「8020運動」から見る海外と日本の予防歯科の違い

皆さまは歯の寿命について考えたことはありますでしょうか?
お年寄りが入れ歯を入れたり外したりしているところをよく見かけませんか?
高齢者=入れ歯を入れる・・と感じている方は多いかもしれません。
ですが、予防やケアによって生涯自分の歯を残すことは可能です。
ここでは、80歳で20本の歯を残す8020運動や海外の予防歯科事情などについてご紹介したいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!

8020運動とは?

厚生労働省と日本歯科医師会が提唱している活動で、自治体や企業、各種団体
さらに国民に呼びかけられているものです。
どうして8020という数字なのかと言うと、親知らず以外の28本歯のうち20本以上の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕け、おいしく食事ができるからです。
つまり、年を取っても20本以上の歯を維持しよう・・というのが趣旨の運動です。
この運動は1989年に厚生省が提唱したもので、その後、普及するためさまざまな取り組みが行われてきました。
この8020運動を国民全体の運動として発展させるため、歯科関係の団体や企業の協力のもと財団法人8020推進財団が設立されました。
さらに、新しく公益法人制度が施行されるようになり、この財団は内閣府・公益認定委員会の許可を受けてその後公益財団法人として活動を行っています。
この活動は8020運動の推進以外にも、全身と口腔の関係にかかわる情報の収集や提供、調査や研究などを行っています。

噛むことのメリットとは?

自分の歯でものを噛むことのメリットは、食べ物を噛み砕いて食べやすくする以外にも脳や体にもあると言われています。

  • ダイエット効果
    満腹中枢が刺激されるため、満腹感を得るための時間が短くなります。
  • 胃腸の負担を軽くする
    唾液が増えるため消化が促進されます。
  • 虫歯や歯周病を予防する
    唾液が虫歯菌や歯周病菌を洗い流してくれる効果があります。
  • 小顔効果
    硬い食べ物を食べたり、噛む回数が増えるため、顔の筋肉が鍛えられて小顔になります。
  • ストレス解消
    噛むことによってセロトニンの分泌が促進され、自律神経のバランスが安定します。
  • 脳を活性化しボケ防止
    あごを動かすため脳に刺激が伝わるので脳が活性化します。
  • 免疫力アップ
    唾液の中の消化酵素により胃腸の負担が減り、体全体のバランスがよくなるため免疫力がアップし病気予防になります。

海外と比較すると

歯への意識が非常に高いヨーロッパやアメリカなどでも8020運動のような取り組みがなされていますが、その中でも特にスウェーデンは70歳の歯の残存数が21本と特に多いです。
どうしてこのように多くの歯を残せるのか日本との違いについてご紹介しましょう。

予防歯科という考え方がある

スウェーデンは予防歯科という考え方を知っている人の割合が59.6パーセントで、日本はたったの20.9パーセントと言われています。
さらに、予防歯科に取り組んでいる人の割合はスウェーデンは69.3パーセントなのに対し、日本は26.3パーセントとなっています。
また、歯科医院に対する苦手意識がスウェーデンは2.6パーセントであるのに対して日本は14.0パーセントもあるようです。
日本では小さい頃に歯医者さんは怖いところ・・という先入観が植え付けられているのかもしれませんね。
なお、歯磨き以外のケア、たとえば、デンタルリンスやデンタルフロスなどを使っている人の割合がスウェーデンは68.3パーセントもいるのに対し、日本は48.7パーセントしかいないという結果もあります。
ですが、スウェーデンも昔からここまで予防歯科に対する意識が高かったわけではないようです。
1970年代に国家的プロジェクトとして啓発が開始され、現在効果が現れ始めているようです。
今では歯が生える前の赤ちゃんの頃からケアが行われているというから驚きです。
こういった取り組みが功を奏していると思われます。

8020を達成するには

では、8020を達成するには具体的にどうすればいいのでしょうか?
まずは、80歳という年齢にこだわることなく、歯を大事にする意識をずっと持ち続けることでしょう。
歯周病や虫歯などの歯が抜けるリスクを常に予防することこそが8020達成に繋がると言えます。
どうして歯が抜けるのかを常に考えながら予防を行うことで、ずっと自分の歯で噛める可能性が高まるはずです。
では、具体的な対策についてご紹介します。

歯周病を予防するには

歯周病は歯が抜ける最大の原因です。
歯周病を予防するにはお口の中を清潔にすることが重要です。
お口の中の掃除は自分で行うものと、クリニックで行うものに分けられます。
セルフケアとしては歯ブラシでの掃除の他、デンタルフロスなどの歯間部の清掃が重要なポイントになります。
プロによるケアでは、自分では除去できないプラークや歯石を取り除いてもらうものです。
さらに、喫煙は歯周病の危険因子とされているので、禁煙することも歯周病対策には必須と言えます。

虫歯予防

虫歯もまた歯が抜ける原因の一つです。
虫歯予防に効果的な方法とはフッ化物を使うことです。国内ではフッ化物歯面塗布、フッ化物洗口、
フッ化物の入った歯磨き粉を使う・・などがあります。

歯科矯正

歯並びが悪いままだと、ブラッシングなどの歯のメンテナンスが十分でなくなることが多いです。
なので、歯周病や虫歯のリスクが高まってしまい、最悪歯を失うことになりかねません。
なので、歯並びのよくない方は歯科矯正治療についてクリニックで一度相談することをおススメします!

まとめ

いかがだったでしょうか?
食べたいものを食べられるという幸せは他の何ものにもかえらませんよね?
おいしいものを食べると心も体も満たされ、元気になることができます。
いつまでも健康な歯を残すことは健康寿命を延ばすことだと言えます。
健康診断や人間ドックを受けるように歯も定期検診や予防処置を行いながら意識を高めていただき、健康な歯を残していただきたいです。
ぜひ、まずは今すぐにできることから取り組んでみてはいかがでしょうか?