80歳で20本歯を残すために今から始めるべき歯のケアとは

はじめに

人間の永久歯は28本あるため、1本くらい歯が抜けても問題ないと思われがちですが、実際に歯を1本なくすだけで噛み合っていた歯が伸びたり、隣の歯が倒れてきたりなど、さまざまなトラブルを引き起こす原因となる可能性があります。

それに、消化器官の病気や認知症、寝たきりになるリスクなどが上がると言われています。

歯を健康に保つことは全身の健康と切っても切れない関係であり、全身の健康を維持するためには歯のケアが重要だということです。ここでは80歳で20本歯を残すための正しいケアについてご紹介しましょう。

 8020運動とは

みなさんは8020運動というものをご存じでしょうか。この運動は厚生労働省と日本歯科医師会によって推進されているものです。

歯を20本残すことができれば満足した食生活が送れるので、「80歳になっても歯を20本以上保とう」というもので、生涯ご自分の歯を使って食事を楽しみたいという願いを込めて始まったものです。

豊かで楽しい食生活を送るために、一生どのライフステージにおいても歯を健康に保つことが大切だと考えられています。

ただ、この運動が始まった当初は達成率が7パーセント程度で歯の残存率は4.5本程度でしたが、80歳の時点で20本歯が残っている方の割合が20パーセント以上に上がったものの、残りの方はそれ以下で不自由な食生活を送っていると考えられます。

80歳で20本歯を残すことのメリット

歯は脳とつながっている感度の高いセンサーとして重要な役割を果たしており、大切な器官の一つです。ですが、ほとんどの方は歯の重要性を理解しているとは言いきれません。歯が1本抜けても、歳だから仕方ない・・と言う方が多いのが現状なのです。

歯を失ってしまうと食事が不自由になりますし、発音しにくくなる可能性もあります。加齢に伴って歯がなくなるというのは大きな間違いで、ケア次第によって歯を失うことを防ぐことが可能です。

たとえば、第一大臼歯という歯をなくしただけで4割も咀嚼力が失われると言われています。20歳以上の方でこの歯が4本とも全て健康な方は1パーセント未満だと言われるほどで、ほとんどの方は治療されているかなくしているかどちらかです。

 

たった1本歯が抜けたからと言って気にしない人がほとんどですが、実際には1本歯をなくしてしまうと他の歯も弱くなり最終的に全ての歯を失ってしまうことに繋がります。

歯はそれぞれが別の機能を持ち、全ての歯が揃ってこそ仕事ができると言われています。1本歯が抜けてしまうと、それを補うために他が働いてしまい負担がかかるため次々に他の歯も弱ってくるというわけですね。

日本では入れ歯の方が非常に多く、食事のたびにわざわざ入れ歯を外す必要があり、入れ歯のせいで痛くて食事しづらいという方も多いです。歯はなくして初めてその価値が分かるものですが、それではすでに手遅れです。

歳を取ったら自然に抜けてしまうものな、入れ歯が当然などという考えは捨てて、一生ご自分の歯で過ごすためにしっかりとケアするようにしましょう。

歯を失ってしまう原因

では、歯を失う原因にはどういったものがあるのでしょうか。

虫歯

口の中には虫歯菌が存在し、それが糖分と結びつくことでプラークができます。プラークが産出する酸により歯が溶かされてしまい、初期段階では痛みがないことが多いですが、進んでいくと冷たいものや甘いものなどがしみるようになり、進行してしまうと痛みが激しくなります。

痛みが無いからと虫歯を放置してしまうと、最悪の場合抜歯する必要が出てくる可能性があります。

歯周病

歯と歯の間に溜まってしまったプラークにより歯ぐきの炎症が起き、歯を支えている骨を溶かしていく病気のことを歯周病と言います。

プラークはしっかりと除去しないと硬くなって歯石となり、歯石になってしまうと歯磨きでは取り除くことができません。そうなると、プラークのたまり場になってしまい歯周病がさらに進行します。

歯周病は痛みがなく症状がどんどん進んでしまう恐ろしい病気です。

歯周病は歯を失ってしまう最も大きな原因と言われています。

80歳で20本歯を残すために始めるべき歯のケア

歯間ブラシやデンタルフロスを使用する

歯周病や虫歯のほとんどは歯と歯の間から起こると言われています。

歯ブラシだけのケアでは歯の表面しか汚れを取り除けないので、歯と歯の間の汚れを除去するには歯間ブラシやデンタルフロスを使用することが望ましいです。

そうすれば、効果的に歯周病や虫歯を予防することができます。

歯周病や虫歯の危険性を理解する

歯周病や虫歯になる確率は人によって違いますが、かかりやすい方は注意する必要があります。さらに、年齢や疾患にかかっているかどうかなどによっても変わってきます。

ご自分がどの程度歯周病や虫歯になるリスクがあるのかをしっかりと理解しておく必要があります。

唾液をしっかり出す

唾液には抗菌効果があると言われており、歯ぐきや歯を守るための成分があるため噛みごたえのあるものを積極的に取り、しっかり噛んで食べることが重要です。

また、人と会話すると口の周りの筋肉を鍛えられ、唾液が大量に分泌されます。唾液が少ないと、口臭が起きたり虫歯や歯周病になったりすると言われています。

つまり、唾液はとても大切な役割があるわけですね。

定期的なメンテナンス

クリニックへ行くのは歯が痛みだしてからと思っている方が多いです。ですが、歯が痛くなってからクリニックへ行くと歯を多く削ることになるため歯の寿命が短くなってしまいます。

歯の健康を損ねないためにも、気軽に相談できたり、指導してくれるかかりつけのクリニックを持つようにしましょう。

クリニックで定期的にメンテナンスを受けることで、歯をなくす原因である歯周病や虫歯を早期発見し早期治療を受けることができれば、80歳で20本歯を残すことができるはずです。

また、お口の中のことで不安や疑問などがあればクリニックで聞いてみるようにしましょう。

まとめ

80歳で20本歯を残すことができれば、毎日の生活を楽しく豊かなものにできるはずです。

そのためにも、日ごろの歯磨きをていねいに行いましょう。きちんと磨いているということと磨けていることは別です。歯と歯の間などはどうしても汚れが残りやすいので、歯ブラシ以外の補助アイテムを使ってきれいに汚れを落とすようにしましょう。

正しいブラッシング法はかかりつけのクリニックで指導を受けるようにし、ご自分の歯はご自分で守ることを常に心がけてくださいね!