知っておきたい乳幼児の虫歯の見つけ方

毎日きちんと仕上げ磨きをしてあげたり、甘いものをなるべく食べさせないようにしていても、突然お子さんの乳歯に虫歯ができていたらショックですよね。

乳幼児の虫歯は日ごろからお母さんが気を付けていないとすぐにできてしまうものです。

ここでは乳幼児の虫歯ができやすい場所や、見つけ方、予防方法などについてお伝えしたいと思います。

乳歯の虫歯ができやすい場所とは

奥歯の溝や奥歯の間

永久歯と同じで、乳歯で虫歯のできやすいところは奥歯の溝や奥歯の間だと言われています。
特に奥歯の歯間は隙間が非常に狭いのでブラッシングしたとしても汚れが落としづらいため、デンタルフロスなどを使用しきちんと掃除してあげるようにしましょう。

上の前歯

上の前歯も虫歯になりやすいと言われています。
前歯はブラッシングがしやすいですが、ミルクや飲み物を飲むことによって虫歯になりやすいようですね。
特に哺乳瓶でミルクを飲んですぐに寝ると、寝ている間は唾液の量が減るため虫歯菌が増えやすくなります。

歯と歯ぐきの間

歯と歯ぐきの間のところが白く帯状になっていたら虫歯かもしれません。
また、お子さんは歯ぐきが柔らかいため食べもののかすが詰まりやすくなり歯と歯ぐきの間のブラッシングを嫌がるため、きれいに歯磨きできていないことが多いようです。
もし、不安な場合はクリニックで正しい歯磨きについて教えてもらいましょう。

乳幼児の虫歯の見つけ方&治療法

虫歯菌が歯の内部の象牙質まで達すると、歯の表面に茶色い線や点が出てくることがあります。

この茶色い線や点の正体は着色汚れか虫歯のどちらかです。ですが、着色汚れと虫歯の違いを見分けるのは素人には非常に難しいですし、小さいお子さんは痛みを感じにくいものです。

もし、この茶色い線や点を見つけたら痛がることがなくても、すぐにクリニックに連れて行くようにしましょう。
この茶色い点が虫歯なら、そこを削って詰めものをすることになるでしょう。

虫歯が大きいと金属の詰めものを入れ、小さい場合は歯と同じ色の素材を入れることになるはずです。その際、通院回数は2~3回程度になるでしょう。

ただ、お子さんの年齢が小さい、お子さんが治療を嫌がるといった場合には全部虫歯を取り除くことができないかもしれません。こういった場合、歯と詰めものとの間に抗菌物質が含まれた接着剤を使って治療することもあるようです。

それによって、虫歯がたとえ少し残ってしまっていても進行を食い止めることが可能だからです。もし、お子さんの虫歯を放っておくと神経まで虫歯菌が到達してしまいます。

また、1つの歯に虫歯ができたということは他の歯にも虫歯菌がいるかもしれないので注意しましょう。乳歯は永久歯よりエナメル質が弱いと言われています。一度虫歯になってしまうと進行が速いので、虫歯になる前に予防するようにしましょう。

乳歯は永久歯と比較すると神経までの距離が近いので、数週間放っておくだけでも神経にまで虫歯が進んでしまうと言われています。

茶色い点や線を見つけたら放っておかず、すぐにクリニックに連れて行ってあげることが大切です。

自宅で乳幼児の虫歯を予防する方法

自宅で行える乳幼児の虫歯予防法について具体的にご紹介しますので、ぜひやってみて下さいね。

・フッ素入りの歯磨き粉を使う

フッ素が入った歯磨き粉やジェルなどを使えば歯のエナメル質を強くできます。

・デンタルフロスを使う

歯磨きだけでは磨きにくい奥歯や、虫歯になりやすい前歯の歯と歯の間などはデンタルフロスを使えば効果的に虫歯を予防できます。

・キシリトール製品を取り入れる

虫歯菌を抑制し再石灰化を促進するキシリトール製品を取り入れることで乳幼児の虫歯を予防できます。
クリニック専用の製品もあるため、一度相談してみるといいでしょう。

・家族からの感染を防ぐ

虫歯菌は感染症の一種なので、家族が使った食器などを共有しないようにすれば虫歯菌の感染を防止できるでしょう。

また、家族のお口の中をきれいに保つこともお子さんの虫歯予防につながるはずです。

クリニックでできる乳幼児の虫歯予防

PMTC

日ごろ丁寧に仕上げ磨きをしてあげていても、磨き残しが起きるのは当然です。

クリニックではPMTCという歯のクリーニングがあり、専用の器具や薬などを使い歯をきれいにしてもらうことができます。もちろん、お子さんでも施術してもらうことができるので、定期的にクリニックでこの施術を受けることをおすすめします。

フッ素塗布

お子さんの虫歯を防止する方法と言えばフッ素をイメージするほど、最近よく行われているのがフッ素塗布でしょう。フッ素は歯や骨を強くすると言われており、歯の質を強化する効果があります。

施術法としては歯の表面に適度な濃さのフッ化物を塗布し、歯の再石灰化を促進して虫歯菌の出す酸に溶けにくい歯にしていく方法です。フッ素塗布は3ヶ月に1回程度塗布するのが一般的だと言われています。

シーラント

虫歯になりやすいと言われている前歯の裏や奥歯の溝などに、虫歯にならないよう前もって歯科用プラスティック樹脂を詰めて凹凸をなくし、虫歯になりづらくする施術をシーラントと言います。

日常生活を送る間にこのシーラントが取れてしまったり、すり減ることがあるので、定期的にクリニックで施術してもらいましょう。

ブラッシング指導を受ける

虫歯を予防するには日ごろの歯磨きを習慣づけることも重要ですが、自力で完璧にケアをするのは難しいでしょう。

虫歯を予防するには正しいブラッシング法を指導してもらうことが大切です。また、歯間ブラシやデンタルフロスの使い方も指導してもらうといいでしょう。

効果的に歯の汚れを落とせる歯磨きの仕方を指導してくれるはずですよ。

まとめ

乳幼児の虫歯の見つけ方や、虫歯を防止する方法などをご紹介してみました。

お子さんの歯に見える茶色い線や点は乳幼児の虫歯を見分ける大切なポイントと言ってもいいでしょう。お子さんの乳歯は柔らかく虫歯になりやすいため、虫歯ができやすいところはよく観察するようにしてあげて下さい。

もし、お子さんのお口の中に虫歯かな?と思う歯があったら、すぐにかかりつけのクリニックで診てもらってくださいね!