スウェーデンの人々が健康な歯を維持できるのはなぜ?

はじめに

みなさんは日ごろから歯周病や虫歯を防止することに努めていますか?予防歯科について調べているといろいろな情報を目にしますよね。

特に歯医者さんのサイトなどを見ていると、スウェーデン式の予防処置を行っているなどと書かれているのを目にしませんか?

どうしてスウェーデン式と書かれているのでしょうか。実はスウェーデンは世界有数の予防歯科先進国です。

国を挙げて歯周病や虫歯予防に取り組んでいる国として知られており、先進国の中でも歯周病や虫歯の方が特に少ない国です。

そこでここでは、どうしてこのスウェーデンが予防歯科先進国になれたのか、どのように健康な歯を維持できているのかなどをお伝えすると同時にその経緯についてもご紹介しますので、ぜひ読んでみて下さいね!

 スウェーデンが予防歯科先進国になった経緯

北欧スウェーデンは予防歯科先進国として有名ですが、以前は多くの人が歯周病や虫歯で悩まされてきました。

その状況を重く考えた政府によって1970年代に予防歯科を国家プロジェクトとしてスタートさせたところ、絶大な効果を得ることができ、現在では世界有数の歯科疾患の少ない国へとなったのです。

 日本とスウェーデンの違い

スウェーデンが予防歯科先進国になった経緯には国家の積極的な取り組みがあったことはもちろんですが、それだけではないようです。

ある調査結果を見れば、日本とスウェーデンとの違いがはっきりと分かります。そこから日本が予防歯科についてスウェーデンから学ぶことは非常に多いです。

現在では歯周病治療の最高峰と言われているスウェーデンの大学で歯周病や虫歯などの疾患とプロによる口腔ケアの関係について大々的な調査を行ったそうです。

その結果、「歯周病や虫歯を防止するにはセルフケアに加えプロによるケアの両方が重要である」ということが判明しました。

政府はこの結果を受けとめ、世界初虫歯になってから治療するのではなく、お口の中のプラークを減らすことによって歯周病や虫歯を防止するといった予防歯科処置を国の対策として進めていったのです。

たとえば、国民に定期的に検診を受けるように促したり、歯周病や虫歯を防止できるものだという考え方を根付かせていったのです。

最近行われたある調査によれば、予防歯科処置について詳しく知っていると答えた人はスウェーデンは59.6パーセントで日本はたったの20.9パーセントだったそうです。

また、実際に予防歯科処置に取り組んでいると答えた方はスウェーデンは69.3パーセントもいたのに対し、日本は26.2パーセントで、スウェーデンの方はここ1年間に定期検診を受診したという方が57.1パーセントもいたのに対し、日本は19.1パーセントしかいなかったそうです。

ぜひ、スウェーデンを見習って虫歯や歯周病を予防していきたいものですね。

スウェーデンが健康な歯を維持できる理由

歯ブラシ以外のアイテムを使う

たとえば家の掃除をする際に掃除機だけでなくさまざまなおそうじグッズを使いませんか?狭い場所や手が届かない場所をきれいにするために補助的なおそうじアイテムを使うはずです。

歯磨きも同じように歯ブラシだけでなく補助的なアイテムを併用することでお口の中をきれいにする必要があります。

歯と歯の間にたまったプラークはデンタルフロスを使ってきれいにしていきましょう。糸だけのものでなく、持ち手のついたタイプのものの方がきれいにできるためおすすめです。

また、歯と歯ぐきのすき間は歯間ブラシを使ってブラッシングを行いましょう。

極太のものから極細のものまでさまざまなサイズがあるため、歯のすき間に合わせぴったりなものを選ぶといいでしょう。

歯ブラシの届きづらい奥歯の溝や歯間についてはブラシの部分が小さく毛先の細いスポットブラシというものを使えばきれいになります。

ちなみに、歯ブラシは毛先がへたって開いてくると効果が落ちるため1ヶ月に1回程度は交換することをおすすめします。

食後や寝る前に歯磨きとマッサージを

歯磨きは最低でも1日に2回程度は行わないと歯周病菌や虫歯菌が残りやすいと言われています。

お口の中が酸化し始めるのが食後10~15分程度なので、それ以内にブラッシングを行うことで虫歯になるのを防止できます。

寝ている間は特に唾液の分泌が減って虫歯になりやすいため、歯磨きせずに寝るのは絶対に避けましょう。

この時、歯以外にも歯ぐきをマッサージするように磨くことで血の流れがよくなり歯周病を防ぐことも可能です。

フッ素を利用する

フッ素を歯の表面に塗布すると歯を丈夫にする効果があると言われています。

歯磨き粉を選ぶ時はフッ素入りのものを選ぶようにしましょう。

スウェーデンではフッ素を小さい頃から使っており、虫歯を防止しているそうです。

食後にキシリトールを摂る

スウェーデンの隣にあるフィンランドという国では歯磨きやフッ素塗布以外に食後にキシリトールを摂ることで虫歯を激減させたそうです。

このキシリトールは天然由来の甘味料で虫歯の原因であるプラークや酸を作らない効果があります。

ぜひ、甘いおやつを食べる代わりにキシリトールの入ったタブレットやガムなどを摂るようにしましょう。ただ、キシリトールの濃度の高いものがおすすめです。

商品表示を見ていただき、濃度の高いものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの頃からお口のケア

スウェーデンでは赤ちゃんの頃から歯が生えていなくてもミルクを飲んでから歯ブラシをお口の中に入れ歯ブラシに慣れさせているそうです。

そうすることで、乳歯が生えて急に口の中に歯ブラシを入れててストレスを感じることもないので、食後歯磨きするのがスムーズになるからです。

まとめ

どうしてスウェーデンが予防歯科先進国になれたのか、どうやって健康な歯を維持しているのか・・などをご紹介しました。

予防歯科先進国として有名なスウェーデンも以前は歯周病や虫歯で悩まされる人が多かったというのは驚きですよね。

予防歯科に取り組んでいるクリニックを見分けるのは難しいかもしれませんが、スウェーデン式などと書かれていると目安になるので、クリニック選びの際にご参考になさってみてくださいね!