予防歯科で行われる具体的な内容とは

はじめに

最近、虫歯治療の前や後に予防歯科について説明してくれるクリニックが増えてきました。
どうして予防歯科を勧めるクリニックが増えてきたのか・・と思う方もいらっしゃるでしょう。
予防歯科とは歯周病や虫歯が進行しないよう予防を行うものです。
歯周病や虫歯治療で歯を削ったりするとすぐに悪くなってしまうため、予防した方がより効果的なのです。
ここでは予防歯科で行われる流れやメリットなどをご紹介したいと思いますので、ご参考になさってみて下さい。

虫歯になる前に徹底的に予防。予防歯科を受けるメリット

予防歯科先進国スウェーデンのケース

ヨーロッパにあるスウェーデンは予防歯科先進国として有名ですが、以前は歯周病や虫歯で多くの人が歯をなくしていたそうです。
それを改善すべく、政府が1970年代に予防歯科を大々的に国家プロジェクトとして開始し効果を得たそうです。
現在のスウェーデンは世界でも指折りの歯周病や虫歯の少ない国だと認知されています。
また、スウェーデンでは国民の認知度が6割ですが、日本ではまだ2割程度で、その中でも実際に予防歯科を実行している人はスウェーデンでは7割程度、日本人はたったの2割程度だそうです。

予防歯科がおすすめの理由とは

では具体的に予防歯科を行うことで得られるメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

・生活の質が上がる

人間にとって最大の欲望と言われているのが食べることです。
食べ物を美味しく食べるにはにおいや味は当然ですが、かみ応えも重要な要素だと言われています。
入れ歯の場合は食事はできるにはできますが、自分の健康な歯とは違うため違和感にいつまでも慣れない・・という方もいらっしゃいます。
また、入れ歯だと日ごろのメンテナンスが必要になりますし、歯ぐきが変化することで数年単位で新しいものに作り直す必要があるため費用もかさみます。
生きることはつまり食べることと言ってもいいでしょう。
つまり、おいしく食べることができる自分の歯をずっと保てることは人間の生活の質を向上させることに繋がるのです。

・治療費が抑えられる

歯の治療で使われるのは劣化しづらいセラミックなどです。
ですが、これらの素材は保険が効かないためかなり費用がかさみます。
また、根管治療や歯周病治療など高度な治療を受けるとなれば保険内診療では困難なので、それらを防ぐには予防歯科で防止するしかありません。

・治療しても数年で劣化する

歯を治療したところは数年も経てばそこから虫歯になっていきます。
お口の中は酸性やアルカリ性、熱い、冷たいなど常に過酷な状況におかれています。
そういった状況を保険診療で使う素材で耐えることは難しく、数年も経てば劣化して虫歯になってしまうのです。
ですが、健康な歯であれば食事をするごとに歯の表面が新たに入れ替わるため劣化する心配がありません。

・神経を取り除くと寿命が短くなる

歯の神経を取ってしまうと歯は死んでしまうと言ってもいいでしょう。
ただ、歯の神経を取ったと言ってもすぐに歯を抜く必要はありません。
ただ、神経がなくても抜く必要はないですが、再生力はなくなっており強い力がかかってしまうと折れるリスクがあります。
つまり、予防歯科で虫歯にならないようにすれば歯を長持ちさせられるのです。

予防を重視した歯科医療が重要と言われる理由とは

予防歯科の流れ

1.磨き残しや虫歯などをチェックする

まずはお口の中の状態をチェックします。
患者さん自身で歯磨きを行い、その後特殊な薬剤を使ってプラークを目に見える状態に染め出します。
そうすれば、どこに磨き残しがあるか患者さん自身が目で確認できます。
日ごろの磨き残しは歯周病や虫歯の原因になるため、この結果を元に自分自身が歯磨き法を見直して、日ごろの歯磨きについて指導を受けられます。
また、それと同時に虫歯ができていないか、歯周病になっていないかどうかなどもチェックします。

2.歯石の除去

日ごろの歯磨きだけでは取り除けない歯石や歯と歯の間の歯周ポケットに溜まった細菌などをチェックします。
これをバイオフィルムと言いますが、超音波を使った機器で取り除きます。
これをPMTCと呼びますが、お口の中の細菌を減らす効果もあるため、ケアが難しいところや磨き残しなどを徹底的にクリーニングしていきます。
歯周病や虫歯の原因であるプラークや歯石を除去することによって、お口の中をきれいにし、細菌が増えるのを抑制して健康な状態を維持します。

3.表面を研磨しフッ素を塗布

さて、超音波を使って汚れを除去したばかりの歯は表面がざらついています。
そのまま放っておくとプラークや細菌の温床になるため、歯の表面を滑らかに磨いていきます。
この施術が終わったばかりの歯はフッ素が浸透しやすくなっているため、仕上げにフッ素を塗布すれば再石灰化が促されて表面が強くなり汚れが付きにくくなるメリットがあります。
なお、フッ素を塗布することで虫歯予防効果が数段アップします。
フッ素を定着させるために1時間程度経ったらうがいを行い終了です。
それまで飲食するのは避けるようにしましょう。

 

予防歯科の費用

さて、では予防歯科の費用は一体いくらくらいかかるのでしょうか?
PMTCは保険外診療となるためクリニックによって費用が違っています。
クリニックのホームページに書かれていることが多いため見てみるといいでしょう。
ただ、歯周病治療が目的となれば保険内で治療が受けられます。
歯周病予防のために行うクリーニングについては保険内で治療を受けられます。
ただ、歯の根の部分にまで歯石が付着していると1度で治療を終了するのは難しくなっており、数回通院する必要があります。
1回の費用はPMTCより安いですが、何度も通うとなると費用もお金もその分かかってきます。

予防歯科は意外と安い!費用と手順について

まとめ

歯周病や虫歯が何もしないで自然に治ることはありません。
また、適切な治療を行ったとしても完全に元通りにすることはできません。
一番大切なのは歯周病や虫歯にならないようにすること、初期段階で治療をしできる限りダメージを少なくすることでしょう。
そのためには、日ごろのセルフケアも大切ですが、予防歯科を受診しクリニックで定期的にメンテナンスを行うことが大切です。
いつまでもご自分の歯で食事をしたり、会話できるよう予防歯科に努めてみてはいかがでしょうか?