赤ちゃんの成長段階に合わせた適切なケアの方法

はじめに

お父さんやお母さんは赤ちゃんに歯が生え始めたら歯磨きした方がいいのか、いつから歯磨きを行ったらいいのか・・などと思うものです。
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいのか、どうやって行うのがいいのかなどについて成長段階別にお教えします。
赤ちゃんの歯を守るためにもぜひ、お母さんやお父さんに読んでいただきたいです!

赤ちゃんの成長段階お口のケア

歯が生える前

赤ちゃんのお口のケアは歯が生える前はガーゼを使い、歯が生えたら歯ブラシを使うといいでしょう。
歯磨きとは歯ブラシを使うものと思われがちですが、歯が生えたら専用のブラシで磨くのがおススメ。
まだ歯が生え揃っていない段階の赤ちゃんを歯ブラシで磨く必要はありません。
赤ちゃんは唾液が多いので細菌からお口の中を守ることができているので、急いで歯ブラシでケアしなくても常にお口の中がきれいだからです。
それに赤ちゃん専用歯ブラシをいきなり使ってしまうと嫌がる子もいます。
もし、ぐずるようであれば綿棒やガーゼなどを使って磨くようにし、次第に歯ブラシに慣れさせましょう。
歯が生える前はガーゼを使い歯のケアを行っていきます。
まず、おっぱいや離乳食の後にお茶や白湯を飲ませ、お口の中の食べ残しをきれいにします。
さらに、ひざの上に赤ちゃんを仰向きに寝かせ、ガーゼを人差し指に巻いて水やぬるま湯に湿らせて赤ちゃんのお口の中に入れてやさしくなぞるようにふき取っていきましょう。
ガーゼでお口の中をきれいにする際に、次のようなことに注意しましょう。

  • ガーゼを指に巻かずお口の中に入れると赤ちゃんが飲み込んでしまうことがあるので注意する。
  • ガーゼはしっかりと指に巻き付けるようにしお口の中に残らないようにする。
  • 指を赤ちゃんの口の奥の方まで入れないようにしましょう。

赤ちゃんのお口の中は狭くて小さいので、奥まで指を入れすぎてしまうと赤ちゃんが吐いてしまうかもしれないからです。
そうなると、胃の中のものが逆流して気管に入ってしまい誤嚥してしまうリスクがあるので注意が必要です。
ガーゼでお口のケアを行う際には細心の注意を払って行いましょう。
また、お口に触れる際には力を入れすぎないことも重要です。
赤ちゃんのお口をきれいにしてあげようとするあまり強くゴシゴシとしてしまうと、それが原因でお口に傷をつけてしまったりします。
なので、力を入れすぎないように優しくなでてあげましょう。
衛生面を考慮して、使った後のガーゼは捨てるようにしましょう。
洗って何度も使えばいいのでは?と思われがちですが、赤ちゃんのお口の中に入れるものなので、衛生面を考えると使い捨てがおススメです。

歯の生えはじめの頃

歯が生え始めるのは0~6ヶ月頃のことが多いです。
この頃に虫歯になる心配はほとんどないと言われています。
ですので、お口の中に指を入れたり触ったり慣れさせることを中心に行いましょう。

前歯の上下に歯が生えてくる頃

上の前歯は虫歯に最もなりやすい歯だと言われています。
前歯が生えてくればお手入れを本格的にスタートさせましょう。
上の前歯は一番虫歯になりやすい歯だと言われているので、ていねいにケアしてあげましょう。

前歯が4本ずつ生えてくる頃

前歯が4本ずつ生えてくると食べる量も増えてくるため、歯に食べもののかすが詰まりやすくなるでしょう。
寝る前の歯磨きを習慣化することが大切です。

奥歯が生えてくる頃

奥歯が生えてくると奥歯には溝があるため、食べもののかすが詰まりやすくなります。
このころはお父さんやお母さんから虫歯菌がうつりやすくなるため、念入りに歯磨きを行う習慣づけをしましょう。
赤ちゃんの歯を磨く際に歯磨き粉を使うかどうか迷うところですが、歯ブラシの先の部分にごま一つ程度付けるだけで十分だと言われています。
磨き終わればガーゼなどを使いぬぐうようにしましょう。
もし、口をゆすげるようになれば量を増やすといいでしょう。
赤ちゃんに使う歯磨き粉の種類についてはフッ素やキシリトールが入ったものがいいでしょう。
その理由は虫歯は虫歯菌が産出する酸により歯が溶かされるので、キシリトールを利用することによって酸を出さないようにできるため虫歯予防になるからです。
また、フッ素は歯を強化すると言われており、フッ素が歯のエナメル質から入ると歯が酸性に強くなると言われています。
つまり、フッ素入りの歯磨き粉を使うと歯が虫歯菌による酸に強くなるためおススメです。

3~6歳頃

子どもは3歳頃になれば上下20本の乳歯が全て生え揃ってきます。
この頃になれば自分で歯磨きをする習慣づけをしましょう。
自分で歯磨きすることは自発性を身につけさせるためにも重要だからです。
市販されている子ども用歯ブラシには対象年齢が書かれているため、それを目安にしていただきお子さんが使いやすいものを選んであげるといいでしょう。
硬すぎたり、柔らかすぎたりするものではなく、コシの適度にあるものを選びましょう。
また、歯ブラシをどの程度の頻度で交換すればいいのかですが、1ヶ月に1回程度と言われているものの、お子さんの内は毛先の傷みが早いのでこまめにチェックしてあげていただき、新しいものに取変えてあげるようにしましょう。

まとめ

ここでは成長段階別に赤ちゃんのお口のケア法についてご紹介してみましたので、ぜひご参考になさってみてください。
お子さんは3歳頃くらいまでに20本の乳歯が生えてくると言われています。
つまり、それと同時に虫歯になるリスクが高まるというわけですね。
赤ちゃんを虫歯から守れるのはお父さんやお母さんです。
そのためにも日ごろの歯磨きが重要です。
さらに、虫歯を防止するためには糖質をコントロールしてあげることも重要です。
お子さんにだらだらとジュースやおやつをあげるのは避けましょう。
お口の中にずっと糖分があると虫歯になりやすいからです。
きちんと時間を決めて食事やおやつをあげるよう心掛けましょう。
大事な赤ちゃんが虫歯でつらい思いをしないように、お父さんやお母さんが気を配ってあげてくださいね!