幼い頃から習慣づけたい!虫歯になりにくいおやつについて

はじめに

実は”虫歯になりにくいおやつ”と”虫歯になりやすいおやつ”があります。

虫歯にならないようにするにはおやつを食べなければいいのでは?と思ってしまいますが、お子さんにとっておやつの時間は楽しいものでもありますし、栄養を摂るために重要なものでもあります。

ここでは虫歯になりにくいおやつの摂り方、虫歯になりにくいおやつなどをご紹介したいと思います。

虫歯ができるメカニズムとは

そもそも虫歯はどのようにできるのか、そのメカニズムについてご紹介します。

虫歯菌の代表と言われているのがミュータンス菌で、生まれたばかりの赤ちゃんはこのミュータンス菌がないと言われています。

この菌を保有している親など周りの大人の影響でお口の中にミュータンス菌が入ると、食べ物や飲みものの中にある糖分を栄養にし粘着質のグルカンという物質を産生します。

これが歯の表面にあるエナメル質についてしまい、そこで糖分を分解し酸を排出します。

この酸によって人間の体の中で最も硬いと言われているエナメル質を溶かしてしまい、カルシウムやリン酸などのイオンを溶かしだします。これを脱灰と言い、虫歯の初期段階です。

つまり、お口の中で脱灰と唾液の成分が歯の表面に取り込まれる作用がある再石灰化が何度も行われているということになります。

この二つの作用のバランスが取れている場合には虫歯にはなりませんが、バランスが崩れることによって虫歯になります。

なお、プラークはできたばかりの時はブラッシングですぐに取ることができますが、磨き残しがあるとそのプラークはエナメル質の中にバイオフィルムと言われる膜になり、そこでどんどん菌が繁殖するのです。

そうなると、唾液がエナメル質に近くことができないため酸性を中和する再石灰化ができなくなってしまい、虫歯の進行が阻害されるのです。

バイオフィルムができてしまうと、グルカンを栄養としてどんどん増殖すると言われています。虫歯菌の原因であるミュータンス菌が棲んでいるのはプラークの中ですが、ブラッシングしても落としづらいので面倒なのです。

 虫歯になりづらいおやつの摂り方とは

虫歯の原因となる食べものはもちろんおやつだではありません。

私たち人間のエネルギーの元になるブドウ糖や果物に含まれている果糖などの糖分も酸を作り出しますので、日ごろ摂っている白いご飯やパンなどもダラダラと食べ続けていれば虫歯になってしまいます。

それは虫歯にならないようにするためには、食事やおやつの食べ方を工夫をすることが大切です。

だらだらと食べ続けることでお口の中は虫歯になりやすい環境になってしまうため、食事とおやつを一気に食べることでお口の中が酸性に傾く時間を減らせるので虫歯を防止できます。

おすすめのおやつの摂り方としては食後すぐに甘いおやつを食べるという方法です。

虫歯になりづらいおやつとは

おせんべいやクラッカーなど

虫歯になりづらいおやつの代表と言えば、クラッカーやスナック菓子、おせんべいなどです。

これらは乾燥しておりすぐにお口の中で溶けて歯に付きづらいからです。

ただ、全くつかないわけではなく、脂分や塩分が多いものもあるため、虫歯になりづらいと入っても摂り過ぎには注意が必要です。

また、おせんべいは硬いので嫌がるお子さんもいるかもしれませんし、ケーキやシュークリームなどの洋菓子を好むお子さんが多いですが、そういうお子さんにはのりなどがついたおせんべいなどを勧めててみてはいかがでしょうか。

何もついていないおせんべいは嫌がるお子さんでも、のりつきのおせんべいなら食べるというお子さんもいるようですよ。それに、おせんべいは硬いので噛む力が必要になるためあごの発達も促せるメリットがあります。

お子さんにおやつを与える時はこういったものを選ぶことをおススメします!

ぜひ、取り入れてみて下さいね!

 キシリトール入りのガム

よくテレビコマーシャルなどで見かけるキシリトール入りのガムですが、これをお子さんのおやつにうまく取り入れられれば虫歯予防に役立ちます。

キシリトールは虫歯の原因にならないのはもちろんのこと、虫歯の発生を防ぐと言われています。

では、どうしてキシリトールは虫歯予防になるのでしょうか?そもそもキシリトールはカシの木やシラカバなどから作られる甘味料のことで、砂糖と甘さは変わらないものの、カロリーは7割程度です。

さらに、砂糖に比べて吸収速度が速いので急激に血糖値が上がったり、それに対するインスリンの反応が起きないため、糖尿病の方にもおすすめの甘味料です。

さらに、骨粗しょう症の治療にも有効と言われており、キシリトールはこれからもさらに注目される甘味料になるでしょう。

お口の中の虫歯菌は食べものや飲み物を使って酸を作り出し、それによって歯を溶かすということをご紹介しましたが、虫歯菌の大好物は糖分でこの糖分が酸に代わることで歯が溶けてしまい、虫歯になります。

キシリトールは砂糖のように虫歯菌による酸を作り出す作用がなく、酸を中和する作用もあると言われています。

また、ミュータンス菌の一部の代謝を抑える働きもあるため、虫歯にならない甘味料だとも言われています。さらに、ガムを噛めば唾液が出るため食後酸性に傾いてしまったお口の中のpHが中和されるので虫歯を防ぐことができます。

唾液が増えることで唾液の中にあるリンやカルシウムが歯の表面について、溶け出したエナメル質を補う効果もあります。唾液には殺菌作用もあると言われており、お口の中をきれいな状態に保つために必要不可欠です。

キシリトールによってプラークのカルシウムが増えるため再石灰化が促進されます。キシリトールとカルシウムが結合したものは歯の組織の中へと侵入し、再石灰化を促し歯をより硬くする効果があります。

このように、虫歯の原因であるプラークを付着しづらくして歯の再石灰化を促してくれるキシリトールをうまく利用するようにしましょう。

まとめ

虫歯のメカニズムや虫歯になりづらいおやつなどについてご紹介してみました。

お子さんの虫歯を防いであげられるのはご家族です。ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!