予防歯科ってなに?正しいケアで清潔な歯を保ちましょう

 

はじめに

みなさんは予防歯科という言葉を聞いたことがありますか?
歯医者さんで痛い思いをしている人達の共通点と言えばたった1つ、痛くなってから歯医者さんへ行く・・ということでしょう。
でも、痛くなってから治療を行うのでは歯の寿命を待つばかりです。
最近では、痛くなる前に通院するということが注目されています。
ここでは、そんな予防歯科についてまた予防歯科のためのクリニック選びのポイントについて書いてみたいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてください。

予防と治療の差とは?

ではまず、予防と治療の差とはいったいどういうものなのでしょうか?
予防と治療の関係を考えていくと予防歯科が見えてくるため、そこを考えることが大切です。
予防とは予め防ぐという意味があり、何か起こる前にそれを防ぐという意味があります。

 

つまり、まだ何も起きていない状態がこの予防で、歯の病気が起きる前にそれを防いでいくという考え方こそが予防歯科なのです。
いっぽうで、治療とは治という怪我や病気を元通りにするという言葉と、療という病気を治すという意味のふたつからできているため、治療とは怪我や病気を治して元に戻すという意味になります。

 

ですが、残念なことに歯科では治療をいう言葉はありません。
それは、歯は元通りにできないからです。
歯を自分で再生するのことはできないため、万が一虫歯になると新しく作ることができません。
そう、もう諦める他ありませんね。
でも、諦めることができないため虫歯になったところを削って人工物で埋めることになります。

 

ですが、歯はいったん削ってしまうと10年も寿命が縮んでしまうと言われており、平均的な歯の寿命は50年程度ですのでいったん詰め物をしてしまうと40年になってしまうわけですね。
さらに、保険適用の詰め物ですと5年程度で劣化するためサイド詰め直す必要があり、さらに寿命が短くなります。
では、次に予防歯科のメリットについて書いてみますのでご参考になさってみてください。

予防歯科のメリットとは?

歯周病や虫歯などを防げる

みなさんはお口のメンテナンスがいかに大切かお分かりでしょうか?
お口のメンテナンスは歯の健康や病気の早期発見ができる大変大切なことです。
健康診断を受けるように予防歯科で定期的にチェックしてもらい、歯周病や虫歯を予防することが大切な歯を健康に維持するためには欠かせません。

費用を軽減でき治療の痛みを軽くできる

もし、歯周病や虫歯になってしまっても定期的にメンテナンスしていれば症状や痛みがひどくなる前に発見でき、治療が出来るメリットがあります。
そうすれば治療期間が短期間で済み費用も軽減できるため、いろいろな負担を軽くすることができます。

お口の中がすっきりする

歯や歯茎をキレイにしていればお口の中がすっきりします。
最近では、美容サロン感覚でクリニックに通う方もいるほどです。
この爽快感を一度経験してしまうとお口の汚れに大変敏感になり、お口のケアについての意識が高くなるようですね。

予防歯科を選ぶポイントとは?

レントゲンや写真をちゃんと撮ってくれる

予防歯科でもっとも重要なことは、経過を観察することでしょう。
虫歯であってもすぐ削ったりせず、治るのか止まっているのかなどを観察してもらうことが大切です。
なので、レントゲンや写真を定期的に撮影してくれ、以前の状態と比べて必要なところだけを治療してくれるかどうかが大切です。
きちんとレントゲンなどを撮ってくれるのか、ホームページなどを見てチェックしましょう。

予防指導をしてくれる衛生士さんがいるか

予防歯科なら予防に詳しい歯科衛生士さんがいるはず。
訓練された歯科衛生士さんなら歯科医師より予防歯科に対する知識が高く、歯を削ったり抜いたりできない衛生士さん達はできるだけ歯を残そうという考え方を持っているもの。
そういう歯科医衛生士さんのいるクリニックがおすすめです。

消毒や滅菌がきちんとしている

虫歯とは細菌感染症の1つですので、機器類から感染しないようきちんと消毒や滅菌がされているかどうかをチェックしましょう。
さらに、表面に見えないところがきちんとしているクリニックであれば、診療もきちんとしている場合が多いようですね。

削らないための器具が揃っている

予防歯科とは虫歯にならないようにすることが大切で、また初期の虫歯を再生出来る事が重要です。
なので、レーザーなどで虫歯の進度を確認できる機器や、細かな治療のためのマイクロスコープや拡大鏡などを揃えているクリニックがおすすめ。

予防歯科の研修などをきちんと受けている

予防歯科も日々新しい考え方や治療法が生まれているため、歯科衛生士さんがきちんと研修を受けているクリニックがおすすめです。
特に予防先進国として知られているフィンランドやスウェーデンなどの大学で研修を受けているなどのクリニックなどが特におすすめです。

説明をしっかり行ってくれる

また、きちんと説明を行ってくれるクリニックは信頼できます
自分の体の一部である歯を預けるわけなのでしっかり説明してもらいたいですよね。
説明の際、きちんと顔を見て話してくれると安心感があるもの。
また、説明の時間というものは医師にとって面倒なものに違いないので、きちんと時間を取って説明してくれる医師がいるクリニックは信頼して任せることができそうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
予防歯科とはいったいどういうものか、また予防歯科の選び方のポイントについてご紹介してみました。
これからは自分の歯を守ることに力を入れていただき、一生涯ご自分の歯でおいしく食事ができたり、話したりできるようにしたいものです。
ぜひ、これから歯を守るためのご参考になさってくださいね!
日本でも多くの方が予防歯科の必要性を理解し、実践されています。予防歯科を行っている方は歯を残すことができ、健康な老後を過ごしていますし、興味のない方はひたすら歯を削られ、予防歯科で払っている以上のコストがかかっているのに気づかず、昔ながらの治療を行っています。自分の歯を守るために、まずは予防歯科の歯医者選びから始めてみてはいかがでしょうか。