手遅れになる前にやっておきたいセルフ歯周病ケア

みなさんのお口の中は健康ですか?

 

歯ぐきが赤く腫れている、ブラッシングの時に血が出る、口の中がねばつく・・などの症状から、もしかして歯周病では?と思ったことはありませんか?
歯周病とはその名前の通り歯の周囲の組織に起こるさまざまな症状を総称して言い、その中に歯周炎や歯肉炎などがあります。
驚くことに、成人の8割もの人がこの病気だと言われており、歯をなくす原因として最も大きいものが歯周病なのです。
さらに、最近の研究によれば、糖尿病を引き起こしたり早産の原因になるとも言われており、もし不安な場合はすぐに信頼できるクリニックに行くことをおすすめします。
ただ、軽度の歯周病の場合には自宅でのセルフケアで治すことができるため、ここではそんなセルフケア法についてご紹介してみたいと思います。
ぜひ、今後のご参考になさってみてください。

歯周病とは

歯周病とは一体どういった病気なのでしょうか?
そもそも歯周病とは歯の周囲に起こる症状を総称したもので、歯槽膿漏と同じ意味です
以前は歯槽膿漏と言っていたのですが、今では歯周病と言われるようになりました。
なお、歯肉炎とは歯周病の中でも最も軽度なもので、歯肉に炎症が起き腫れてしまうものを言います。
歯周病は歯肉炎が進み、歯ぐきだけでなく歯槽骨と言われる歯を支える骨にまで症状が及んでしまったものを言います。

歯周病の原因

次に歯周病の原因についてご説明しましょう。
この歯周病の最大の原因は歯垢や歯石が毒素を出し続けるためで、歯垢は食べかすではなく細菌の塊で、歯ぐきの中でこれが毒素を出して歯周病が進んでいきます。
食べかすを放っておくと24時間で歯垢になり、48時間放っておくと歯石になると言われています。
歯石になってしまうとセルフケアでは除去できないので、クリニックに行く必要が出てきます。
つまり、歯周病は歯垢や歯石をどう取り除くのかがポイントなんですね。

歯周病による体へのリスク

歯周病は早期治療しないと全身に悪影響を及ぼすことがあります。
歯周病による病気としては次のようなものがあります。
狭心症、心筋梗塞、糖尿病、早産・低体重児出産、骨粗しょう症・・などですね。
特に糖尿病については歯周病の合併症とも言われており、発症リスクが非常に高いです。
また、その逆もあり、糖尿病になると高血糖になるため毛細血管が弱くなるため細菌感染しやすくなることが原因だと言われています。
さらに、唾液の分泌量低下により口の中が乾燥しやすくなったり、白血球の機能低下などで細菌が増殖しやすくなるためです。

歯周病を予防するためのセルフケア法

歯周病とはサイレントキラーと言われるほど、知らず知らずのうちに悪化する怖い病気です。
歯ぐきが赤く腫れ炎症が起きている場合には歯周病の可能性があります。
その場合は早めに治療を受ける必要があります。
日ごろの歯磨きの方法をちょっと改善するだけで劇的に症状がよくなるため、ここからご紹介するセルフケアをぜひ実行してみてくださいね!

セルフケアで大切なこと3つ

  • 柔らかめの歯ブラシを使用する
  • 歯と歯ぐきの境目をしっかり磨く
  • 自分に合う持ち方で磨く

柔らかめの歯ブラシを使う理由とは、歯ぐきが腫れた状態だと出血しやすいからです。
柔らかめの歯ブラシだと歯周病の原因となる歯垢除去以外にも歯ぐきのマッサージにも有効です。
また、柔らかめの歯ブラシだと毛先が歯や歯ぐきを傷つけず、汚れをしっかり落としてくれます。
歯ぐきに炎症が起きている時などにおすすめですね。
次に、歯と歯ぐきの境目を磨く理由は、歯垢を除去する目的があありますが、これを意識することによって単に歯の表面を磨くより磨き残しが少なくて済みます。
その際には境目に当たる歯ブラシの毛先が当たっているのを意識しながら軽く磨くようにしましょう。
なお、1か所につき20回程度を目安にするといいでしょう。
最後に歯ブラシの持ち方についてですが、ご自分が持ちやすい持ち方でしっかりと磨いていきましょう。
持ち方は歯ブラシの持ち手を握り締めるパームグリップ、ペンを持つように握るペングリップの2つがあります。
余談ですが、歯ブラシに付ける歯磨き粉はどこのメーカーのものがいいかと言うとメーカーはあまり関係なく、出した時の量を1.5センチ程度にすることが大切です。
さらに、歯ブラシは水に濡らさず乾いたままにし、泡立ちは少なめがいいでしょう。
歯を磨いた後に口をゆすぐ時は1、2回程度にしていただき、歯磨き粉の中のフッ素を洗い流してしまわないようにしましょう。

デンタルフロスや歯間フロスを使う

もし、歯ブラシだけで届かないところがあったら、市販されている歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯垢を落とすといいでしょう。

  • デンタルフロス 

    歯と歯の間にたまった歯垢を糸を通すことによって除去できます。
    歯間部に斜めに入れ前後にゆっくりと動かしてみましょう。
    なお、糸を引き抜く際にはいったん歯ぐきの下まで持っていってから抜くようにしてください。
    デンタルフロスは衛生上、使うたびに新しいものに好感しましょう。

  • 歯間ブラシ

    これは歯と歯の隙間にある歯垢を落とすのにとても効果的なアイテムです。
    歯ぐきを傷つけないようゆっくり歯間に入れ、前後に数回動かしましょう。
    サイズについては無理なく入れられるものがいいでしょう。
    また、使った後はブラシ部分をキレイに洗い、乾燥させておきましょう。
    なお、歯ぐきに炎症がある場合には血が出ることもありますが、何度か行ううちにおさまってくるため心配する必要はありません。
    デンタルフロスは衛生上、使うたびに新しいものに好感しましょう。

セルフケアで無理ならクリニックへ

いかがだったでしょうか?
ここでは自宅で簡単に行える歯周病のセルフケア法についてお教えしてみました。
ただ、歯と歯ぐきの奥まで入り込んでしまった歯垢や、歯垢が石のように固まってしまった歯石はクリニックでないと取り除くことはできません。
毎日のセルフケアはもちろん重要ですが、そこまで進行してしまった歯周病はクリニックで治療を受けましょう。
お口の中をキレイにな状態に保ち、いつまでも質のいい生活を送りたいものですね!