予防歯科は意外と安い!費用と手順について

歯医者さんに行くのは虫歯になってから。治療が必要になったら。そんな印象を抱いている人はいませんか?確かに歯科は虫歯などを治療するところですが、それだけではありません。

皆さんは「予防歯科」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

予防歯科とは、虫歯や歯槽膿漏といった口の中のトラブルを未然に防ぐためのものです。

歯科というと、虫歯歯槽膿漏になってからはじめて足を運ぶという印象がありますが、決してそれだけではありません。

虫歯になる前に定期的に足を運ぶことにより、未然にトラブルを防ぐことができる「予防」のための歯科にも力を入れています。

虫歯治療や細菌リスクをプロが除去!「予防歯科」とは

口の中のトラブルを防ぐためには、実際に虫歯になってからではなく、なる前にきちんとケアすることが大切です。

そうすることによって自分の大切な歯を守ることができますし、治療にたくさんのお金をかける必要もなくなります。

もちろん自分でも歯のケアはできますが、それはあくまでセルフケアの範囲です。

セルフケアできるのは、歯磨きを念入りにしたり、フッ素入りの歯磨き粉を使ったり、歯間ブラシで歯と歯の隙間を綺麗にしたりと、あくまで自分でできる範囲に限られます。お家で専門の器具を使うことはまずできませんし、口腔内のトラブルが起きかけている可能性があるのにレントゲンを撮影して確認するということもできません。

歯石を取ることも、自分ではとても難しいです。力を入れて磨き時間をかけて歯石を除去したとしても、かえって口の中を痛めてしまうかもしれません。トラブルを解決したはずなのに、セルフケアでは新たなトラブルの引き金になってしまうことがあるのです。

自分でできるケアには限りがあります。しかし「予防歯科」は、歯科医師や歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアです。

自分ではなかなかきちんとケアすることが難しい口の中の綺麗にし、虫歯や歯槽膿漏といったトラブルを未然に防ぐことができます。見つけ難いトラブルにもすぐに対処できますし、自分ではなかなか見つけることのできない歯の隙間の虫歯もきっちり見つけてくれます。

もちろんプロの手によるケアですから、歯石を綺麗にしても新たなトラブルの引き金になることはありません。

歯医者が口の中をクリーニング&メンテナンス!

また、予防歯科の何よりのいいところは今後トラブルになりそうなところをきちんとプロに指摘してもらえるというところです。

セルフケアだときちんと磨いているつもりでも磨き残しがあって、知らず知らずのうちに虫歯になるということもよくあること。

プロフェッショナルケアではそういった見落としがなく、口腔全体の問題点を指摘してもらえます。まさに予防です。健康診断のお口版だと思えばいいですね。

「自分でできるケアには限りがある」
「だからこそプロに口の健康診断をしてもらう」
「そして問題点を指摘してもらう」
「必要ならただちに処置してもらえる」
「虫歯などのトラブルもきちんとしたケアで予防できる」

これが歯科医院による予防歯科のメリットです。自分では見えない口の中だからこそ、健康診断をプロにしてもらうことが重要なのです。

患者の状態に合わせてケア!矯正などの診療経過も確認

予防歯科のメリットはこれだけではありません。

例えば歯並びの矯正中の人は、ワイヤーなどの器具に汚れがついてしまい虫歯になりやすくなります。

しかし、ワイヤー器具に配慮しつつしっかりケアすることはとても難しいです。フッ素入りの歯磨き粉を使っても、器具があるためなかなか口腔内の環境を綺麗に保つことは難しいのです。

自分できちんと磨いていても、器具の影響で矯正中は虫歯になりやすいです。

また、インプラント治療を受けている人も同じくお口のトラブルに気をつけなければいけません。

しかし治療後は自分でケアすることが難しいため、インプラントの施術後の経過を見るためにもなるべく歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることが望ましいと言えます。インプラントではアフターケアがとても重要です。

インプラント治療後は口の中のトラブルを防ぐため、治療一年は三ヶ月に一回、二年目以降は一年に一回を目安にケアを行います。

こうした施術後のケアはやはり自分でするのはとても難しいものです。歯科での予防であれば全て専門家が行いますので、インプラント直後や歯列矯正中の予防も安全に行うことができます。

検査からブラッシング指導までが一連の流れ!もちろん治療も

メリットはいいとして、では、プロによる口の中の健康診断である予防歯科はどんな流れで行われるのでしょう。具体的にどんなことをするのでしょう。

口の中の状態によって前後することはありますが、

  1. チェック
  2. 処置
  3. 必要があれば治療を行う
  4. 適切な指導

という流れになります。

まず歯科医師や歯科衛生士が口やあごをチェックし、既にトラブルが起きていないか状態をよく確認します。

その後に、歯石除去などの予防処置を行います。また、既に虫歯などがあれば、予防だけでなくすぐに治療も行います。最後に口の健康のために気をつけるべき点や歯の磨き方の指導を行って終了です。

口の中の状態によっては数度通うことになります。予防歯科は一度行えば一生問題なしというわけではありません。

定期的に通って口の中を綺麗に、そして健康に保つために、本人と歯科医師、歯科衛生士が一致団結して予防策を万全にするのです。定期的に健康診断に通うことは、そのために必要なことです。

定期的に予防歯科を希望!でも費用は?保険は?

では、プロに口の健康診断をお願いするとしてどのくらいの費用を見ればいいのでしょう。保険を使うことはできるのでしょうか。

予防歯科では基本的に保険を使うことはできません。

歯の治療では保険の対象になるものとならないものがあり、歯科医院側と相談して治療方法を決めることができます。

気になる費用についても事前にしっかり確認することができるため、費用面を考えて保険の適用される治療方法を選択することも珍しくありません。

しかし、これはあくまで治療の話です。予防のために歯科で施術してもらっても基本は保険の対象外です。

ですが、保険の対象になるからといって必ずしも安いというわけではありません。

保険の対象にならなくても費用面での負担が少ないことも多いのです。その代表例がこの予防歯科です。

また、予防に分類される施術であっても、それが治療のために行われる場合は保険適用の対象になることもあります。費用面はお客様それぞれの状態にもよりますので、事前にきちんと説明させていただきます。

特に治療すべき箇所がなく、保険が適用されない場合の費用目安は数千円となります。保険適用外であっても、意外とお安いです。

また、予防歯科は後のトラブルを予防することに重きを置いているため、虫歯歯槽膿漏が深刻化して治療に多額の費用がかかることを防ぐことができます。総合的には歯の治療の支出をおさえることができるのです。

歯の健康診断は基本的に保険の適用外ではあるけれど、後の支出をおさえる効果が期待できる。

そして、費用は特に治療が必要なければ歯石除去や指導を含めて数千円程度と考えておきましょう。費用面で疑問があれば、もちろん施術前にきちんと説明し、すっきりとした気持ちで予防に励んでいただけますのでご安心ください。

最後に

予防歯科は虫歯や歯槽膿漏といった一般的な口の中のトラブルを治療するのではなく、トラブルを未然に防ぐことを目的とした歯科医療です。「口の中の健康診断」だと考えればわかりやすいですね。

自分でできるケアには限界があります。自分ではしっかり歯磨きをしているつもりでも、知らないうちに虫歯になってしまうということは、とてもよくあることなのです。

だからこそ定期的にプロに口の中を綺麗にしてもらい、問題点を指摘してもらえることは口の健康を考える上でも、そして自分のケアを見直す上でも有効な方法なのです。