歯を失わないために・・・予防歯科を受けることの大きなメリット

はじめに

日ごろからきちんと歯磨きしていれば、歯周病や虫歯にならなくて済む・・と思っている方は多いはず。
ですが、歯磨きをしていれば歯周病や虫歯にならないというわけではなく、お口の中の状態は人によってそれぞれ違っているため、日ごろのセルフケアだけでは十分と言えないのです。
お口の中の唾液の量や細菌の種類や数、歯並びや年齢、歯磨き方法・・など、さまざまな要素が絡み合っているため、歯周病や虫歯のリスクは人それぞれです。
歯磨きは日ごろのセルフケアの中でも必要不可欠ですが、確実に病気を予防するには定期的なメンテナンスが大切です。
ここでは予防歯科のメリットについてまとめてみましたので、歯周病や虫歯のリスクを軽減するためにお役立てください。

予防歯科とは

最近、予防歯科の大切さが叫ばれるようになってきました。
虫歯になってから治療を始めるとお金や時間がかかってしまいますよね?
お口の中に虫歯がたくさんあると全て治療が終るまでかなりの時間がかかりますし、神経を取るようなひどい虫歯の場合はそれだけでもかなりの時間を要します。
さらに、治療している間に新しい虫歯ができることもあり、治療がずっと続いてしまうこともあります。
そんな状態を回避するには虫歯を予防することが大切です。
虫歯の予防と聞くと歯磨きをイメージするでしょうが、セルフケアだけでは十分ではないこともあるためクリニックで予防歯科を行うのがオススメです。
たとえば、予防歯科では正しいブラッシングの方法を教えてくれます。
自分ではきちんと磨けているつもりでいても実際には磨けていないことも多いです。
歯科衛生士さんなどから正しいブラッシング法を指導されることで日ごろのセルフケアを完璧なものにできるはずですよ。
また、歯のクリーニングも行われます。
歯石などはご自分でのブラッシングでは落としきれないため、プロにきれいにしてもらうことで虫歯予防が可能です。
最近、PMTCというクリーニングを行うクリニックが増えています。
これは単純に汚れを除去するだけでなく、歯の黄ばみなどを落としたり、歯を強化できる施術です。
歯周病や虫歯になる前にきちんと対策を行う予防歯科。
予防歯科は治療の負担を軽くするための重要な役割を担っています。
クリニックは虫歯治療を行うところ・・と思っていた方も、今日からは予防するために利用する場所にしてみませんか?

予防歯科の大切さ

最近、予防歯科への関心が高まりつつありますが、日本人はそもそも虫歯の多い国民だと言われています。
実際に、フィンランドの12歳の子どもと比べて日本人の子どもの虫歯の数は4倍というデータがあるほどです。
その原因は予防歯科への意識が低いことが挙げられます。
つまり、日本人は虫歯になって初めてクリニックに訪れる・・という意識が強いのです。
予防歯科の大切さは何も虫歯予防だけではありません。
最近社会問題にもなっている医療費の増加にストップをかける役割もあります。
3か月に1度クリニックで歯の定期検診をおそうじを行って虫歯を防止すれば、虫歯治療にかかる医療費を大幅に削減できます。
さらに、クリニック側としても通院し続けてくれる常連の患者さんを確保できるため、経営的にも安定が図れます。
つまり、予防歯科は医療費の増大やクリニックの経営の悪化を防止できるというわけですね。
それに、予防歯科を受けることで虫歯のリスクや歯のメカニズムなどをきちんと認識できるため、日常生活をよりよくすることができます。
甘いものやジュースなどを食べ過ぎたり、アルコールを飲んだまま歯磨きせずに寝てしまうことにいかにリスクがあるか・・などを知っておけば、生活習慣を見直そうとするはずです。
また、よく噛んで食事をすることの重要性を認識すればお子さんのあごの発育も促進されます。
つまり、予防歯科を行うことで歯だけでなく生活全般を見直すことができ、全身の健康につながるというわけです。
予防歯科の大切さは虫歯だけにとどまらないので、一人一人の方がより関心を持つ必要があるのです。

予防歯科のメリット

・歯周病や虫歯を防止する

日ごろのセルフケアは歯の健康維持や歯周病や虫歯の早期発見につながります。
体の健康診断を1年に1回受ける方は多いでしょう。
それと同様に、予防歯科でお口の中の状態を定期的にチェックしてもらい、歯周病や虫歯を防止することが大切です。
失ってしまったら二度と生えてこない歯を大切に維持するために予防歯科に取り組みましょう。

・治療の痛みや費用を軽減できる

歯が痛むほど不快なものはなく、仕事や勉強に支障が出ることもあります。
もし、歯周病や虫歯になったとしても定期的にクリニックでチェックしてもらっていれば痛みがひどくなる前に発見でき、早期治療が可能です。
つまり、早期治療を行うことは治療期間も短期間で済みますし、費用も少なくでき心理的負担も経済的な負担も軽く済みます。
ある調査によると、クリニックで定期的にチェックすることで48歳までは年間2万円医療費が高くつくそうですが、それ以降になると下回る・・という結果だそうです。
さらに、65歳の段階でしっかりケアを行っている方は20万円程度かかり、ケアしてない方は35万円程度も医療費がかかるという結果が出ています。

・認知症を予防できる

高齢者の7人に1人が認知症だと言われていますが、歯の数が少なかったり、咀嚼能力が低かったりする人ほど認知症になる確率がアップすると言われています。
歯がほとんど残っておらず入れ歯を使っていない方は20本歯が残っている方に比べて、認知症を発症するリスクが2倍近くも高くなるそうです。
人間はものを噛まないでいると脳細胞が減るという結果もあるほどで、ご自分の歯でものを噛むことはつまり脳にもいい影響を与えるということになります。

まとめ

みなさんは歯があることが当然だと思っておられるかもしれません。
ですが、歯をなくしてしまってからその大切さに気付くことが多いものです。
口元を気にすることなく大きな口で笑って、おいしく食事を行うためには健康な歯が重要です
そのためにも、ぜひ予防歯科の大切さを認識していただき、いつまでも健康なお歯を維持してくださいね!