どこまでできるの? 訪問歯科の診療内容と回数について

はじめに

 

初めて訪問歯科を利用する場合には、診療がどこまでできるのか気になるでしょう?
ここでは、訪問歯科の診療内容と回数などについてご紹介しましょう。
訪問歯科を利用する場合には参考にしましょう。

 

訪問歯科の診療内容

訪問歯科というのは、介護が必要な高齢者が歯科診療を施設や自宅で受けられるものです。
介護が必要な高齢者のほとんどは、歯科的なトラブルを持っていますが、外来で今まで歯科を受診した人はピークが70歳~74歳で、急激にこの年齢を過ぎると減少する傾向がありました。
歯科治療などで口腔の機能を保って管理することは、食べる機能だけでなく、※QOLのアップや生きる力に寄与することが明確になってきました。
相談をかかりつけの身近な歯科医などに行って、外来で受診することが難しい場合でも治療を続けることが大切です。
罹りやすい年齢が、代表的な歯科疾患である歯周病と虫歯にはあります。

例えば、歯周病の場合は40歳から増え、虫歯の場合は発生するリスクが高齢者と小児で高くなります。
このような歯科疾患は、そのままにしておくと歯が無くなり、咀嚼機能などの口腔機能が下がってきます。
さらに、この歯の咀嚼機能の回復と保存状況は、摂る楽しみなどQOLに関係する以外に、最近の調査で生命予後と全身の健康にも影響を与えることが明確になってきました。
しかし、高齢者の80歳の人で歯が20本以上残っている人は約2割であり、ほとんどの高齢者が咀嚼機能を義歯などによって回復することが必要になっています。
そして、介護が必要な高齢者などで、歯科医院に通院したり、搬送したりすることが難しい場合には訪問歯科診療が行われます。

※クオリティ・オブ・ライフ

歯科の高齢者の受療状況

歯科医療は、従来は外来をメインに行われ、年齢別の歯科を受診した比率は、ピークが70歳~74歳で、急速にその後は下がるということがありました。
一方、従来の訪問歯科診療の場合は、1ヶ月間の実施率が歯科医院では約18%であり、都道府県別では沖縄県が最も少なく約11%、最も多い佐賀県が約36%になっており、都道府県間において違いがあります。
実施した件数としては、全国平均で1箇所の歯科医院当たり1ヶ月間で約13件になっています。
つまり、毎月約2割の歯科医院が平均的に約13件の訪問歯科を行っているのが実状です。
この実施した件数は、全ての介護が必要な高齢者が対象の定期的な月1回の管理をメインにした訪問歯科を考えた場合、充足率は約4%に過ぎません。
一方、介護保険での居宅療養管理指導の場合には、全国平均で歯科医が実施している歯科医院は約4%で、歯科衛生士が実施している歯科医院は約3%になっています。

 

訪問歯科の診療内容

基本的に、訪問歯科の診療内容は、外来の場合と同じです。
しかし、治療する際の照明や姿勢の保持など制限された中で実施するため、治療する内容によって歯科医院で受診する場合が必要なこともあります。
また、患者の全身の状況を歯科医が掴むために、外来の診療よりも入院する際の主治医やかかりつけの医師などと連携を密にとることが要求されます。
外来での受診が難しい場合でも、歯科治療を受けることを家族や本人が諦めないことが大切です。

入院した場合の歯の治療

 

入院する前に歯科医院としてかかりつけのところがあっても、ほとんどの場合は急性期病院などから施設入所・回復期病院などに移っていく際に患者と歯科医の関係が無くなってしまって、在宅療養を退院した後に行う場合に連携がかかりつけの歯科医とかかりつけの病院で取れていなく、最終的に口腔内の状況が悪くなったり、義歯治療などの処置がそのままになったりするというような良くない循環を招くことがよくあります。
在宅療養の患者の歯科のトラブルとしては、むし歯による歯の痛み・義歯の不適合・口内炎・歯茎の腫れなどがあります。
このようなトラブルのほとんどは、対応が訪問歯科診療でできます。
口腔内にトラブルがあると、食事を摂る意欲が下がってきます。
さらに、介護が必要な高齢者の口腔の状況が悪くなると、誤嚥性肺炎の要因にもなるため、定期的に確認することが必要になります。
また、飲み込むことや噛むことの障害が現れる場合があり、早期に機能低下を発見して対応することが必要です。
そして、終末期の場合でも、口から摂るために歯科的に対応することは、高齢者の生きる力をサポートします。
保険診療上でもこのような処置は位置づけされています。
また、介護が必要な高齢者の歯科に対する要求は、全ての介護が必要な高齢者に対しての定期的食支援・口腔ケア、全ての介護が必要な高齢者の最低でも半数への歯科治療、全ての介護が必要な高齢者の約2割に対しての摂食嚥下指導が必要であると言われています。

 

診察回数

初めて訪問歯科で診療する際には、診療計画を担当する歯科医が説明します。
訪問歯科の診療回数の目安としては、義歯を製作する場合は6回~8回、義歯を調整する場合は1回~3回、虫歯を治療する場合は1回~6回になります。
では、訪問歯科の場合に1回の診療時間はどのくらいになるのでしょうか?
患者の負担を考慮して、訪問歯科の1回の診療時間の目安は20分~30分になっています。

 

訪問歯科の受診方法

訪問歯科の受診方法としては、歯科医院のかかりつけのところがあれば訪問歯科を依頼してみましょう。
対応がその歯科医院で困難な場合には、別の歯科医院を紹介してくれるでしょう。
あるいは、行政機関である市町村保健センターなどや身近な介護職・主治医などに問い合わせすると、ネットワークがすでに地域で整備されている場合が多くあるため解決することができます。
後期高齢者医療制度が2008年4月からスタートしましたが、在宅医療を充実させることはこの制度においも一つの重点課題になっており、関係機関である歯科医師会などにおいても訪問歯科をサービスする体制を充実する取り組みが行われています。
在宅で介護が必要な高齢者の歯科受診率をアップするために、2006年4月から医療保険で「在宅療養支援歯科診療所」も新しくできました。
そのため、関係機関に確認すると、積極的に地域において訪問歯科に取り組む医療機関を把握することができます。。