虫歯になる前に徹底的に予防。予防歯科を受けるメリット

「ズキーッ!」とした突き抜けるような痛みが食べ物を噛んだ時に頭のてっぺんまで走り、冷たい飲み物を飲む時にも歯の中心からうずくような痛みを感じる・・・

虫歯になってしまった時の痛みは、とてもつらいですよね。

虫歯の痛みは生活そのものに影響が出る事も多く、出来れば経験したくないものです。

虫歯を未然に防ぐ為には、虫歯になる前に「虫歯にならないように予防する」という「予防歯科」を実践する事で天然の健康な歯が虫歯になるリスクを下げる事が出来ます。

今回は、虫歯にならない為に行う「予防歯科」を受けるメリット、そして「予防歯科」で行う事が出来る自宅でのホームケアと歯医者さんでのプロケアについて詳しくご紹介いたします。

予防歯科を受けるメリット

現在、欧米の先進国では当たり前の考え方となっている「予防歯科」。

予防歯科は虫歯にならないように、日々のケアをする事で虫歯を未然に防ぐ方法です。

欧米では予防歯科の概念は「歯科治療におけるもっとも重要な事」として、予防歯科によって虫歯を予防するという考え方が小さなお子さまからお年寄りまで幅広く浸透しています。

しかし、日本の歯科治療においては虫歯を未然に防ぐ予防歯科の考え方はまだまだ一般的には浸透しておらず、近年になってようやく予防歯科に力を入れ始める歯科医院がポツポツと出始めた、といった状況です。

日本でも徐々に浸透しつつある予防歯科ですが、虫歯を未然に防ぐ予防歯科にはさまざまなメリットがあります。

具体的なメリットとしては、

健康な歯や歯茎を長く保つ事が出来ます

毎日のケアを行い虫歯を未然に防ぐ予防歯科を実践する事で、天然の健康な歯を長く保てるようになります。

また、毎日ケアを行う事で同時に歯ぐきにも良い効果を期待出来、歯周病の予防にもつながります。

歯を削らず、痛い思いをしなくても済むようになります

現在の日本の歯科治療では麻酔技術の発達により、虫歯の治療中に痛みを感じる事はほとんどありません。

しかし、虫歯治療では治療時に打つ麻酔の痛みを感じたり、虫歯の状態が歯の神経や歯の根っこの部分である根管にまで虫歯が及んだ状態になってしまうとどうしても治療が複雑になり、多少の痛みを治療中に感じる事もあります。

これらの歯の治療時に感じる痛みは、虫歯を未然に防ぐ予防歯科を実践する事で虫歯治療そのものを受ける必要がなくなる為、痛い思いをせずに済むようになります。

銀歯を使わなくて済み、天然の白く美しい歯を保つ効果があります

予防歯科を実践して虫歯を未然に防ぐ事で、保険が適用される保険診療時に多く用いられている銀歯を使わずに済み、天然の白く美しい歯を保つ効果を期待出来ます。

保険で選択した銀歯の治療した後がギラギラと光ってしまうのは見た目にも美しくないばかりか、銀歯の中に含まれている金属成分が唾液を介してお口の中に広がってしまい、歯が黒くなってしまったり金属アレルギーを引き起こす恐れもあります。

歯や全身にかかるトータルの治療費用を減らす事が出来ます

毎日のケアで虫歯を未然に防ぐ予防歯科は歯の治療や身体全体の治療にかかる医療費を軽減する事が出来ます。

歯の治療は虫歯の進行度が少ない段階であれば治療自体も比較的簡単に済み、治療にかかる金額もそれほどかかりませんが、歯の神経である歯髄を抜く抜髄治療や、歯の根っこを掃除する根管治療を行わなければいけない虫歯治療になってしまうと治療そのものが大掛かりになり、それに比例して治療費用も増えてしまいます。

また、天然の歯がどれだけ残っているかという「残存歯の割合」が高い人、つまり天然の歯が多く残っている人は「一生にかかる生涯医療費の金額」がそうではない人よりも少ない、という調査結果が明らかになっています。

