虫歯が悪化するばかりです。

歯周病や虫歯は放置しても自然治癒することはなく、悪化するばかりです。

さらに、歯を抜くことになればインプラント治療などの高額な治療が必要となるため費用がかさみます。
高齢者で健康な方は歯の本数が多く丈夫な方がほとんどです。

いつまでも健康でいるためにぜひ歯の定期検診を受けてくださいね!