予防歯科は保険適用になるのか?

みなさんは予防歯科という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。
最近、この予防歯科が注目されています。
予防歯科とは歯周病や虫歯が進んでから治療するのではなく、未然に防ぐことを目的とした治療のことを言います。
欧米諸国ではこの予防歯科はすでに浸透しており、定期的に検診を受けることが習慣づけられているようですね。
日本でも2012年、厚生労働省によって基本的な事項が制定され、その大切さが認知されるようになりました。
ここではそんな予防歯科の治療内容や費用、保険が適用となるのかどうかなどについてまとめてみたいと思います。

予防歯科治療の種類と定期歯科検診のすすめ

予防歯科の治療の流れ

  1. 磨き残し、歯周病や虫歯のチェック

    まず最初に、お口の中の状態をチェックします。
    患者さん自身が歯磨きを行った後、染め出し液というものを使って磨き残しのチェックをします。
    磨き残しは歯周病や虫歯の原因となるため、この結果を元に患者自身が磨き残しを見直すことで、日ごろの歯磨きが改善されます。
    それと同時にお口の中に虫歯がないかどうか、歯周病が進んでいないかどうか・・などもチェックしていきます。

  2. バイオフィルムや歯石の除去

    日ごろの歯磨きだけでは落としきれないプラークや歯石、歯間や歯周ポケットなどにたまった細菌の集合体のことをバイオフィルムと呼びます。このバイオフィルムを専用の機器で取り除いていきます。
    これをプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングと呼んでいます。
    これにはまた、お口の中の細菌を減らす効果もあり、磨き残しやケアがしづらい部分も含め徹底的に隅々までクリーニングしていきます。これを行うことによってお口の中を清潔にし、細菌が増えるのを抑えることができ、健康な状態を維持することができるのです。

  3. 表面を研磨しフッ素塗布

    汚れを落とした後の歯は表面がざらついているため、そのままにしておくとプラークや細菌の温床になります。なので、歯の表面を研磨してキレイにしていきます。
    その後、歯はフッ素が浸透しやすい状態になっているため、仕上げにフッ素を塗布すれば歯が再石灰化され、表面が強化されて、汚れや虫歯から歯を守ることができます。
    このフッ素塗布を行うことにより、虫歯を予防できる効果が圧倒的に飛躍します。
    コーティングが定着するため1時間程度経った頃にうがいをしてすべて終了となりますが、この間間食は避けるようにしましょう。

バイオフィルムって何?プラークコントロールの基礎知識

 

予防歯科が重要な理由とは?

歯の疾患を防止できる

定期的に予防歯科に通うこと、歯周病や虫歯などの口腔内のトラブルを未然に防げます。
プロによるメンテナンスを行うことによって、お口の中のトラブルを根本的に防ぐことができるんですね。
もし、疾患が見つかっても早期発見・治療が行えるため、ダメージも軽く済みます。
一生涯使う大切な歯なので、健康な状態で保てるのがこの予防歯科のメリットだと言えるでしょう。

費用を安く抑えられる

予防歯科で定期検診を受けたりクリーニングすることによって当然費用がかかってきます。
歯周病や虫歯になっているか分からないのにお金をかけるのはもったいないと思いますよね?
ですが、定期検診をちゃんと受けていればもしお口の中にトラブルがあっても初期段階で治療が始められます。
また、治療に伴う痛みや期間、費用面でも負担が軽減できるメリットがあります。
もし、定期検診を受けずに歯が痛くなってから通院すれば症状はかなり進んでいるため、治療に時間やお金がかかることになります。
定期検診を受けた場合よりあらゆる面で負担が増大するため、トータルで考えると予防歯科に通う方がメリットが多いと言えるでしょう。

歯を失わないために・・・予防歯科を受けることの大きなメリット

予防歯科の費用とは

器具を使ってセルフケアする場合

クリニックに活きプラークを除去すると費用がかかるため、自分でプラークを除去する器具を買ってケアしたいという人も多いはずです。
この器具はネット通販やドラッグストアなどでも売られており価格は2000~4000円程度となっていて、当然保険は効きません。
いったん購入するとずっと使えるため安く抑えることができます。
ですが、お口の中は自分では届かないような入り組んだところもあるため、素人だと歯ぐきや歯を傷つける可能性があります。
なので、プラークを隅々まで除去するのは難しいでしょう。
さらに、毎回消毒を行うのは手間ですし、歯周病や虫歯などがあったとしても自分では気づきにくいものです。
あまりお勧めできる方法ではないので、少し費用がかかったとしてもプロに任せる方がいいでしょう。

プロによるクリーニングの場合

予防歯科で行われているクリーニングは病気予防が目的ではないため、基本的に保険外診療となっています。
ですが、歯周病に悪い影響がある場合や、歯ぐきの再生治療などという外科的処置を受けた場合に限り、
1か月に1回という条件がつきますが、保険内診療を受けることができます。
あくまでも歯周病の治療のためにプラークを除去するため、歯周病と虫歯の検査も同時に受ける必要があります。
その場合でも自費診療に比べると圧倒的に安上がりです。
費用は検査とプラークの除去などすべてで3500円程度となっています。
そのいっぽう、保険外治療の場合はクリニックが自由に治療内容や料金を決めるため、クリニックによって差があります。
だいたい1万円程度が相場と言われています。

 

まとめ

お口の中の健康を口の中だけのものと考えている人が多いです。
ですが、お口の中の健康は生活の質の向上へつながっています。
最近では歯周病と歯、脳、歯の老化、生活習慣病との関係も分かってきました。
歯があることは当然だと思っている人も多いでしょうが、なくなって初めてその大切さに気付くはずです。
口元を気にせず笑い、好きなものをおいしく食べ、不自由なく会話するためにも歯は大切なものだと言えるでしょう。
つまり、予防歯科は質のいい生活を行うために必要不可欠だということですね。
一生涯ご自分の歯で過ごすためにも一度予防歯科を検討してみてはいかがでしょうか?
みなさんがいつまでも健康な歯でいられることを願ってやみません!