お口の中がスッキリし、口臭を防ぐ効果があります

虫歯予防の為に歯科医院で行う予防歯科では、スケーラーという専用の器具で自分ではとり切る事が出来ない歯垢(プラーク)や歯石を取る事が出来、お口の中がスッキリします。

歯科医院で行う予防歯科では歯のクリーニングも同時に行う為、歯石や歯垢が原因となる口臭も防ぐ事が出来ます。

歯科医院に通う時間を少なくする事が出来ます

虫歯治療を始めとした各種の歯科治療は、回数と時間がかかります。

虫歯を治療した際に半年間や1年間といった期間で歯科医院に通った経験がおありの方も多いのではないでしょうか。

理想としては「1年間に4回」、3ヶ月に1回のペースで歯科医院での予防歯科を受ける事で、歯の治療にかかる回数と時間を大幅に減らす事が出来ます。

自分自身で出来る「ホームケア」とは

虫歯を未然に防ぐ予防歯科では、自分自身で行う事が出来る毎日の歯磨きを中心とした「ホームケア」と、歯科医院で受ける事が出来る「プロケア」があります。

自分で行えるホームケアの方法としては、

正しい磨き方で行う毎日のブラッシングが基本です

予防歯科の基本は、自分で行う事が出来る毎日のブラッシングです。

正しい方法で毎日しっかりと歯を磨く事でプラークを取り除き、虫歯の原因となるミュータンス菌やラクトバチルス菌などの活動を抑える事が出来ます。

デンタルフロスや歯間ブラシも虫歯予防に効果があります

歯ブラシが届きにくい歯のすき間には、デンタルフロスや歯間ブラシを使って清掃する事で、より虫歯を予防する確率を高める事が出来ます。

歯科医院で行う「プロケア」について

虫歯にならない為に実践する予防歯科は毎日のブラッシングが基本となりますが、歯科医院で行われる「プロケア」を合わせて受ける事でより虫歯になるリスクを減らせます。

歯科医院の院内で行う「歯の定期検診」で虫歯をチェックします

歯科医院で受けるプロケアではまず最初に歯の定期検診を行い、歯が虫歯になっていないか、歯周病にかかっていないかなどを確かめます。

「時間がなくて歯科医院にどうしても行けない」という方は、企業や学校等の各種機関で実施している歯の定期検診を受ける事をおすすめします。

「スケーリング」により歯石を取って虫歯予防を行います

歯科医院で行うプロケアではスケーラーを使ったスケーリングにより、歯に付着した歯石を取る事で歯石にひそんでいる虫歯菌を除去する効果や、歯石の下に虫歯菌が入り込むのを防ぐ効果があります。

「PMTC」で歯を綺麗にクリーニングします

歯科医院で行うプロケアでは、「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と呼ばれるクリーニング方法により歯についたプラークなどの汚れを綺麗に落としてゆきます。

専用のチップやデンタルフロスを使って行うPTMCは、研磨剤(歯に影響が少ない物)を使用して隅々まで歯をクリーニングするほか、最後の仕上げとして歯を修復する効果のあるフッ素を歯の表面に塗る「フッ素塗布」を行い、虫歯菌から歯を守ります。

予防歯科で虫歯を防ぎ、いつまでも健康な歯と身体を保ちましょう

虫歯を防ぐ為、自分で出来る日々のブラッシングを中心としたホームケアを行い、歯のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士が行うプロケアを合わせて受ける事で虫歯になるリスクを大幅に減らす事が出来ます。

また、近年では虫歯は全身性の疾患である心筋梗塞や糖尿病とも深い関係がある事が判明しつつあり、予防歯科で虫歯を防ぐ事は歯の健康だけではなく身体全体の健康にもつながります。

「歯医者に行くのは歯が痛くなってから」という考え方は虫歯の発見が遅れがちになってしまい、結果として歯の治療にかかる時間とお金が余計にかかってしまいます。

虫歯になって大切な歯を失わないようにする為にも積極的に予防歯科を実践し、健康な歯と身体を末永く保つように心がけましょう。